映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年08月06日

バミューダ 呪われた財宝

バカルー、それは人の魂を飲み込む悪霊。

バミューダ 呪われた財宝2001年(THE TRIANGLE)
製作国:アメリカ
監督:ルイス・ティーグ
製作総指揮:ビング・ホーウェンスタイン
製作:フランク・シラキューサ
脚本:ビング・ホーウェンスタイン
撮影:リック・ウェイト

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1939年10月19日、俳優レジナルド・バロウなど有名人を乗せた大型客船クイーン・オブ・スコッツ号は、イギリスからバハマへの出航後5日目に、黄色い靄に包まれたと連絡を経った後、行方不明になりました。

弁護士のトミー、ミステリーファンのガス、そして仕事にあぶれてしまっているのに見栄を張っているステューとその彼女ジュリアは、豪華フィッシングを楽しもうとバミューダにやってきました。
しかし何事にもいい加減なステューは満足に予約も取れず、一行はモーガン船長の操るボロ船をチャーターするのでした。
その船に乗り込むとき、トミーは一等航海士チャーリーがいつも観る客船の悪夢に登場する、女性にそっくりであることにびっくりします。そしてチャーリーもまた…。

一行は、バミューダ海域でバカンスを楽しんでいましたが、泳いでいる最中、急にジュリアが何者かに足を引っ張られ溺れかけます。
溺れたジュリアが見たもの、それは確かに少年?危うく難を逃れたジュリアでしたが、船はその夜無線が壊れ、次いで黄色の靄に包まれ、進退窮まるのでした。
…靄が晴れたとき…彼らの前に巨大な客船、そうその名はクイーン・オブ・スコッツ号…が姿を現すのでした。

映画レビュー
とほほーもう何本も映画化されている、バミューダ海域モノの1本です。
本編というべきクイーン・オブ・スコッツ号との遭遇までに時間がかなりあるのが特徴で、それまでに島ではブードゥ教の儀式があったり、それを撮ったフィルムには映っていなかったり、無線が壊れたり、海で子供(この子供はスコッツ号のなのに…)に襲われたりと伏線がいろいろとあるにも関わらず、あまり活かされてはいませんでした。

またお金に執着のあるステューが取り付かれていくのはよし、としてもなぜか取り付かれてからも執着しているのはなんだか変。
でも壊れっぷりはなかなかよかったと思います。
それにしても実体のあるゴーストたちだったので、自分たちで行動を起こしてもよかったのでは?と思ったりして。

あとちょっと面白かったのが、主人公でもあり弁護士であるトミー、なんとも筋肉質で驚いたのですが…そういう役回りでしたか。(^^;
ラストのオチはバミューダものっぽくってOKです。

【一言いいたいコーナー】
・見栄ははるものではありませんね。
 


ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。