映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年06月20日

ダイ・ハード2

ダイ・ハード2 (2枚組 プレミアム)1990年(DIE HARD 2)
製作国:アメリカ
監督:レニー・ハーリン
製作総指揮:マイケル・レヴィ
製作:ローレンス・ゴードン
原作:ウォルター・ウェイジャー
脚本:ダグ・リチャードソン

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
またエレベータに地下室、なんで俺ばっかり…。

クリスマスイブ…ホリーを迎えるためにワシントンのダレス空港にやってきていたジョン・マクレーン(ブルース・ウィリス)は駐車違反でレッカー移動させられる車(ホリーの母から借りた)を苦々しい思いで見送っていました。
しかし彼を襲う不幸はそれだけではありませんでした。
待合ロビーでクリスマスプレゼントをこっそり受け渡している男たちを見て怪しんだジョンは、彼らの後を追って旅客荷物をコンベヤ移動させている場所で彼らが「何かしている」のを目撃、声をかけると問答無用で発砲する2人との激しい銃撃戦、なんとか1人を倒したもののもう1人を逃してしまいます。
その戦闘能力から何か事件が起きることを直感したジョンですが、空港警備隊長はこそ泥だとまったく取り合おうともしません。

追い出されたジョンは倒した男の指紋を取り、ロスのパウエルの元で調べてもらいます。
案の定その指紋はすでに死んでいた軍人のものでした。つまり自分を表向きには殺しておかなければならない状況…ジョンは管制塔に向かいますが、時すでに遅く管制塔の機能は何者かの手により麻痺してしまうのでした。
犯人の要求は空港に護送されてくる、麻薬王エスペランサ将軍の奪還だったのです。

この事件のためホリーの乗っている旅客機を始め、何機もの旅客機がダレス空港上空で立ち往生、おりしも吹雪で視界はほぼゼロ、管制塔からの誘導を受けられない旅客機は人質も同様になってしまったのです。
管制塔から追い出されてしまったジョンは、ただ1人テロリストたちを相手に、無謀な勝負に撃って出るのでした。
しかし妨害を受けたテロリストは見せしめとして、燃料の切れそうな旅客機を滑走路に激突させるように、偽の誘導を開始するのでした!

関連リンク
1988年「ダイ・ハード
1990年「ダイ・ハード2
1995年「ダイ・ハード3

映画レビュー
監督はジョン・マクティアナンから「エルム街の悪夢4」のレニー・ハーリンにバトンタッチ。
ついていない男でタフなジョン・マクレーンの再登場、しかもまたしてもクリスマスイブです。
ホントに悪夢のようです。

今回の敵は傭兵部隊のためかなりの強敵でした。ジョンは再び鮮血に染まりながら戦いますが、もう何度も死にそうになります。
アクション自体はこちらが上なのではないでしょうか。
ただ前回は閉鎖空間でどうにもならない場所でありながらも、自分が動かなければならなかった極限状態と比べると、今回のものは特殊部隊もいましたし、無理にジョンがでしゃばるのは少々無理がありそうな気がします。
もちろん警察官として犯人を追い詰めることには、別に問題はないのですが…それならぶつぶつ言わない!
それにしても今回はちょっと悲惨な事件でしたねぇ。あまり笑ってばかりもいられない感じでしたけど。

ちょっと一網打尽的なところは嫌だったのですが、楽しめる作品には仕上がっていると思います。
でもやっぱり1が上かな。

【一言いいたいコーナー】
・あのホリーに一発食らったTVレポーターのソーンバーグ(ホリーの旅客機に…以前殴ったので自分の周囲50ヤード以内に近づくと訴えると言ったらしいです)…また名前を売りたいばかりにニュースにしてしまい空港中をパニックに、いいかげんにしましょう!!今回は最後のオチが弱すぎます!!
・パウエルに頼むところあたり、なんだか好きです。(^^;

TRACKBACK
ゆず豆的シネマ鑑賞記(ゆず豆さん)の「No.959 『ダイ・ハード2』


posted by 白くじら at 21:38| Comment(4) | TrackBack(0) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1に引き続きこちらも観ました。
やはり1と比べてしまうと物足りなさが付きまといますね〜。
パウエルも登場するのに、空港でも彼ポジションな感じの人がいて、まとまりがない感じがしました。
でも、あのジョンが現場の保存とか守るタイプだったのには驚いたなぁ(笑)
私的にノッテきたのが飛行機の翼に飛びついたあたりで、空港で「ホリー!!」と探し回って見つけて抱きしめるシーンは、ベタだけど前作より感動的でした。

>また名前を売りたいばかりにニュースにしてしまい空港中をパニックに、いいかげんにしましょう!!

この人のウザさは凄いですよね。病気かよと思ってしまいます…。
Posted by 宵乃 at 2014年07月17日 21:23
こんにちは、宵乃さん。

やっぱり続いてみるとどうしても比べてしまいますよね。
一番の問題は序盤はともかくジョンでなければならない必然性が少し薄いんでしょうね。

パウエルが登場してくれたのは、1で好きなったキャラだったので嬉しかったですね。
レポーターもネタ的には面白いのですが、本当にあとあと問題にならないんでしょうかねぇ。1家族を危機に…というだけではないんですけど。

妙にこねくり回している作品が多いので、ベタの方が泣けます。
最近はアニメの方が泣ける作品が多いです。(^^)
Posted by 白くじら at 2014年07月19日 13:07
白くじらさん、こんばんは。

本シリーズは現在、4.0まで鑑賞しましたよ。
本作でまたパウエルが登場して、良いバディシリーズに
なるのかなと思ったら、次回作からは登場しませんでしたね(ノд-。)


トラックバックありがとうございます!!
いつもコメントもありがとうございます!!
不躾なお願いですが、白くじらさんのブログを
リンクさせてもらってもよろしいでしょうか??
時折、映画のお話をさせてもらえると幸いです(^▽^)
Posted by ゆず豆 at 2014年07月19日 20:50
こんにちは、ゆず豆さん。

おお、もう4.0まで!あと1作ですね。
私は4、5も観ているのですがレビューを上げていないので観直さなければなりませんね…小鳥頭なのでストーリーをほとんど忘れてます。(^^;

パウエルさんはお気に入りでコンビを組んでほしかったですねぇ。
3作目からいないのは残念至極です。

リンクの件了解です。
RSSフィールドにはもう貼ってあったのですが、相互リンクとしても張らせていただきますね。(^^)/
こちらこそ、これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 白くじら at 2014年07月20日 01:22
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。