映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2011年06月26日

キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム

一人で突っ走ると周囲が見えなくなる
キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム [DVD]
2010年(CAMP ROCK 2 THE FINAL JAM)製作国:アメリカ
監督:ポール・ホーエン原作:
製作:ケヴィン・ラファティ、アラン・サックス製作総指揮:
脚本:ダニエル・ベレンドセン撮影:デヴィッド・A・メイキン
音楽:amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
またまた「キャンプ・ロック」のシーズンがやってきました。
ミッチー(デミ・ロヴァート)たちはケイトリンたちの再会によろこび、そして人気バンドのボーカル、シェーン(ジョー・ジョナス)とも久しぶりの出会いも待っていました。
ところが今年は湖の対岸に同じ音楽サマー・キャンプ「キャンプ・スター」ができていたのです。しかも責任者は「キャンプ・ロック」の創始者ブラウンのかつてのバンド仲間…。
にくい演出でキャンプファイアーに招待されたミッチーたちでしたが、そこで待っていたのは派手な演出と音楽、スタッフやメンバーを引き抜かれ、たちまち閉鎖の危機に追い込まれる「キャンプ・ロック」…ミッチーたちは持ち前の不屈の闘志でファイナル・ジャムで彼らに勝負を挑もうとするのですが、それこそが思う壺、「キャンプ・スター」と「キャンプ・ロック」はTVで観客を集めての勝負に持ち込まれてしまうのでした。
そして…勝たなければならないというプレッシャーを持ってしまったミッチーは、いつしか勝つことを優先し仲間を、そしてショーンにも大きな溝を作っていくのでした。はたして勝負の行方は。

関連リンクです。
2008年「キャンプ・ロック
2010年「キャンプ・ロック2 ファイナル・ジャム

映画レビュー
とほっ…一作目「キャンプ・ロック」に続く2作目です。ベタな一作目でしたが結構好きだったので2作目も鑑賞してみました。
懐かしいメンバーに会えたのは嬉しい。面影も残っていて、特に説明がなくとも判ってしまうのもいいですね。とはいうものの主人公のミッチーはあまりにも変わりすぎかなって印象を受けました。
確かに歌声はいいのですが何か…ひょっとして。(^^;

今回のストーリーではライバルキャンプが出現し、最初こそ負けるはずがないというミッチーがどんどん押せ押せムードで歌いまくっているんですけど、中盤辺りまで自分が主役、言うことは全て正しい!私に任せて!といった感が凄く強くって、こんな性格だったかな?とちょっと観るのがつらかったです。
ただラストはさすがディズニーということで無難にまとめられていましたけど、やっぱりデミ・ロヴァートのための作品なんだろうな。と思いました。
キラリと光っているのは周囲のメンバーだったりするんですけどね。

それにしてもスタッフ全員移動とか、今時の若者って信頼とか約束、恩、思いやりというのが欠けている人が多いようですね。ちょっと驚きます。

Number669【ここがいい!】
・今回は残念ながらお気に入りという曲には出会えませんでしたが、全編を通してのダンスが素晴らしい。
・わがままぶり爆発のミッチーに対するショーンの心情には泣かされます。ミッチーと付き合うのは大変そうです。

【ここは問題かな?】
・ジョナサンたち3人の扱いが一般に近いような感じでしたね。前作では活躍こそ少なかったですがスターという印象が強かったのですが、今回は仲間に入っているために存在感自体が希薄になっており、頼れる先輩?に近いです。
・オチで来年の「キャンプ・スター」を観たかったです。

【一言いいたいコーナー】
Number669・前回の敵役だったテスさん…そんなことばかりしているとコウモリって呼ばれますよ。

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | ラブストーリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。