映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2010年07月05日

子鹿物語

人生というものは得ては失い、失っては得る。そして受け入れて前に進むのだ。
仔鹿物語 [DVD]
1946年(THE YEARLING)製作国:アメリカ
監督:クラレンス・ブラウン原作:マージョリー・キーナン・ローリングス
製作:シドニー・フランクリン製作総指揮:
脚色:ポール・オズボーン撮影:アーサー・E・アーリング、チャールズ・ロシャー、レナード・スミス
音楽:ハーバート・ストサートamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

1878年フロリダ…ペニー・バクスター(グレゴリー・ペック)と妻のオリー(ジェーン・ワイマン)、そして1人息子のジョディ(クロード・ジャーマン・ジュニア)は、ジョージ湖を渡った川向こうにあるまだ文明が根付いていない地を開拓してきました。
ジョディはまだ遊びたいざかりの11歳。今日も水汲みを忘れ、谷の泉で大自然に触れている間に眠ってしまうのでした。そんな彼に母オリーはいつも不満を隠せませんが、父ペニーは自分が子供のころとダブらせて、彼をかばってやるのでした。

ある日のこと、いろいろと問題のあった隣に住むフォレスター兄弟がブタを盗んだらしく、その跡を調べていたペニーはガラガラ蛇に腕を噛まれてしまいます。ちょうど近くにいたメス鹿を撃ち殺し、その肝臓と心臓とで毒を吸い取らせ応急手当をします。一昼夜生死の境をさまよったペニーでしたが、かろうじて命を拾います。
ジョディは後に残されていた子鹿を連れて帰り育てることにします。ペットを飼うことに反対だったオリーもペニーの命を救った鹿の子供だけに今度ばかりは追い出さずに飼うことを許してくれるのでした。
フォレスター家の友人でもあったファダウィンがフラッグと名付けた子鹿は、ジョディのよき友であり、兄弟であり、2人はいつも一緒でした。しかし成長するに連れ、農作物を食べ始めたブラッグに、家族は次第に追い詰められていくようになるのでした。

映画レビュー

オススメまず邦題のタイトルですが「子鹿物語」が公開時のタイトルでしたが、DVDが複数のメーカーから「子鹿物語」「仔鹿物語」と2種のタイトルが出てしまったために混同されることが多いようです。このジャケ写も「仔鹿物語」ですしね。

子鹿物語とタイトルにはあるものの、実際に小鹿フラッグが登場するのは、実に1時間が経過してからになります。しかし、そこまでの話が面白くないか?といえば、開拓地での様々な出来事、大自然と触れるジョディ、「老いぼれ」と呼ばれた狡猾な熊と犬たちとの対決、隣家フォレスター兄弟との駆け引きなど退屈することもありませんでした。熊と戦う猟犬なんて本当に戦っているようですね。

フラッグが登場してからはストーリーはジョディとフラッグとの触れ合いに主軸を置きますが、楽しいその中にも自然の厳しさが描かれています。何度もフラッグのために挫折してしまう農作物、期待が大きいだけにその落胆は、特にオリーにとっては厳しいものだったことでしょう。毎日の水汲みから始まる家事に、家の近くに井戸が掘れると言ったときの喜び、生地を買ってもらったときの喜び…おそらくそこに住んでいなければ到底判るようなことではないのでしょう。

フラッグは可哀相な最期を迎えてしまいますが、よくよく考えてみると、これも人間の身勝手さから起こってしまうこととも考えられます。作中でも語られていますが、人生は得ては失い、失っては得る…ジョディはこの事件をきっかけに成長しますが、業を背負わなければ判らない人間をまず見直さなければならないでしょう。

【一言いいたいコーナー】
グレゴリー・ペックの女装(?)が見られるのはこの作品だけ?(^^;
Number618・小説では「老いぼれ」と呼ばれた前足の指がない熊との決着はつけていたような気がしましたが…?

▼ よろしければ、クリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ



posted by 白くじら at 23:29| Comment(2) | TrackBack(0) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうもこんにちは。
最新記事からのコメントで失礼します。
毎回TBさせていただいてお世話になっております。
もしよろしければ相互リンクしていただけないでしょうか?
もしよろしければよろしくお願いします。

サイト名:地雷映画のススメ〜ヨタのパチもん映画レビュー〜
URL:http://bqmovie.blog27.fc2.com/
Posted by ヨタ at 2010年07月06日 08:59
こんにちは、ヨタさん。

こちらこそありがとうございます。
相互リンクの場所にリンクを設置させていただきました。

今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 白くじら at 2010年07月06日 09:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。