映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年08月15日

ヘルレイザー3

観よ!ピンヘッドによって新たに作られたサノバイト軍団!

1992年(HELLRAISER III:HELL ON EARTH)
製作国:アメリカ
監督:アンソニー・ヒコックス
製作総指揮:クライヴ・バーカー
製作:クリストファー・フィッグ、ローレンス・モーティフ
原案:クライヴ・バーカー
脚本:ピーター・アトキンス
撮影:ゲリー・リブリー
音楽:ランディ・ミラー

ストーリー
ピラミッド・ギャラリーで展示されていた彫像、柱のようでそれぞれの面には苦悶、恍惚、悲鳴などを感じさせる顔、顔、顔、まるで悪夢そのもののような彫像を、通りがかりの若者JP(ケビン・バーンハート)が買っていきました。
部屋のオブジェに最適だとでも思ったのでしょうか…しかしそれを売った男は「それは君のものだ、値段は好き金額でいい、楽しめるぞ」と…。

TVキャスターのジョーイ(テレー・ファレル)は緊急病院で待機していましたが、今日に限って事件も起こらず舌打ち、カメラマンもほかの事件に呼ばれて消えてしまいました。とそのとき、タンカーで血だらけの若者が運び込まれきました。
体中からチューンを吊るして…手術室は叫びと青白い光が交錯し、チェーンが部屋いっぱいに伸びたと思うと、若者の身体を引きちぎり破壊してしまいました。
それを目撃したジョーイは特ダネだと、彼に付き添ってきた彼女が言っていた「ボイラー室」と呼ばれるクラブに取材に向かいました。
そこはJPと呼ばれる若者が仕切るクラブ、JPは女性と見ればその毒牙にかけているようでした。しかしジョーイの気になるような情報はなく落胆した彼女は家に戻ります。

その夜、ジョーイの電話がなりました。相手はテリー(ポーラ・マーシャル)という病院で死んだ若者に付き添っていた女性でした。
家に来たテリーが持っていた小箱のことと話を聞いて、ピラミッドギャラリーに出かける2人…しかしそこはもう1ヵ月も前から閉めていた店でした。

一方またしても女性を捨てようとしていたJPは、悪態をつきながら帰ろうとする女性が、彫像から出た鎖に絡み取られ、あまつさえ吸収されたのを目撃します。
驚くべきことに彫像は、少し前にJPが怪我してかけてしまった血から、息づき始めていたのです。喋れるようになったピンヘッドはJPを使いさらに血肉を求めます。そしてテリーを殺そうとしますが失敗、逆にJPを取り込みついに魔道士の姿を世に戻したのです。

ジョーイは度重なる悪夢の中で、ピンヘッドの人間の姿と出会います。
彼は今の時代に存在する魔道士となった自分を、地獄へ封印して欲しいと頼みます。しかしそのころクラブ内では、ビンヘッドによる殺戮が行われていたのです。しかもその中からは新たな魔道士たちまでもが!

関連リンク
1987年「ヘルレイザー
1988年「ヘルレイザー2
1992年「ヘルレイザー3
1996年「ヘルレイザー4
2000年「ヘルレイザー5 ゲート・オブ・インフェルノ
2002年「ヘルレイザー6 リターン・オブ・ナイトメア
2005年「ヘルレイザー7 ワールド・オブ・ペイン
2005年「ヘルレイザー8 ヘル・ワールド

映画レビュー
ヘルレイザー2」を観ていれば判りますが、ラストに出現した彫像が、ギャラリーで売られていたことを発端として話が進み、ジョーイの夢という形をとりピンヘッドの過去が明らかとなります。
以前の魔道士たちは死んでしまっており、彫像となっていたピンヘッドだけがJPの欲望を操り復活しますが、そのやりかたはかなりどうかなーって感じ。
Number160幻想的になったのは夢の一部だけで、どちらかというと後半に登場する魔道士ことサノバイト軍団などによるアクションが主になっているように思えます。
ついに主人公ではなく警察と戦ったのも初めてでした。

【一言いいたいコーナー】
・幻想と怪奇な世界だったヘルレイザーシリーズもこの辺りが限界だったのかもしれません。ちょっと残念です。
・ジョーイさん、事件が起こらないかといって舌打ちしないように。
・なんだかこのシリーズをレビューしている間はコメントが無いか…あっても少ないような気がしてきました。(^^;

トラックバック(コメント)
忘却エンドロール(宵乃さん)の「一言映画感想(2/1〜2/6)
 
ラベル:映画 DVD ホラー
posted by 白くじら at 21:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ホラー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>ジョーイさん、事件が起こらないかといって舌打ちしないように。

私も思いました。この女性を手先にした方がピンヘッドさんも早く復活できたのでは(汗)
ピンヘッドさんは自分の意思というより、ルールに従って無感情に容赦なく襲ってくるところが怖かったのになぁと思いました。3作目にして得体のしれない怖さが完全になくなってしまいましたね。
Posted by 宵乃 at 2018年02月12日 14:10
こんばんは、宵乃さん。

ここから崩れていく欲望の怖さ…そしてピンヘッドさんたちの戦いというのも変な話でしたが、まぁ、なんとなくここで完結かと思っていました。

ところがどっこい、ここから9作にも続くシリーズ化されるとは。(^^)

でも、なんだかコメントが付かなかった記事にコメントが来ると嬉しいですね。
ありがとうございました。(^^)/
Posted by 白くじら at 2018年02月12日 21:35
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム