映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2009年11月29日

シャッフル

信仰とは、自分を超えた何かを信じること
シャッフル [DVD]
2009年(Premonition)製作国:アメリカ
監督:メナン・ヤポ原作:
製作:アショク・アムリトラジ製作総指揮:アンドリュー・シュガーマン
脚本:ビル・ケリー撮影:トーステン・リップシュトック
音楽:クラウス・バデルトamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

夫ジムと2人の娘と幸せに暮らしていたリンダ(サンドラ・ブロック)は、木曜日に出張していたジムが交通事故で即死したという連絡を受けます。彼が死んだのは水曜日でした。
あまりのことに打ちのめされて、その夜はソファで寝てしまうのでしたが、朝起きたとき、なぜかベッドで目覚め、あろうことか何事もなかったかのようにジムがキッチンでTVを観ながら食事をしているではありませんか!あの連絡は何だったのか、ウソだったのか、それとも幻覚?
しかし、その次の朝、リンダが目覚めたとき、階下には葬儀のために集まった人たちが…今日は土曜日、葬儀の日だったのです。

あることに気付いたリンダでしたが、そのことを理解するために、彼女は多くの知らなくても良いことを知ることになるのでした。
そして運命の水曜日…。

映画レビュー

まぁまぁ普通の日常が、ある日を基点として日単位でシャッフルされてしまうというストーリーです。その期間はちょうど1週間、過去も未来もちょうど同じ日だけあります。残念ながらどうしてこのようなことになったのかは、一切語られず「歴史は不思議なことで溢れている」ということであやふやになっています。

とはいうものの、このタイムスリップ的状況の伏線が非常に巧みで、なるほど、ここでこういうことが起こったから…ということがうまく作られていて、それらがわかるにつれ、リンダにとっても悲しい出来事も起こってしまいます。しかし、それを克服し、運命の日に向かう…それゆえに、おそらく分かり合えた瞬間のあのラストはあまりにも酷だったのではないかと思います。

信仰とは…とラストで神父の声が重なるように響きますが、本当にこれでよかったのか!
信じたんじゃないの!?そんな奇跡より、もっと大切なことがあるんじゃないの?

【一言いいたいコーナー】
・ある程度わかり始めたリンダですが、あまり行動を起こさないのには疑問が残ります。
・いろいろ動いても結局それが最終結果に結びつくのは、タイムスリップものにはよく使われる手法ですが、ここでは使わないで欲しかったですね。丁寧に作り上げてはいるんですけど、もう二度と観ようと思わないかも。
Number564・元々の日曜日から水曜日までがどうだったのか、物凄く気になりますね。

コメントありトラックバックです。
こわいものみたさ(とら次郎さん)の「シャッフル

▼ よろしければ、クリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



posted by 白くじら at 23:21| Comment(4) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あ、つい先日この映画観ました。
結局は、真実は変えることができないということでしょうか。
1週間シャッフルされた理由は、なんだったんでしょうかね?
結局、何が言いたかったか分からない映画ではありました。
ストーリー的には、すごく面白かったので、結末をもうちょっとひねればもっと面白くなったと思いますがね。
そのうち、レビュー書きますので、そしたらTBさせてもらいます〜!
Posted by とら次郎 at 2009年11月29日 23:30
こんばんは、とら次郎さん。

ですねぇ。どこかの映画ではありませんけど「歴史には修復機能がある」なのかもしれません。でも、もっと本気で動けばかなり変えられたとは思うんですけどねぇ。
シャッフルとはいえ、あまり日常的生活の落ち込む作品はあまり観たくなかったです。(_ _)

レビュー待ってますね。(^^)/
Posted by 白くじら at 2009年11月29日 23:39
おもしろそうな映画だと想って観たら... こりゃ駄作ですね(+_+) 主役の女性一人が慌しくて... 二人の可愛い娘がいるんだから彼女達の学校生活もシャッフルされたとか色々アイディアが出せたと想いますね。原題がプリモニション『予感』という意味なのでシャッフルではないですよね? 昔、そんなに昔でもないけどフォーガットンという映画を観た事があって... あれもそんなにも... 女性が主人公のホラーって観たいと想うので、ちゃんと制作してほしかったですね(>_<) でも悪く言うだけじゃなくて... 小説で読んだら面白いかも知れませんね。サンドラも不安そうな感じがでてて良いと想います。娘がガラスに体当たりは... なんで? って感じもするけど、やっぱ惹き付けられますね。夫が死んで時間が元に戻ったらいいと想ったんでしょうか? 娘が酷い事件に遭遇してってふうにしたら観れたと想いますね。
Posted by エア at 2012年03月25日 16:34
こんにちは、エアさん。

もともとの原因もあやふやなままで終わりましたし、もっとなんとかならなかったのか!というのは同感です。
もともと「予感」でしたか…予感??

「フォーガットン」も序盤は面白くって、なぜだろうって結構考えた挙句…まぁ、確かに(悪い意味で)衝撃的なラストでしたけど。(^^;

もっと何か手を売って、問題のシーンをすっ飛ばすくらいして欲しかっですねぇ。結局見ていただけって…うーん、ですよ。
Posted by 白くじら at 2012年03月25日 17:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。