映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年07月03日

スーパーマン3 電子の要塞

スーパーマン 3 電子の要塞1983年(SUPERMAN III)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・レスター
製作総指揮:イリヤ・サルキンド
製作:ピエール・スペングラー
脚本:デヴィッド・ニューマン
撮影:ロバート・ペインター

amazon.co.jpで詳細を見る。



ストーリー
彼はもういない…彼は死んだんだ。

職業安定所…インスタント解雇の常習犯ガス・ゴーマン(リチャード・プライアー)は、もう36週間も失業していました。
そんな彼に職業安定所は社会奉仕権はもう無いと冷たく言い放ちます。職をもらえず怒るガスが見たのは「コンピューターで金持ちに」という広告でした。
彼は早速パソコンスクールに通いましたが、彼にとってはもっとも合ったことだったのか先生のできないこともあっさりとこなしてしまいます。こうして彼は世界でも有数のウェブスコ産業の社員となったのです。

さてそのころ我らがスーパーマンことクラーク・ケント(クリストファー・リーヴ)は、高校の同窓会を記事にするべくジミーといっしょに故郷スモール・ビルへ向かっていました。
途中、化学工場での火災に遭遇、そこに置かれてあったベルトリック酸の濃縮液は摂氏80度以上になると鉄でもなんでも腐食させてしまう恐ろしいものでした。近くの湖の水を凍らせて運んできたスーパーマンの活躍より火災はなんとか鎮火、しかしジミーが足を骨折という怪我をしてしまいました。
1人同窓会へ出たクラークはそこで昔好きだったラナに再会、彼女は夫ブラッドと別れ息子リッキーと一緒に暮らしていました。

一方ガスは給料にあるはずの1/2セントの端数が切り捨てられていることに目をつけ、会社中の端数を自分の口座に振り込むようコンピュータを操作します。驚いたのは会社、8万4千ドルもの金がどことも判らないところに消えてしまったのです。
リッチな車を乗り回し始めたガスはすぐに社長ロス・ウェブスターに呼ばれ…しかし社長は怒る以前にガスにバルカン衛星をコントロールするよう指示をだします。
彼の力を使って自分の命令に従わないコロンビアに災害を起こさせようとしたのです。
しかしその災害を食い止めたスーパーマンの存在により、ロスの標的はスーパーマンへと変更されました。ただちに弱点を調べクリプトン石(クリプトナイト)であることを突き止めると、クリプトン星が爆発した地点に探査機を送り込み成分を分析させたのです。
やがてできあがったクリプトナイトを持ち、ガスはちょうどリッキーの誕生日を祝うために来ていたスーパーマンに、町を代表してクリプトナイトを贈るのでした。謎の成分が不明のまま作ったクリプトナイトは、スーパーマンに無効と思われ、ロスたちも落胆したのですが、影響は深く静かにスーパーマンを侵し始めたのです。
しだいに邪悪になりながらもリッキーの声に正義の姿を取り戻そうとするスーパーマン…ついに善(クラーク)と悪(スーパーマン)の2人に分かれてしまいます。今ここに壮烈なる善と悪の戦いが始まったのです。
そして…ロスはガスの案により何者にも壊されず、相手の弱点を発見することのできるスーパーコンピュータの開発に着手し始めるのでした。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

映画レビュー
スーパーマン第3作目の登場です。出だしからして何か違うのが「風が吹けば桶屋が儲かる」的コメディ、誰かが転んでその影響で何かが起こって…というパターンです。これがオープニングの間中あって、しかもすごくわざとらしい…いったいどうしたのでしょう。
さらにロイス(マーゴット・キダー)は冒頭に出てきたと思ったらバミューダで休暇(ええっ!)、クラークはいうと田舎でラナといい仲に…むむ、2作目の教訓(普通の人間とは付き合えない)がまったく活かされていません。
さらにさらに、ことあるごとにガスがあまり笑えないコメディを連発するので、なんともいえない作品に仕上がっているように気がします。電子の要塞に近づくスーパーマンを撃退するときにコンパネがゲーム画面でしたが…私は笑ったほうがよかったのでしょうか。(^^;
スーパーマン対クラーク・ケントの戦いはちょっとびっくり、変わっててよかったですね。

【一言いいたいコーナー】
・クラークの育ての母であるマーサが他界していました。あっさり言われてこれはちょっと悲しい。
・コンピュータの天才ガスですが…彼が使っていたのはBASIC…このころはこれが主流だったのでしょうか、Cくらいはあったような気がしますが…彼はこの技術でとんでもないスーパーコンピュータを作り上げます。うーん、ある意味ホントに天才だったのかもしれません!!処理速度は遅そうですが。(^^;
・OPでいつものあの音楽が流れませんでした。うーん、これは…。
・エンドロールがなんと上から下に3Dです。珍しいですが少し重なっているので見にくいです。(- -;
・エンドロール…4の予告がありません!!!いままであったのに!!
 


posted by 白くじら at 08:03| Comment(0) | TrackBack(0) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。