映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2011年04月30日

フローズン

狼が出没するスキー場
フローズン [DVD]
2010年(Frozen)製作国:アメリカ
監督:アダム・グリーン原作:
製作:ピーター・ブロック、コリー・ニール製作総指揮:ティム・ウィリアムズ、ジョン・ペノッティ、マイケル・ホーガン
脚本:アダム・グリーン撮影:ウィル・バラット
音楽:アンディ・ガーフィールドamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ホリストン山…週末のみオープンのスキー場、ダン(ケヴィン・ゼガーズ)とその彼女パーカー(エマ・ベル)、そして友人のジョー(ショーン・アシュモア)は最終日にスキーを楽しむためにやってきていました。
貧乏な彼らはリフト係をパーカーの色仕掛け(?)で騙し、100ドルで1日券を購入します。ダンとパーカーはボードを、そしてジョーはスキー場で知り合った女性と親しくなっていきます。

しかしボード初心者のパーカーの尻餅ばかりに、ジョーはイマイチ滑った感がありませんでした。
そこで3人はリフトが終了しようとしているところを無理やり後一回だけと無理強いし、リフトに乗って山を目指すのでした。しかしタイミングの不運が重なり、彼らが乗ったリフトは山の中腹で停止してしまうのでした。折りしも吹雪いてきた山中に取り残された3人は、自分たちが見捨てられたことを知るとなんとかその場から逃げ出そうとするのでしたが…。

映画レビュー
まぁまぁありえる話でスキー場に行くのが怖くなる…というふれ込みで、いったいどういうシチュエーションでリフトに3人だけが取り残されるのかと思いましたが…相当な偶然が必要だったような気がします。(^^;

リフトの値段がよく判らなかったのですが、4回しか滑れなかった1日券らしきものが100ドル…でもそれでも交渉してOKだったようなので正式に購入するとかなり高価な券のようです。ここでのリフト係とのやり取りが、終了間際の交渉に一役買っていたのでしょう。この男が終わりかけでも乗せてくれると。少なくとも、終わろうとしているリフト、そして吹雪が来るという忠告を無視して乗ったのですが自業自得みたいな気はします。その後の電源を切られる理由はありえそうでしたねぇ。偶然には違いありませんが怖いところです。
あとはリフトから降りるためにはもう下へ行くか、ロープをたどる2つしか方法がないところだけでこの緊迫感を保ったのは評価すべきところでしょう。観ているこっちとしてはウェアでロープを作るとか考えたりもするんですけど、極限状態において思いつくかどうかは微妙なところですね。

ただフローズンというほどではありませんでしたが、緊迫感は良かったと思います。
ちなみにグロいシーンも多いですのでご注意ください。

Number667【ここがいい!】
・極寒の地で鉄に触ると皮がべろりというのは聞いていましたが、そういうシーンが出てくるとは。でもそのお陰での手の負傷が後々活かされてなかったような。
・リフトから飛び降りるのはやめましょう。という教訓みたいな感じです。
・ロープで手袋が切れるのはいい感じ。でも切れてからはもう無理ですって。

【ここは問題かな?】
・いかに山、そして血の匂いがあった(でも吹雪なんですけど)とはいえ、狼が簡単に出てくるとは。仮にもスキー場を営んでいる場所なのに危険すぎますねぇ。ただロッジに行方不明のポスターが貼っていたりして、なにげに危険なスキー場ということを現していたのかも。
・皮べろりがあるのに、失禁したときの水分が何の影響も出していないのはどうして?
・なぜゲレンデに降りていかないのだ!

【一言いいたいコーナー】
・なんといってもタイミングが…雪上車が来たときに何か落としても、ちょうどバックをしながら後ろを見ていたり。もう何と言うか、観ていて「あー」と叫ぶことが多かったです。
・ちなみにジャケ写のシーンはありません。
Number667・日本で上映されたときには、夏に上映されたそうで…配給会社もいったい何を考えていたのでしょうか。という私も春に観ている訳ですけど。(^^;

