映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年06月08日

オーメン2 ダミアン

オーメン2 ダミアン1978年(DAMIEN:OMEN II)
製作国:アメリカ
監督:ドン・テイラー
製作:ハーヴェイ・バーンハード
原案:ハーヴェイ・バーンハード
脚本:スタンリー・マン
撮影:ビル・バトラー

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
数字は人の数字にして666なり。

ソーン夫妻が死んだことはメギドのブーゲンハーゲンの知ることとなりました。
彼はダミアンのことを知る最後の1人として、今までの経緯を記した手紙を、ダミアンを引き取ったソーンの弟に届けるよう考古学者マイケルに頼みます。
それを信じないマイケルに証拠として、発掘されたイゲール壁に描かれているアンチキリストの4人の顔を確認するように言います。その顔こそ黙示録に記されている悪魔の顔であると…しかしその遺跡から彼らが戻ることはありませんでした。

7年後、ダミアンはソーンの弟であるリチャードとアン夫妻に引き取られ、息子のマークとともに暮らしていました。
ソーンがダミアンを殺そうとしていたことを知っていた伯母は、夫妻にダミアンとマークを離して育てるように言いますが、逆に悪魔の手にかかり死んでしまいます。
ダミアンの周囲には彼の意思とは別に、彼を守る存在が次々と現れます。

やがて幼年学校で新たに小隊長となったネフから、黙示録13章を読めば自分が何者か判ると言われます。
ついに自分が何者であるのかを知るダミアン、そして彼の周囲で彼を守る者たちが邪魔者を排除していきます。
リチャードたちの運命は!このまま悪魔が闊歩する世界が来てしまうのでしょうか!

映画レビュー
オーメン」からそのまま続く続編です。
今作では邪悪な象徴として黒犬ではなくカラスが使われています。カラスの攻撃は痛い!です。

基本的は父親代わりのリチャードが周囲の異変に襲われつつも、1作目と同じくダミアンが悪魔の子であることに気付くストーリーとなっているために、1作目の衝撃を越えることは難しかったように思えます。
ただ自分が悪魔の子であることを知った時の彼の苦悩、そして恐らくは彼が殺したくなかった最後の人間との別離をもって彼が悪魔へと目覚めるシーンは2ならではの演出でしょう。

【一言いいたいコーナー】
・1、2は連続して観るべし、観るべし。
・はっきり判りませんでしたがネフって「エイリアン2」のビショップ?

関連リンク
1976年「オーメン
1978年「オーメン2 ダミアン
1981年「オーメン3 最後の闘争」
2006年「オーメン666
 


ラベル:映画 DVD オカルト
posted by 白くじら at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。