映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2010年05月17日

スペースインベーダー

大型スライムのポテトヘッドだ!
スペースインベーダー [DVD]
1986年(INVADERS FROM MARS)製作国:アメリカ
監督:トビー・フーパー原案:リチャード・ブレイク
製作:メナハム・ゴーラン、ヨーラン・グローバス製作総指揮:
脚本:ダン・オバノン、ジョン・ジャコ撮影:ダニエル・パール
音楽:クリストファー・ヤング、シルヴェスター・リヴェイ、デヴィッド・ストーズamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

父ジョージ(ティモシー・ボトムズ)と流星雨を楽しんだ日の早朝…デビッド(ハンター・カーソン)は光り輝く巨大な宇宙船が裏山コバーヒルの向こう側へと着陸するのを目撃します。ジョージが調べに行くも、戻ってきたときにはどこか様子がおかしい。コーヒーもまともに飲めない様子にデビッドは怪しみ、さらに首筋に今までに見たこともないような傷を認めます。
学校があるのに裏山へ連れて行こうとする父から逃れ、デビッドは学校へ。しかし、学校の先生の様子もどこかおかしい。不安を隠せなデビッドは保健室のリンダ先生(カレン・ブラック)に助けを求めます。彼女は不信がりながらもデビッドを守ろうとしますが、裏山を調査していた人たちが吸い込まれるのを見て、ようやくデビッドが言っていたことが真実であることを知ります。
彼女たちは軍のウィルソン将軍(ジェームズ・カレン)に助けを求めるのでしたが…。

関連リンクです。
1953年「惑星アドベンチャー スペース・モンスター襲来!
1986年「スペースインベーダー

映画レビュー

とほほー1953年「惑星アドベンチャー スペース・モンスター襲来!」のリメイクとして、「悪魔のいけにえ」のトビー・フーパーを監督に、「エイリアン」のダン・オバノンを脚本に据え、さらに「エアポート'75」で活躍したカレン・ブラックまで動員しての期待作品でしたが…変な作品になっていました。

オリジナルであった無意味な時間稼ぎのシーンはさすがにありませんでしたが、洗脳されている人間の動作がどうにもおかしい。なんだかんだと知識を持っているように思えるのですが、コーヒーを飲むときに「フリスク」のような錠剤を大量に入れて呑んだり、学校の先生などカエルを食べてますからねぇ。恐怖感が出るよりも呆れてしまうと思います。表情もあまり無表情というわけでもなく、あまり恐怖感もありません。デビッドもぼーとしている時が多く、どうも緊迫感にかけます。
この先生がなにげに宇宙人たちの中でも、それなりの地位があったようなのが不思議です。ただの洗脳者にしては、ミュータント(?)に命令しまくりですし。どちらかというと、科学者で地位のあるジョージの方が上でもいいと思いますが…あまり出ませんしねぇ。デビッドも両親のことをあまり心配していないようでしたし…。
さらに救いになるはずのリンダが役に立っていないというだけでなく、どちらかというとデビッドの足を引っ張っているほうが多すぎです。ひょっとして洗脳されていたんじゃないでしょうね。(^^;

とまぁ、オリジナルを観ないで観ていればまだマシだったかもしれませんが、連続して観たものでツッコミどころ満載の作品になってしまいました。オチも同じでしたし、取り立ててなにがあるわけでもありません。これならば、オリジナルを観たほうがいいと思います。

【一言いいたいコーナー】
・火星人が銅をエネルギーにしているのは面白いですが、敵の光線銃はいちいち銅を補充しないと撃てないという…コインでも動くところも笑いがとれていい。って笑ってていいのかな?
・宇宙船(洞窟)からの脱出時、デビッドのことを忘れて逃げてしまう将軍たち。ちょっとそれはないんじゃないでしょうか。
Number599・オリジナルではなかった子供たちの遠足。どうやら宇宙船に連れ込まれたようですが、どうなったのかさっぱりです。単に犠牲者を増やしたかったのでしょうか。

▼ よろしければ、クリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 23:38| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。