映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年07月02日

スーパーマン2 冒険篇

スーパーマン2 冒険編1981年(SUPERMAN II)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・ドナー
製作総指揮:イリヤ・サルキンド
製作:ピエール・スペングラー
原案:マリオ・プーゾ
脚本:マリオ・プーゾ

amazon.co.jpで詳細を見る。


ストーリー
普通の人間として生活するためには…。

パリ、エッフェル塔でテロリストが人質をとって占拠、ロイス(マーゴット・キダー)がすぐさまコンコルドで現地に向かいました。水爆を持っていることに気付いたクラーク(クリストファー・リーヴ)もまた、ロイスの身を案じてパリに飛びます。
ロイスは無謀にもエッフェル塔に忍び込み、エレベータの下に潜みますが、警察の作戦によりそのエレベータのコードが爆破され、そこにつまれていた爆弾と共に下に落下しました。しかもその拍子に起爆ボタンが…あと60秒!
危機一髪、ロイスを救ったスーパーマンは彼女をそこに降ろすとエレベータを大気圏外に持ち去り宇宙のかなたへと投げました。
水爆は大爆発を起こしその余波をスーパーマンも受けますが…もう1つ余波を受けたものが…そう、クリプトン星を追放されファントムゾーンへ送られていた、ゾッドたちの入った二次元の輸送体を粉々に破壊し、ゾッド将軍、アーサー、ノンの3人が開放されてしまうのでした。
彼らは真空の中でも死ぬこともなく、近くの月へと降り立ちます。
そこで調査をしていたアーテミス2号を破壊し、通信を行っていたヒューストン星(地球)へ向かいこの軟弱な生物を支配しようと企むのでした。

一方刑務所に入れられていたレックス・ルーサー(ジーン・ハックマン)は今やただの囚人1240号、しかし持ち前の技術力と仲間のオーティス(役に立ってる?)、外部からのテシュマッカーの協力を得てついに脱獄…スーパーマンに復讐するためにいつも彼が北に帰ることから、ついに住処を突き止めてしまいます。

そんなこととは知らないクラークとロイスは、ナイアガラにマフィアに関する取材に来ていました。しかし滝つぼに落ちた子供を助けるスーパーマンを見て、あまりのタイミングとやはりクラークが姿を消していることを知って、彼こそがスーパーマンではないかと確かめます。そして…正体を知られたクラークはロイスに全てを知ってもらうため北極の家に迎え入れます。
クラークはロイスと暮らすため、人間して暮らすためにスーパーマンの力を手放す決意を…しかしそのころ…。
地球に降り立ったゾッドたちは、自分が超能力を持っていることに気付きます。そしてヒューストンの田舎町を襲い、次いで大統領官邸をも…しかしその危機になぜかスーパーマンの姿は…。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

映画レビュー
オススメスーパーマンの2作目です。1作目の冒頭で語られたゾッド将軍たちの反乱、彼らのことはそれ以来不明でしたが2作目では彼らが敵役となって暴れ回ります。
今回の敵はスーパーマンと同じ能力を持った3人が相手です。しかもクラークはロイスとの恋愛に盲目となっており、しばらく地球の危機にも気付かないという…ああ、いったい地球はどうなってしまうのでしょうか!って感じでしょうか。
ヒーローにはつきものの正体、そして一般の人間と暮らせるのかという問題が語られています。
ヒーローの正体を知りつつ付き合うのはやっぱり難しい…スパイダーマン2の最後でもありましたがMJは笑っていないんですよね。
相手がヒーローであるがゆえに自分もまた苦悩する必然性、この映画でも悲しいことになるわけですが、それでもヒーローは正義のために戦わなければならないのです。

【一言いいたいコーナー】
・スーパーマンたちが戦うメトロポリスはもうとんでもないことに…それでもアイス食べてたり、ポテト食べてたり、電話ボックスが倒れても(あれボックス型あるじゃん)平気なニューヨーク市民には頭が下がります…っていうかさすがに変でしょう。こういうのは緊張感がそがれるので辞めて欲しかったですねぇ。
・オープニング時、1作目ではタイトルの後に名前が出てきていたクリストファー・リーヴですが、今回はタイトル前に出てきます。やっぱり当たって有名になった証拠なのでしょうね。
・はっ、冒険篇っていったい何が…?
・1作目では地球の大気が分子構造を変化させてスーパーマンにっていうことでしたが…この3人っていったい。
・この話からスーパーマン、ついに「目からビーム」になりました。(- -;
・エッフェル塔って正面がないのだそうです。どちらからでも同じようになるように設計したのだとか。
 


posted by 白くじら at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。