映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年08月20日

DVDの私的利用

最近、知り合いのブログでも問題になったことなのですが、DVDのコピーに関して少しまとめておきたいと思います。
現在私の認識としては、DVDの複製は私的利用としてのみ許されています。
ではその私的利用とはどのような場合を指すのでしょうか。

1、自分自身、家庭内、家族に近い親密な人などかなり限定されている。
2、普通の友人やグループ、クラブ内、ブログでの知り合いなどはその範囲ではない。
3、それ以外は許可が必要。

また上記の利用範囲内でDVDを複製できるものとしては、コピープロテクトがかかっていないものは複製をしてもよいとされているようですが、プロテクトを外して複製するのは、プロテクトを外す行為そのものが違法となります。
当然のことながらこの複製を販売、貸し借り、無償提供するのは違法です。
お金を取らずプレゼントだったら大丈夫、と言っている人は結構いらっしゃるようで、驚いてしまいます。

リッピングなどでブログ内に載せるのはどうでしょう。
ブログは個人的なものではあっても、不特定多数の人のパソコンにデータを落とす行為から、これも違法となります。
よく映画のワンシーンなどを載せている人もいますが、許可を得ていないのであれば、これもホントは駄目。

今のところ映画のシーンをブログに載せるためには、アフィリエイトなどでジャケ写を許可しているECサイトを利用するか、gooなどのようにgooの映画コーナーがある場合、そこから借りリンクを貼っておく方法(gooはリンクすればOKと答えがありました)。スターウォーズやディズニー作品などは普通許可を受けてもイメージがあるところに(C)を書かないと駄目と言われます。

私のブログはamazon.comを利用していますが、このほかにリンクシェアのディスクステーションもジャケ写を利用するにはいい感じです。2サイトほど押さえておけば結構カバーできるみたいです。

最近は複製は私的利用も不可のようなものも出てきているので、そろそろホントに個人的に撮ったものくらいしか…になるのでしょうか。
気をつけましょう。(^^)/

アフィリエイトサイトとしては、1円からでも支払ってくれる
リンクシェアがオススメです。気になる方は、コチラからどうぞ。

 


ラベル:DVD 違法コピー
posted by 白くじら at 21:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

自分のところではDVDのパッケージ画像などは完全に無断使用ですね。自動公衆送信可能化権侵害です。
まぁ誰も観ていないようなブログなので、パッケージやポスターなら勘弁してくれるだろうと甘えていますが。
本質的に必要な要素ではないので、だめなら無くしてしまえばいいのですがね。

でも、さすがに某有名女性歌手のジャケットやポスターは気が引けて使えませんでした。
洋画なんかより圧倒的に厳しそうですから、怖いです(笑)。
Posted by starless at 2006年08月20日 22:17
こんばんは〜

ほーなるほど・・・って感心してる場合じゃないし
私、パリバリ違反してるじゃん(汗)

まー、でもね〜一回くらいは、警告が来て、それから
処分でしょう・・・その時で良いか
凄い、脳天気・・・ムフ
Posted by アニー at 2006年08月20日 22:33
こんばんは、starlessさん、アニーさん。

聞いた話では、まだアクセスの少ないブログの場合は放置されていることがあっても、上に上がってきて、人目に触れるようになると警告が来たりする場合があるようです。
しかしその時になって外そうと思っても膨大な数になって、なかなか外すことも出来ないんだそうです。(- -;
でもって画像を削除してペケポン状態にしてしまうと…これはこれでなんだか嫌な記事になっちゃいますね。(^^;

アフィリエイトもまれに画像がなくなることがあるのが困る点ですね。

歌手の画像は怖いですねぇ。
かなり厳しいようです。(〜_〜)
Posted by 白くじら at 2006年08月21日 20:43
スクランブルがかかっていないDVDはめったにありませんね。今までそれを見たのは、8年ほど前に見たDVDとは何かをプロモーションするディスクと、ある機器のマニュアルのDVDだけでした。
という事はコピーしても良いて言うDVDはほとんど無いという事ですね。それにDVDの暗号化のCSSは基本の仕様ですしね。
また、CPRMも見直されているので今後TVのコピーはどうなるのでしょうかね。
Posted by しおことパパ at 2006年08月21日 23:44
こんばんは、しおことパパさん。

どうやらそのようで、プロテクトがかかっていないDVDはほとんど皆無のようですね。となると複製を付くこと自体、もう駄目ということになってしまいます。
にしても、そのマニュアルのDVDはいくら複製が出来ても欲しくないですねぇ。(^^;

TVはどうなのでしょうか。
一応、あれも複製は禁止のようですし、許可していても複製回数が決められていてそれ以上は複製ができなくなっているとか。(?_?)
Posted by 白くじら at 2006年08月22日 00:10
この種の法律は、「悪質な違反を取り締まるための手段」という側面が強いと思いますので、よほどブランドの信用やイメージを傷つけたり、権利者の利益にダメージを与えるようなことをしない限り、いきなり個人を訴えたりするようなことは無いと思います。

ただ、思いもよらない所で…みたいな事態が無いとは言えませんので、白くじらさんが仰るように、普段から十分留意しておいた方がいいんでしょうね。

僕は、後で直すのが大変だということを一度経験していることもあって、著作権が切れていない画像の無断使用は避けてます。
本音を言うと、出演者の画像くらいは使わせて欲しい所なんですけどね…(^^;
Posted by はち at 2006年08月22日 20:56
こんにちは、はちさん。

そうですね。
ブログ内でのイメージ使用は、恐らくはよっぽど目に付かない限りは大丈夫だと思いますが、だからといって違反したままというのは嫌いなので、私はいまのままのスタンスを取り続けると思います。
こういうのはモラルの問題でもあって、「みんなもしているから」「たぶん大丈夫」というのは関係なく、自分自身、どう考え行動するかによると思います。

アフイリエイトで各シーンも用意してくれると一番いいのですが、何枚も無いとどこのサイトも同じイメージというのもなんですね。(^^;

出演者のように顔写っているものはさらに難しそうですね。
Posted by 白くじら at 2006年08月22日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。