映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年05月27日

サイレント・ランニング

1972年(SILENT RUNNING)
監督:ダグラス・トランブル
製作:マイケル・グラスコフ
脚本:デリク・ウォッシュバーン、マイケル・チミノ、スティーヴ・ボチコー
音楽:ピーター・シッケル
歌:ジョーン・バエズ
ストーリー
深く静かに潜行せよ…。

来るべき未来、地球で絶滅してしまった緑を守るため、人類は宇宙船を打ち上げ巨大なドームで緑を育てる計画を行っていました。これはその宇宙船の1つで緑を愛し守ってきたローウェルという植物学者の物語です。

ある日、地球から重大な決定を指示するという話が…ローウェル(ブルース・ダーン)を除くメンバー3人はこの仕事に嫌けがしていたため帰還命令を待ち、ローウェルは計画の続行を信じていました…しかし命令は…緑の園計画の終了、各宇宙船はドームを破壊し帰還せよとの指示でした。
信じられないローウェルの側で歓喜を上げるメンバーたち…指示はすぐに行動に移されました。
一人ドームで最後の緑の世話をしていたローウェルでしたが、次々とドームが打ち上げられ大閃光とともに破壊されるにいたって、ついに我慢できなくなり、メンバーを殺害し、爆破作業中のメンバーもろともドームを発射してしまいます。
唯一残されたドームを守るため、彼は事故を装い、ただ1機地球圏外から離脱するのでした。

漂流が始まりました。
彼は作業ドローン(ロボット)に独自のプログラムを施し、ルーイ、ヒューイ、デューイ(ドナルドの甥っ子たち!)と名付け、ポーカなどもできるように改造しました。
彼はドローンに緑の世話の仕方を教え、静かな、そして平和な生活は永遠に続くかと思われました。
しかしその平和も1つの通信に…。

映画レビュー
オススメ1972年のダグラス・トランブル監督のSF界屈指の名作です。
前半そうそうにメンバーが姿を消してしまうために、この映画はローウェル(ブルース・ダーン)と3体のロボットのみとなり、静かな雰囲気の中物語が進みます。しかし決して退屈をすることもなく、見入ってしまいます。

当時考えられていた環境汚染が、このような作品を生み出したのでしょうか。しかし今まさしく、環境汚染は進み、緑は失われようとしています。私の近くは田舎なのでまだ緑は多い茂っていますが、工事が進みいつ無くなってしまうのか判りません。

映画の中では、地球ではもう緑を守ることはないという結末が、序盤から観るものに突きつけられます。
緑はホントに必要がなくなってしまうのでしょうか。観る者の中には夢が無いラストだという人もいます。しかし私はそうは思いません。地球は無理でも緑を愛するローウェルの意志は受け継がれ、明日へと続いているのではないかと思っています。
この物悲しい映画はジョーン・バエズの歌と共に、ラストの感動シーンへ。

【一言いいたいコーナー】
・実はこの映画、低予算で登場人物が1人という物静かな作品のために当初不当な評価を受けてTV放送だけだったのが、後に劇場公開までされたという作品です。
・ジョージ・ルーカスもこの映画に深い感銘を受け、スター・ウォーズにロボットを登場させたというのは有名な話です。この3体のロボットなしでは語れない悲しみと感動の物語でした。
・サイレント・ランニングとは「深く静かに潜行せよ」という潜水艦で使われる軍事用語です。そしてこの意味はラストシーンにかかっています。宮崎アニメ「天空の城ラビュタ」のラストシーンもこの作品のオマージュなのでしょうか。


posted by 白くじら at 20:08| Comment(0) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

サイレント・ランニング
Excerpt: 地球上の植物が死滅した世界を舞台に、わずかに残った植物を守るためにロボットとともに巨大宇宙船から脱走する男の姿を描いたSF映画。巨匠ダグラス・トランブル初監督作品。「ベスト・ヒット・コレクション¥98..
Weblog: DVDジャンル別リアルタイム価格情報
Tracked: 2006-09-07 04:03
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。