映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2009年02月02日

プテロドン 零式戦闘機 VS.翼竜軍団

閃光は直視してはならない!
プテロドン [DVD]2008年(WARBIRDS)
製作国:アメリカ
監督:ケヴィン・ジェンドルー
製作:ウィリアム・R・グリーンブラット
脚本:ケヴィン・ジェンドルー、クリスチャン・マッキンタイア
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1945年、第2次世界大戦末期、欧州戦争が終息に近づく一方で、太平洋の戦況は激化、アメリカと日本の両軍は点在する島々で一進一退の攻防戦を繰り広げていました。
そんな中、ある名もなき小島で日本軍が洞窟からタマゴを発見。しかしそこには…。

3ヵ月後、ヒッカム基地司令部は、マックス隊長率いる婦人空輸部隊に、新型機B29とトラー大佐以下3名とある極秘貨物を、テニアン基地まで運ぶよう命令を下します。
すぐさま飛び立ったB29でしたが、途中の嵐の中で空飛ぶ生物に遭遇。右エンジン破損のため、近くの島への着陸を余儀なくされるのでした。しかしそこは日本軍の野営跡が…そして空飛ぶ生物の生息地でもあったのでした。

映画レビュー
とほっ…プテロドンという名前ではピンときませんが「零式戦闘機 VS.翼竜軍団」と来た日には、どんな戦闘になるんだろう!とワクワク感が。(^^;

しかし、侮るなかれB級作品!!

設定はそうであっても、なかなかこちらが想像していたようにならないのが世の常です。
B29を輸送する「婦人」空輸部隊というところでおかしいと思うべきだったかもしれません。彼女たちは空輸部隊なのですが、どうやらそこそこプロ級のパイロットらしく、零戦はなんと彼女たちが使うことになるのです。
トラー大佐たちや後で捕まる日本兵などは零戦に乗ってくれません。(@_@)

翼竜プテロドンたちのCGは、まぁ普通の出来です。
ちゃんと撃てば当たっています。酷い作品になると着弾が判らないようなお粗末な作品もあります。ただ、もっと無数に出て欲しかったかな、もっと激戦を繰り広げて欲しかったものですが、まぁ、それは期待しすぎなのかも。
どちらかというと、空よりも島で翼竜と戦っているときの方が迫力あるのでは?と思ったり。(^^; ばっさばっさ飛んだりするのもいいですねぇ。

途中、計算して燃料ギリギリで助けを呼びに行く女性パイロットと、男兵士リーとのちょっとした触れ合いは良かったのに、あんなことになるなんて…ここはちょっと悲しい話でしたね。

【一言いいたいコーナー】
・ドラム缶の側面に「燃料」って書いているのは笑ってしまいますが、日本軍のトラックのプレートが英語なのはいかがなものでしょうか。
・日本人たちの「日本語」が物凄く下手なのはいったいなぜ!(^^;
・B29なのでひょっとしたらと思ったらやっぱりねぇ、まぁ…でもあの一帯。
Number504・結局のところ軍の極秘研究などでもなく、単に洞窟の中にタマゴがあって孵ってしまったというのは…なんともはや。


posted by 白くじら at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。