コメントありトラックバックです。
晴れたらいいね〜(ちゃぴちゃぴさん)の「フローズン

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 22:30| Comment(6) | TrackBack(1) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは〜♪
私、これは1月のはじめに観ましたが、さぶかったです(/_;)
スキーには、この先行くことはまずないので、そこらへんのところは安心して観てた。でも、本当にリフトが途中で止まることはあることらしいですね。置き去りは、ないでしょうけど。
ツッコミどころ、氷点下の中、素手で握るかっていうのも思った。私なら、袖を被して握ります。(単に腕が短いんでできること?)
あと失禁の影響がなかったのが本当に不思議だったです。

Posted by ちゃぴちゃぴ at 2011年05月01日 20:35
こんばんは、ちゃぴちゃぴさん。

季節的には丁度いい季節に観賞しましたね。(^^)
リフト自体が停止することは結構経験してますが、たいていの場合すぐに動き出します。一度だけ1人用のリフトで10分ぐらい止まった事があって、しかも吹雪いていて、じっとしていることしかできないのが辛かったです。
失禁は絶対にバリバリとなりそうでしたけどねぇ。

トラックバックもありがとうございました。
こちらからもさせていただきます。
Posted by 白くじら at 2011年05月01日 21:15
お久しぶりです^^
遅くなりましたが復活おめでとうございます☆

オープン・ウォーターやなんかのシチュエーションホラーに
近い感じなんですかね〜。
予告編も面白そうだったので観てみようかな。
Posted by shimaneman at 2011年05月10日 09:57
こんにちは、shimanemanさん。
お久しぶりです。

「オープン・ウォーター」に近いというコメントされている人もいらっしゃいましたねぇ、ちょっとこっちは観ていないでわからないのですが。(^^;

ちょっとグロいですが、取り残されるというシチュエーションだけで、これだけの緊迫感を煽ったのは凄いと思いました。
Posted by 白くじら at 2011年05月10日 18:52
ポスターが怖いですね(>_<) 雪の上に落ちて、そんなに怖い気もしてなかったんですけど足の骨ボキボキで... ヒィィ〜(+_+) 彼は、足がそうなる事を予想できなかったんでしょうか? 私が今『雪の上だから別に大丈夫じゃない?』って想った様に彼も想ったんでしょう(笑) 違いました(笑) しかし3人しか取り残されてないので観る前の楽しみが半減してしまいますね( 一一) 7人位のグループが取り残されたら面白いような気がするんで監督に頑張って制作してほしかったですね。まぁ、これも充分スリリングでしたが... 懸垂は、そんなに面白くないですね... 最初の彼の足ボキボキが期待通りです(笑) 女性が運良く助かりますが動かないリフトを睨んでて見詰めてて... ホラーより恐ろしいですね。フローズンって題名じゃなかったらザ・リフトでしょうか? 昔ザ・フォッグっていうフォッグが呪ってる映画ありましたね。まぁ、この映画は、事故で物が怖いみたいな映画でもないけどラストのリフトが動かないまま吹雪に吹かれてるのが印象に残りますね。この3人に怨みでもあるんでしょうか? そりゃ怨みも何も無くて偶然呪うもんなんでしょうけど... こりゃ怖かった。2してほしいですね。
Posted by エア at 2012年03月25日 04:23
こんにちは、エアさん。

いやぁ、私も下が雪だったので、飛び降りても大丈夫かなって思っていたんですよ。リフトの下って普通はスキーで固められたりもしていないので、そのまま降りてもズボッてめり込むのかと思ったら…あれでしたからねぇ。
もう、ひぇーでしたよ。

7人いたら喧嘩したり、別の方法を思いついたかもしれませんね。
まぁ、これだけのシチュエーションでもたしたのは凄いかもしれません。

「ザ・フォッグ」の霧は連中の隠れ蓑みたいな感じでしたけど、吹雪が呪いだすと怖いですねぇ。ホラーが1作出来そうです。(^^)
Posted by 白くじら at 2012年03月25日 16:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

フローズン
Excerpt: 夏に公開だったこの作品、DVDは旬な時期ですね。つうか、さぶっ★ストーブ全開、毛布付で挑みましたわよ(私は寒がり)。スキーもスノボもやらないから、この心配だけはなくて済む ...
Weblog: 晴れたらいいね〜
Tracked: 2011-05-01 20:28
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。