映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年07月23日

チャイルド・プレイ4 チャッキーの花嫁

僕チャッキー。電撃入籍だよ、ハイディホー!

チャイルド・プレイ チャッキーの花嫁1998年(BRIDE OF CHUCKY)
製作国:アメリカ
監督:ロニー・ユー
製作総指揮:ドン・マンシーニ
製作:グレイス・ギルロイ
脚本:ドン・マンシーニ
撮影:ピーター・パウ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
湖畔の殺人鬼チャールズ・レイが死んで10年…最後の事件から2年後です。
ホッケーマスクにチェーンソー、その横にはカギ爪…恐怖の証拠物件が眠るロックポートの証拠品保管場所に忍び込んだベイリー警官は、未解決事件22408号のロッカーを開けて、黒い袋に入った証拠品を持ち出しました。それを持ってくるように頼んだ女性を待つ倉庫で袋を開けようとした彼は、そのまま女性に首をかき切られ絶命…女性はその袋を自分のトレーラへと運び込みました。

今彼女が読んでいる本は「人形用のブードォー」、彼女ティファニーはチャールズ・レイの彼女だったのです。
新聞で彼が死んだことを知り、さらにアンディの事件でまだ彼が生きていることを知った彼女は、10年もの歳月の後に彼の残骸を手に入れたのです。そう…袋に入っていたのはバラバラになったチャッキー…彼女はチャッキーを自分の持っている人形の部品で組み立て縫い合わせた(ホッチキスあり)のです。
しかし呪文を唱えても彼はよみがえりません…とドアをノックする者が…それは彼女にいい寄っているダミアンでした。彼の相手をしていた彼女はふと床に置いていたはずのチャッキーの姿が見えないことに気づきました。
妖しく笑った彼女はダミアンをベッドに誘い込み手錠で縛り付けました。これから始まる行為に期待するダミアンは自分の胸に乗ったチャッキー人形に目を剥き…そしてチャッキーがゆっくりと自分の方を向いたとき彼の命は途絶えるのでした。

ようやく出会えたティファニーとレイ(チャッキー)。
しかしティファニーが10年間彼にもらった指輪を大事にしていたのに比べ、レイはそんなもの知ったことではないと言うにいたって、ティファニーは怒り心頭でチャッキーを閉じ込め、あんたなんかコレと結婚すればいい!と花嫁姿の人形を渡すのでした。
しかし閉じ込められていたチャッキーはそこから脱出…バスルームで映画「フランケンシュタインの花嫁」を観ていたティファニーを殺害してしまいます。それと同時に呪文を唱えるチャッキー、なんとティファニーの魂は花嫁姿の人形に封じ込められてしまったのです。
人形としてよみがえった怒りのティファニーは、元に戻れるすべを本で探しますが、それには「ダンバラの心臓」が必要…そしてそれはレイの死体とともに墓場に埋葬されているのでした。

彼らは近くで同じような生活をしていたジェシーをうまく使い、フォレスト・クリーク墓地に向かうことに…その行く先々で殺しまくる2体の人形…まさしくそれは死のハネムーンとなったのです!

関連リンク
1988年「チャイルド・プレイ
1990年「チャイルド・プレイ2
1991年「チャイルド・プレイ3
1998年「チャイルド・プレイ4 チャッキーの花嫁
2004年「チャイルド・プレイ5 チャッキーの種

映画レビュー
なんといったらいいのでしょうか、チャッキーついに復活!!したのですがこの作品はもう笑うしかありません!
ストーリー自体にも少し書きましたが、笑いどころが満載なのです。ああ、すっかりコメディになってる!

殺害シーンはいろいろと趣向を凝らしてはいるのですが、ティファニーがいるせいでいつもの半分くらいのパワーみたいな感じのチャッキー、その分ティファニーが頑張っていますが、二人の喧嘩というか痴話げんかに巻き込まれる周囲の人間はたまったものではなかったかも。
この話では人間は完全に脇役って感じで、彼らの旅を楽しむのがいいということでしょう。

さて今回は花嫁というだけあってそういうシーンもありました。
ティファニーが涙するところがあって人間に近づいてきた彼らは…「下の方はどうなっているのかしら」「俺のはピノキオみたいだ」…だそうです。が、そういうシーンがあるということは、そういうラストなのです!!

【一言いいたいコーナー】
・今までのことを語ろうとすると話せば長くなって映画3〜4本分はかかるそうです(チャッキー談)。
・乗り移りに必要な「ダンバラの心臓」の話は今回初めて…ということは…うーん、チャッキーがアンディに乗り移れそうだったのはまた別の要素があったのでしょうか。一応最初に正体を…ということでしたから。ひょっとして「ダンバラの心臓」は誰でもOK?
・警察は事件現場に残されていた指紋から犯人をチャールズ・レイではと…ええっ、人間に近づいて指紋が出てきていたの?
・シリーズを通して出演しているのは、チャッキーの声優であるブラッド・ダーリコのみのようです。
 


posted by 白くじら at 22:17| Comment(2) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
人気ページランキングにこの作品のタイトルを見つけたので来てみました。
わたしもこのシリーズは結構観ていたけれど、これは完全にコメディでしたよね〜。怖くなくなってしまったけど、ある意味成功!?
ふたりとも好きで人形になったわけじゃないのに、案外幸せそうにしているのがまた・・・(笑)
5はまだ観てないなぁ。新たな種の確立でしょうか。機会があったら観てみたいです。

ところで、今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。
リクエスト企画で選ばれた作品は・・・さて、何でしょうか?
こちらにてご確認ください→http://anoken.blog18.fc2.com/blog-entry-687.html

鑑賞日は8月5日(金)〜7日(日)の三日間。都合の悪い場合は後日でも結構です。
今月も皆さんと一緒に同じ映画を観て、わいわい盛り上がりたいと思います。感想・レビューは強制ではありませんので、もしよかったらご参加くださいね〜!

また、引き続きみんなで一緒に見たい作品のリクエストを募っています。どうかお気楽にリクエストください♪
Posted by 宵乃 at 2011年07月29日 10:16
こんにちは、宵乃さん。

これは前3作に比べると、コメディ路線まっしぐら!なのですが、前作までにしっかりとチャッキーという存在を脳裏に植えつけてくれていたので面白く楽しめました。
5はしっかりと種のお話ですねぇ。(^^;;

>今月も「ブログ DE ロードショー」 のご案内に参りました。

リクエスト作品での開催、了解いたしました。
今回の作品はどこかの映画紹介でチラッと見ただけで、まだ観たことがなかったのでよかったです。
また用意しておきますね。

…リクエスト、そういえばまだしたことがないですねぇ。
Posted by 白くじら at 2011年07月31日 19:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。