映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2011年04月03日

三銃士

恐れるな、我々は常に共にいる。いつだって一心同体だ!
三銃士 [DVD]
1993年(The Three Musketeers)製作国:アメリカ
監督:スティーブン・ヘレク原作:アレクサンドル・デュマ・ペール
製作:ジョー・ロス、ロジャー・バーンバウム製作総指揮:ジョン・アヴネット、ジョーダン・カーナー
脚本:デヴィッド・ローヘリー撮影:ディーン・セムラー
音楽:マイケル・ケイメンamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
フランス、パリ…その日、国王を守るはずの近衛銃士隊は、国王の勅命であるというリシューリュー枢機卿(ティム・カリー)の命令により解体されてしまいます。その場にいなかった三銃士ことアトス(キーファー・サザーランド)、ポルトス(オリヴァー・プラット)、アラミス(チャーリー・シーン)の3人には捜索命令が出されました。

ガスゴーニュの田舎にいたダルタニアン(クリス・オドネル)がパリに到着したのは、ちょうどそんなときでした。
彼は父と同じく近衛銃士隊に入隊すべくパリにやってきたのです。しかしすでに銃士隊は解体され、しかもひょんなことから三銃士と1人ずつ決闘を行うことになってしまいます。ところが、いざ決闘を行うときに現れたリシューリュー枢機卿配下の護衛隊と、4人は協力して戦うことに。戦いはダルタニアンたちの勝利に、しかしアトスたちは銃士になるのはあきらめるように言い放つと去っていきました。
残ったダルタニアンの前に現れたのは、リシューリュー枢機卿の腹心の部下であるロシュフォール隊長(マイケル・ウィンコット)。彼はダルタニアンを銃士として捕らえ、ダルタニアンが持っていた剣を取り上げます。その剣は彼にとっていわく因縁のあるものだったのです。

捕らえられている間にリシューリュー枢機卿の企みを聞いたダルタニアンでしたが、処刑は目前に迫っていました。しかし、三銃士が彼を救い出し無事町から脱出することができるのでした。ダルタニアンから企みを聞いた三銃士たちは、それを阻止すべくカレー港に向かうのでしたが、その背後にはリシューリュー枢機卿が放った賞金稼ぎたちが迫るのでした。

映画レビュー
まぁまぁアレクサンドル・デュマ・ペール原作の映画化ですが三銃士としては4度目になるのでしょうか。続編の「四銃士」や「新・三銃士」も…他にも関連作品があります。さらに2011年にもリメイクがあるようですね。
私が知っている話とはかなり違っており、カレー港というかバッキンガムへ行く理由も違っていました。カレー港までに三銃士たちが一人、また一人とダルタニアンを先に進めるために残る話はとても好きで、実はその後日談も面白かったのですが、そういう部分がちょっとなくかろうじてアトスが一人残るエピソードがあるだけでした。

またディズニー作品のためか、剣戟シーンは多いのですが流血シーンはほとんどありません。別に血を見たいわけではありませんけどね。(^^;
きちんとハッピーエンドで終わりますし、アクションシーンもどこか楽しい作りになっていますから、シリアスに感じることなく娯楽作品として楽しめる作品に仕上がっていると思います。

Number662【ここがいい!】
・アトス役のキーファー・サザーランドが格好いいですねぇ、主人公であるべきダルタニアンを食っているのではないでしょうか。もっともCASTでトップはチャーリー・シーンなんですけど(美味しいところは持っていってますこの人)。
・ポルトス役のオリヴァー・プラットが面白いです。「アンドリューNDR114」などにも登場していますが、表情がとても好きです。今回のポルトスも独特な言い回しと、特殊武器で敵を倒すのが楽しいです。

【ここは問題かな?】
・銃士と言われているにしてはあまり銃を使っているシーンがなかったような(もちろん遠くにいる場合や銃撃戦のときは別です)。剣戟のときにもっと銃を使ってもいいのではないかなって思いました。ポルトスは別格ですけど。(^^; 剣戟の方が派手に見えるのかもしれません。
・わざわざオリジナルでダルタニアンとコンスタンスとの出会いを持ってきたようですけど、最初と最後だけって…ちょっとあんまりだと思います。なのでラブストーリーとしては盛り上がらないんですよねぇ。

【一言いいたいコーナー】
Number662・ダルタニアンも含め、女性にだらしない人が多かったような気がします。(^^;;
・ダルタニアンに魅力が…やっぱり三銃士たちの魅力が上でしたね。

