映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2009年04月20日

フライング☆ラビッツ

キャビンアテンダントがバスケ!ありぇねぇー…ってわけじゃないです。(^^)
フライング☆ラビッツ [DVD]
2008年(Flying☆Rabitts)製作国:日本
監督:瀬々敬久原作:深田祐介「翔べ!ラビッツ―新世紀スチュワーデス物語」
製作:製作総指揮:
脚本:山名宏和撮影:
音楽:安川午朗、ポルノグラフィティ「ギフト」amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
早瀬ゆかり(石原さとみ)は、子供のころからの憧れであったCA(キャビンアテンダント:客室乗務員)になるために航空会社に入社しました。
期待に胸をときめかせて寮についた彼女は、ちょうど練習に向かう「JALラビッツ」と遭遇、そのまま新人扱いをされて練習場へと連れて行かれてしまいます。バスケなどしたこともないゆかりは、あたふたした挙句、同僚の一人垣内千夏(真木よう子)を合気道で床に叩きつけてしまう!
一発触発のとき、もう一人の新人早瀬ゆかり(渡辺有菜)が姿を現し、全ては誤解であったことに気が付くのでしたが…どうやらありえない同姓同名のために間違って呼ばれたのでした。
行くところのない(!?)ゆかりは、そのまま寮に居座りながらCAの教育を受けることになるのでした。

ある日のこと、道を歩いていたゆかりは、一人の男と相対します。変わった男でゆかりの道を防ごうとしますが、かろやかに自分を避けてしまったゆかりに何かを感じます。この男、林(高田純次)こそが「JALラビッツ」の監督であり、彼は上司に連絡すると、ゆかりを強制的に業務命令として、チームのメンバーに組み込んでしまうのでした。
こうしてCAもバスケのダメダメながらも、大奮闘していくゆかりの生活が始まるのでした。

映画レビュー
まぁまぁ
最初はCAがバスケットボールで主人公が合気道の達人ということで「少林サッカー」「少林少女」のようなタイプかなとも思っていたのですが、アクション面に関してはごく普通のスポーツモノとなっていました。
ただしストーリーてきには『ありえねぇ〜』がふんだんにあり、ここが普通の作品とは一線を画しているところでしょうか。(^^;

JALが全面協力しているようで、いろいろな部分でCMかなと思えるところも多かったですが、取り立てて問題にするほどでもないでしょう。
女子バスケットボールチーム「JALラビッツ」も実際に存在し、2004年に全日本選手権で初優勝したそうです。
作中でも過去は強かったが、当時のメンバーはわずかに3人、その中の2人も…という話が入っています。えっ、今は弱い?しかし、ここから這い上がっていくのが、スポーツモノの定番ですよね。
どうにもこの手の作品には弱くって、少々評価が甘くなってしまいます。(^^;

私にとっては好きな作品の一つになりましたが、いろいろと脚本でしょうか甘いところが多いことも事実ですね。
たとえば、林監督、韓国人であり過去に韓国リーグでなにやらあったようですが、話だけでその後のシーンで何かあるというわけでもないようです。凄さがあまり伝わらないというのに、『勘』という説明だけでチームにゆかりを投入してしまう。うーん。
また同様に寮の婦長さん(かな?)も元「JALラビッツ」のメンバーなのですが…あれれ、何もしないの?
同姓同名のバッティング、ゆかりがシュートできない理由など、どうも説明不足な感はあったのですが、それを克服するのが写経であり、合気道というのは一風変わっていて面白いと思います。
ようは、この摩訶不思議な設定についていけるかどうかですね。(^^;

【一言いいたいコーナー】
・エンドクレジットではポルノグラフィティの「ギフト」が流れると共に、それからのシーンや過去のシーンなども入っており「ああ、そうなんだ」と思わせるシーンも多いのでお見逃しなく。実は子供のときに二人は…などというシーンもあり。
・木村祐一がちょっとした役で1シーンだけですが登場していました。
・東京タワーの屋上で合コン…待ち合わせだけでなくそこで開始したというのも凄い話です。
Number541・テレビ東京系で放送された「ウォーキン☆バタフライ」と連動企画をしており、いろいろと出演者がゲスト出演していたようです。残念ながら知らないのでなんとも言えませんが。^^;


posted by 白くじら at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
撮影って…なんだろう…?
Posted by BlogPetのナイトメア at 2009年04月22日 16:03
サイト運営し始めた者なんですが、相互リンクしていただきたくて、コメントさせていただきました。
http://hikaku-lin.com/link/register.html
こちらより、相互リンクしていただけると嬉しいです。
まだまだ、未熟なサイトですが、少しずつコンテンツを充実させていきたいと思ってます。
突然、失礼しました。
U1j1bjd9
Posted by hikaku at 2009年05月01日 14:26
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。