映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年07月06日

ジングル・オール・ザ・ウェイ

1996年(JINGLE ALL THE WAY)
製作国:アメリカ
監督:ブライアン・レヴァント
製作総指揮:リチャード・ヴェイン
製作:クリス・コロンバス、マーク・ラドクリフ、マイケル・バーナサン
脚本:ランディ・コーフィールド
撮影:ヴィクター・J・ケンパー
音楽:ランディ・ニューマン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
パパは約束っていう意味がわかんないんだ!

クリスマス・イブの前日、仕事の鬼のハワード(アーノルド・シュワルツェネッガー)は、息子ジェイミー(ジェイク・ロイド)の空手教室の参観に出ることもできず、またしても約束をすっぽかしていました。
なんとか機嫌をとろうとするハワードに、ジェイミーがねだったのは、今テレビで人気のターボマン人形…たかが人形と安請け合いをしたハワードでしたが…。

イブの日、さっそくトイスーパーに出かけたのですが、店は開店前から凄い列に…そこで出合った郵便配達人のマイロンも、同じく息子に人形を買うためにやってきていました。
開店直後、売り場に殺到するハワードたちでしたが当然のことながらすでに売り切れ、しかも店員にはバカにされ怒り、しかしそれでもハワードはジェイミーのために店を巡り、電話をかけますが全て売り切れ、とその時ある店で入荷したという知らせが!
急ぐハワードにマイロン!
2人は足を引っ張りあいながらもなんとか店に…店にはホントにターボマンがあったのですが少量のために抽選に。
抽選方法はボールに書かれた番号で…どーん!…殺到するお客たちのためにボールは宙に、たちまち暴動にもにた奪いあいが始まるのでした。
またしても手に入らなかったハワード…そう、彼とターボマンとの間にはまだまだ難関が待ちうけていたのです。

映画レビュー
オススメアーノルドさんがその体力にものを(あまり)いわせていない作品です。(^^;
超人気商品であるターボマンを探しながらも、息子ジェイミーとのふれあいを通し「約束」の大事さを教えてくれる作品です。
ほかにも近所の女性に親切(すぎる)男テッドが、ハワード家で奥さんのリズにいいよったり、何かといって必ず最悪の出会いをしてしまう警官のおじさんなど、コメディ要素も多いです。とはいいつつもただの親子のドラマになっていないところがこの作品の凄いところなのです。
なんと最後は、飛べターボマン!!というヒーローものなのです。
そしてラストシーンはやっぱり感動ものです、こういう家族愛って好きです。
クリスマスにはぜひごらんください。って今夏だろー!!

【一言いいたいコーナー】
・息子のジェイミーは「スターウォーズ/エピソード1」のアナキンですね。若い!!
・ターボマンにはピンクの獣ブースターという仲間がいるのですが、なぜか人気がありません。そんなに変なキャラじゃないのに!!でも人形は在庫山積みみたいですし、後半にあるパレードで転んだときには、周囲の子供たちがぽかぽか殴りに来たりして…これはいったい!
・向こうのパレードはなかなかハデで、スヌーピーからパディントン、ソニックなどいろいろなキャラが登場していました。
・エンドロールの最後にもちょっとしたオチがあるのでお見逃しなく。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
忘却エンドロール(宵乃さん)の「映画「ジングル・オール・ザ・ウェイ」観た
いやいやえん(makiさん)の「ジングル・オール・ザ・ウェイ


posted by 白くじら at 22:05| Comment(4) | TrackBack(2) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シュワちゃんのコメディは割と安心して観られますよね。
ピンクの相棒の扱いも酷かったですが、警官も結構シャレにならない事になってました。爆弾騒ぎはコメディだから助かったものの・・・ブルル!
悪い人じゃないけど、ちょっとムキになりすぎかな。

それにしても、あのクリスマスパレードは気合入ってましたね〜。ジェイミーには最高の思い出になったでしょう♪
Posted by 宵乃 at 2012年04月01日 10:23
こんばんは、宵乃さん。

アーノルドさんのコメディもパワー型の人なのでそのギャップが面白かったりしますね。
ピンクの相棒はひょっとしたら敵と通じている相棒なんじゃないかなと思い始めています。あそこまでの扱いはおかしいです。(^^;
あの人も悪い人ではないですけど、やっぱりやりすぎでしょう。

ジェイミーの嬉しそうな笑顔は忘れられないですね!

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2012年04月02日 19:33
シュワちゃんのコメディは面白いですよね
たくさん作られてはいないですが、どれも良作だと思います
この作品も面白かったですね
ラストの「!!」がまたパンチが効いていて。
大げさな演技(おもちゃ獲得のために大人が飛び込んだり奪い合いしたり…)が可笑しくも楽しくて、良い作品です♪

ピンク色の相棒の不人気はなんとなくわかる気がしますね(笑)
もうちょっとましなヴィジュアルだったらよかったのに…
Posted by maki at 2012年05月06日 11:22
こんにちは、makiさん。

アーノルドさんのコメディは、やっぱりそれまでのアクション映画あってのコメディですね。あのギャップが面白いです。
この作品ではやっはりラストの行き過ぎているアクションが目玉でしたねぇ。
ここまでやってくれると楽しすぎです。息子への接し方や正体がわかってからの息子の言葉にうるっです。(^^)

不遇のピンクの相棒…なんだか好きなのに、何をやったんだー!(^^)

トラックバックもありがとうございました。
こちらからもさせていただきます。
Posted by 白くじら at 2012年05月06日 12:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「ジングル・オール・ザ・ウェイ」観た
Excerpt: 製作:アメリカ’96 原題:JINGLE ALL THE WAY 監督:ブライアン・レヴァント ジャンル:★コメディ息子ジェイミーの空手の段の授与式に間に合わなかった、仕事人間のハワード。そ..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2012-04-01 08:23

ジングル・オール・ザ・ウェイ
Excerpt: 甥っ子の欲しがってる人気商品が品薄のため購入できない+入荷未定のため予約も不可ってことで、似たような作品があったなと思い出して借りてみました、懐かしいでしょ! 主演はシュワちゃん。クリスマスに息..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-05-06 11:18
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。