映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年06月18日

ゴッド・ディーバ

ゴッド・ディーバ2004年(IMMORTEL AD VITAM)
製作国:フランス
監督:エンキ・ビラル
製作:ドミニク・ブリュネ
脚本:エンキ・ビラル
撮影:パスカル・ジェネッソー

amazon.co.jpで詳細を見る。




ストーリー
目的は青い髪の白い肌の女を探すことだ。

ヒエラコノポリスの天空の神ホルスは、反逆の罪から死を宣告されますが、7日間の猶予をもらい人間界に再び訪れました。
7日間…それは神の心臓が一呼吸する間…それを1秒でも過ぎれば彼は不死の力を失うのです。
神とて死を恐れていました。

NY ELECTIONDAY 2095…ミュータントやエイリアンが雑多に暮らすニューヨーク上空に、突如現れた巨大なピラミッド。
その壁面から姿を現したホルスは鷲の姿に身を変え地上へと飛来しました。
時を同じくして地上では体の内部からの衝撃により爆発するように死ぬという犯罪が勃発し、猟奇事件の専門家であるフローブ刑事がその任に当たっていました。

ホルスはユージェニック社の冷凍刑務所グローバス1の事故を目撃、30年前から冷凍保存されていた政治犯ニコポルがまだ改造もされていないきれいな体であることを確認すると、彼を助ける代わりに自分の目的に力を貸すように命じました。
その目的とは「青い髪の白い肌の女(ジル:リンダ・アルディ)」…死を目前にした神が欲するものとはいったい。

映画レビュー
フランスのグラフィック・アートの鬼才、エンキ・ビラルが、4年もの年月をかけ完成させた近未来SFです。
まるで「ブレードランナー」のような町並みや、行きかう人たちの独特なこと。
さらに驚いたことにメイン俳優以外はCGで作られており、ほとんど違和感なく溶け込んでいました(といっても皮膚感などは独特ですけど)。
この映像を万人が気に入るかどうかは、怪しいですが、少なくとも私にはよかったと思わせてくれました。

さて、ストーリーはホルスがいったい何のために下界に下りてきたかということなのですが、これがまたもの凄く人間くさかったりします。人間が死ぬことなどなんとも思っていなく、かなり自分勝手なところもあるのですが、そのくせ人間の女性に…ですから。
ホルス自身も言っていましたが「神にも肉欲はある」…とのことです。(^^;
自己保存のやり方はいろいろとありますが、これを持ってして「愛」を語るというのには少々疑問符が残るところでした。
とはいえ、なんとも印象強い作品でしたね。

【一言いいたいコーナー】
・愛の形にはいろいろなものがある…というところでしょうか。
・ピラミッドにいたバステト神やアヌビス神がホルスが戻ってくる間、暇つぶしにモノポリーをしていたというのには笑いました。


posted by 白くじら at 11:34| Comment(3) | TrackBack(1) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは、コメント&トラバありがとうございます。

私、この映画・・まず、分からないのは神ホルスが
どうして、死刑を宣告されたのか?それから分かりませんでした(汗)・・・反逆の罪だったのですね。なるほど

それと、最後、子供が青い鳥で生まれましたが
ホルス生きてましたよね・・・何で?
もー、良く分からない内容でした。

トラバさせていただきますね(^o^)
Posted by アニー at 2006年06月18日 19:49
こんばんは、何度もコメントしてごめんなさい<(_"_)>ペコッ

白くじらさん、「MOVIE-DIC」リンクさせてくださいね
って、もう勝手に許可なくリンクしてしまいました(汗)

私、スタイルシート、いじる程の知識が無いので
ちょんまいリンクになってしまいますがゴメンナサイ。

白くじらさん所ろみたいに、リンクに説明とか
付けたいのですが、やり方がサッパリで
へたに、いじると収拾がつかなく、なっちゃいます。

すませんが、うちのリングで許してください。
Posted by アニー at 2006年06月18日 20:41
こんばんは、アニーさん。

実際にどのような反逆であったのかはよく判りませんが、とりあえず最初の説明でちらりとあっただけでした。

ジルの赤ん坊として現れた青い鳥=赤ん坊は、ホルスの分身ではないかと思われます。
元々神で人間のことなどあまりなんとも思っていないようなので、鳥などどうでもいいのかもしれませんね。
私もよく判りませんが、その青い鳥が鳥から奪った血肉をなんらかの方法でピラミッド内部の自分の血肉と変え、ホルスは復活のときを待っているのではないでしょうか。

トラックバックありがとうございました。

また、リンクの件ですが、全然OKですよ。
アニーさん独自な方法でのリンクで結構です。
私もスタイルシートの技術はまだまだでして、実はこのサイドバーのリンクはシーサーの機能として搭載されているものなのです。縦に長くなってしまうのか、リンクとは書いていない機能のためか、あまり使われている人はいないようなのですが、これだと説明もできるし、最新の記事を取ってくれるので気に入っています。(^^;

というわけで、こちらからもリンクさせていただきます。
今後ともよろしくお願いいたします。(_ _)
Posted by 白くじら at 2006年06月18日 21:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【ゴッド・ディーバ】
Excerpt: 2095年、人間やミュータント、エイリアンなどが暮らすニューヨークで、 頭は鷹、首から下は人間という神・ホルスが、他の神々から 死刑を宣告される。 残された時間で、青い髪の女・ジルを探すように言..
Weblog: 肉球シネマブログ
Tracked: 2006-06-18 19:51
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。