コメントありトラックバックです。
子育て 時々 映画(マミイさん)の「一人はみんなのために!
忘却エンドロール(宵乃さん)の「映画「三銃士(1993)」観た

▼ よろしければ、クリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 19:19| Comment(8) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この映画実は結構好きだったりします。
ヤングガンとかとかぶってるキャストとか(キーファーとかチャーリーとか大分後になるんですけどねこっちが)結構単純で分かり易いし。あとテーマソングが好きなんですよ。
Posted by tonbori at 2011年04月03日 23:50
こんばんは、tonboriさん。

なにげに豪華キャストで、年齢も原作に近かったようですね。
わかりやすいストーリーで、みんな楽しみながら作ったのではないかと思えます。
ディズニーならではの大団円も特徴の一つでしょうね。(^^)
Posted by 白くじら at 2011年04月04日 20:50
白くじらさん、こんにちは。

キャストも豪華だし、これぞディズニー!という王道映画ですね。
といいつつ、密かに私は好きなんですが。(笑)
そうそう、この映画ではダルタニアンがあまり目立たないんですよね。

私の場合は逆にこの映画が好きだったので
7歳の長男に児童小説の「三銃士」を寝る前に読み聞かせていたら
ラストに毒殺とかしばり首とか血なまぐさい感じになって
ちょっぴり気まずくなってしまったことがありました。
Posted by マミイ at 2011年04月04日 22:16
こんばんは、マミイさん。

私も嫌いではありませんが(^^; 実にディズニーらしい楽しい、王道的な作品だったと思います。
実際三銃士には児童小説(私も子供のころ読みました)の中にも、首切り人が出てきたり、剣で刺されて血まみれになるシーンもありましたからねぇ。そういう暗い部分がほぼなくなっていたところも、逆に評価すべき点だったかもしれませんね。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきました。
Posted by 白くじら at 2011年04月04日 23:26
懐かしいなー、コレ。
僕大好きなんすよね。

DVD持ってないのが不思議なんですが、マジで好き。

僕の青春の一本です。
キャストも好きな人ばっか。

特にレベッカ・デモーネイ。
セクシーっすよね!
Posted by shit at 2011年05月06日 21:06
こんばんは、shitさん。
お久しぶりです。

楽しい作品に仕上がっていましたね。
先日実家に戻ったときに、当時の三銃士を読み直しましたが、随分と違っていたことに驚きました。(^^;

キャストは豪華ですね。
今同じキャストで作ろうと思ったら多額なお金が動きそうです。
Posted by 白くじら at 2011年05月07日 20:01
チャーリー・シーン出てたっけ、とか思って調べたら、アラミスだったんですね!
もうホント、顔の見分けられなさに最近打ちのめされてます・・・。昨日もそのせいで映画の筋がわからなくなっちゃって!
それはともかく、王道で安心して観られる作品でしたよね。原作とは変えてるみたいだけど、わりと違和感なく楽しめました。強引さに感心してしまったくらいで(笑)
コンスタンスとのエピソードが減らされてしまったのは可哀そうでした!
Posted by 宵乃 at 2011年11月27日 10:55
こんにちは、宵乃さん。

ひげ生やしてましたからねぇ。(^^)
でも顔の見分けって、最初難しい作品ありますよ。最近観た「マイ・ボス マイ・ヒーロー」もそうでした。何か話が合わないなぁって思っていたら、違う人だったとか。もう一度観直すと、なるほど!と思ってしまいます。

はい、原作とは違うところがありましたが、娯楽作品としては面白かったと思います。もともとラブロマンスが希薄ですけど、やっぱり花はほしいですよねぇ。(^^;

トラックバックもありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2011年11月27日 16:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

一人はみんなのために!
Excerpt: 三銃士 原題:THE THREE MUSKETEERS 製作1993年 アメリカ 監督:スティーブン・ヘレク 原作:アレクサンドル・デュマ 脚本:デビッド・ローヘリー 出演:チャーリー・シーン、キー..
Weblog: 子育て 時々 映画
Tracked: 2011-04-04 22:19

映画「三銃士(1993)」観た
Excerpt: 製作:アメリカ’93 原題:THE THREE MUSKETEERS 監督:スティーヴン・ヘレク 原作:アレクサンドル・デュマ ジャンル:★アクション/アドベンチャー銃士隊に入るため、パリ..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2011-11-27 09:33
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。