映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年06月16日

トレマーズ3

トレマーズ32001年(TREMORS3:BACK TO PERFECTION)
製作国: アメリカ
監督: ブレント・マドック
製作: ナンシー・ロバーツ
原案: S・S・ウィルソン
脚本: ジョン・フェルプレイ
撮影: ヴァージル・L・ハーパー

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
今度は俺たちが絶滅種になってしまう!

最初の事件から11年…バート(マイケル・グロス)は、アルゼンチンのエル・チャコ南7キロの地点でTV局に取材を受けていました。
何を?もちろん今から増殖したシュリーカー(トレマーズ2で出てきた新種)を撃滅させる、その取材です。
無数に増殖して襲いかかってくるシュリーカーを迎え撃つのは対空旋回砲塔台でした。

仕事を終えて戻ってきたパーフェクション市(今や人口5人!)は、11年前のグラボイズの事件から観光地となっていました。
グッズもたくさんあります。
中でもこの町でグラボイズ・サファリを行っているジャックなどは、観光客をトラックに乗せてあちこち回り、仲間のビュフォードを使って、砂煙などを上げさせお金をせしめていました。
そんなジャックにグッズ店を開いているジョディー(スーザン・チョン)はまじめになるように言いますが、彼はそんなこと聞いてはいませんでした。

しかしある時、嘘が本当になりパーフェクション市は、再び4体ものグラボイズに襲われることになったのです。
11年前から警備をおこたっていなかったバートの警報が街中に鳴り響きます。しかし11年も経っていたので役に立たない!
バートは住人を集め今後の対策を練りますが、そこにまったをかけたのは内務省の調査官スタトラー、土地管理局のラスク、スミソニアンのメルリス博士でした。
彼らは絶滅危機種保護法1472項Bの厳守を盾に、グラボイズ狩りを中止するように迫ってきたのです。

ふてくされるバートでしたがこれには逆らうこともできません。といっても実際に襲われてしまうと身を守るためには倒すしかありませんでした。
しかも内務省の連中は捕獲に行った先で、進化したシュリーカーに襲われ全滅してしまいます。
そのままにしておくと増殖をするシュリーカーを倒しに向かうバートたち…がその行く手には白いグラボイズが!白い悪魔と名付けられたグラボイズはなぜか執拗にバートを襲いに来ます。いったいなぜ…。
やっとのことで振り切ったバートたちが、シュリーカーたちのいる地にいったときそこには…抜け殻だけがありました。
なんとさらに進化を行ったのです。
この新種は体も大きくなり翼もあります。そして体内のガスを爆発させ高速で飛んでくるのです。
地底からだけの攻撃と思っていた町では、突然の空飛ぶ死の使いにパニック、バートたちも次々と飛来する彼らとの戦いを開始、しかも地中からは白い悪魔までもが!!

関連リンク
1989年「トレマーズ
1995年「トレマーズ2
2001年「トレマーズ3
2004年「トレマーズ4
2015年「トレマーズ5 ブラッドライン


映画レビュー
ブレント・マドック監督のトレマーズシリーズ第3弾です。
今回の主人公はバート…アールとバルは登場しません。場所も1作目と同じ町で、昔の面々がいて(ただ人口5人!)昔の面影を懐かしむことができます。
そういえば2ではグラボイズは出てきたのですが、例の触手はほとんど登場しませんでした。
今回はちゃんと触手で索敵、音に関する問題、さらにシュリーカーや新種の熱探知などの問題もいろいろな方法を使って打破してくれる面白さは1に匹敵しそう。
2で少しこけたシリーズですが3でまた持ち返した感じでしたね。
さらに新種が出てどうなることかと思いましたが、グラボイズもちゃんと最後まで出てきて地上、空、地中ともう逃げ道はないぞ!!

【一言いいたいコーナー】
・あ、そうそう地中を猛スピードで激走、でぶつかるというパターンもあって嬉しかったです。さらにバートが飲み込まれるというびっくりなシーンも!!「それはみんなには内緒な」本人談
・空飛ぶ新種はジョディーが「吹っ飛び」「尻ロケット」「ケツ噴射(アスブラスター)」といろいろ名前を考えていましたが結局「アスブラスター」に落ち着いたようです。(^^;
・グラボイズ=>シュリーカー(12時間以上放置)=>アスブラスター=>グラボイズのタマゴという図式ができてしまったようです。

コメントありトラックバックです。
忘却エンドロール(宵乃さん)の「映画「トレマーズ3」観た



posted by 白くじら at 23:03| Comment(2) | TrackBack(1) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
そういえば人口5人でしたっけ(笑)
11年も準備万端(とはいえないか・・・)で待ち構えているバートの執念が素敵です。どんどん敵が変態しても、その行動を観察して対処するところも良かったですよね。
2は全く覚えていないけれど、3はなかなか面白かったです。やっぱり、あの町が舞台ですし、原点回帰を狙って頑張ったんでしょうか?(確か2は別の場所でしたよね)
大好きなシリーズなので、つい続編を期待してしまいます。
Posted by 宵乃 at 2010年04月30日 10:27
こんばんは、宵乃さん。

バートはもうこの作品の顔になってしまっていますね。(^^)
人口5人って…どんどん低予算になっているのかもしれませんねぇ。
あと1作続編が作られていますけど、昔話になっています。そこでもバートの祖先が頑張っていますし、この過去があっての今の町!っていうところが面白いです。

トレマーズはなにやらTVドラマもあったそうで、日本にも流れてくれるといいんですけどねぇ。

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2010年05月02日 22:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「トレマーズ3」観た
Excerpt: 口の中の触覚?は食事のとき邪魔そうです。製作:アメリカ’01 原題:TREMORS 3: BACK TO PERFECTION 監督:ブレント・マトック 原作:S・S・ウィ...
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2010-04-30 07:00
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。