映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2011年11月12日

インモータルズ 神々の戦い

光と闇の戦いは未来永劫続くのか!
インモータルズ -神々の戦い-(ターセム・シン、ミッキー・ローク出演) [DVD]
2011年(IMMORTALS)製作国:アメリカ
監督:ターセム・シン原作:
製作:ジャンニ・ヌナリ、マーク・キャントン、ライアン・カヴァナー製作総指揮:タッカー・トォーリー、ジェフ・ワックスマン、トミー・タートル、ジェイソン・フェル
脚本:チャールズ・パーラパニデス、ヴラス・パーラパニデス撮影:ブレンダン・ガルヴィン
音楽:トレヴァー・モリスamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
遥か昔、オリンポスの神々と闇の軍団タイタン族との戦いは熾烈を極めたが、勝利を握った神々は敗れたタイタン族をタルタロス山の地底深く幽閉されました。

そして神の存在が神話となろうとしていた頃…イラクリオンの国王ハイペリオン(ミッキー・ローク)が軍団を上げ地上を支配しようと立ち上がりました。
ギリシアの巫女パイドラ(フリーダ・ピント)は、未来を見る能力でハイペリオンが≪エピロスの弓≫を使ってタイタン族を解放しようとしていることを知ります。彼女はすぐさま3人の姉妹巫女とともに姿を隠すのでした。
≪エピロスの弓≫は神話の時代に失われた神の武器であり、この武器だけがタイタン族を解放することができるのです。

海岸沿いの村で老師(ジョン・ハート)の教えの元、暮らしていた農民テセウス(ヘンリー・カヴィル)たちの地へも、イラクリオンの軍団が攻め込みます。第1次の避難の一団に加われなかったテセウスたちは護衛の兵もなく母を殺され、テセウスもまた捕まってしまうのでした。
肉体労働を強いられる捕虜達の中に4人の巫女達も連れ込まれ、テセウスとパイドラは運命的出会いを果たします。
その夜、盗賊スタブロス(スティーヴン・ドーフ)たちと共に脱走した一行は、途中見るに見かねたポセイドン(ケラン・ラッツ)たち神の援護もあって無事故郷へ戻り母の埋葬をするのでした。そしてその霊廟で発見したものとは…しかしそのときあわられるミノタウロス!テセウスは?≪エピロスの弓≫は?そしてハイペリオンの野望は?傍観するゼウスたちオリンポスの神は、テセウスたち人間を見捨てるのでしょうか!

映画レビュー
ちょっとオススメギリシャ神話の英雄の一人であるテセウスを題材にした、光と闇の戦いを描いています。
製作に「300」の人たちが参加しているだけあって、戦闘シーンの凄まじさは手に汗を握ります。人間同士の戦いは迫力はあっても普通の撮り方なんですけど、「300」で観られたスローモーションを使った演出は神との戦いに使い、見せ方を分けていたようですね。特にラストのタイタン族と神々の戦いは超絶アクションだったと思います。
にしてもタイタン族って強いのか弱いのかよく判りませんけど。(^^;
ただどうしてここまで肉弾戦をしているのかわかりません。ポセイドンなんてとんでもない能力を持っているようですし(物語中盤)…こういうツッコミが随所にあるのが困ります。アクションだけ観ていると凄いんですけどねぇ。
ストーリー的には単純なものでしたが人間には少々荷が重すぎたようで、ドラマ的にも普通でした。勇気を振り絞り戦いに望むところなんて、スポーツモノで大差で負けていて後半始まるハーフタイムに監督、もしくはプレイヤーが全員に活を入れるシーンそのものでした。(^^)

テセウスの神話では迷宮にいるミノタウロスが有名ですが、この話の中でもミノタウロスが登場して一対一の戦いを行います。霊廟もちょっと迷宮のように通路が入り組んでいましたし、神話を意識していたのかもしれませんね。
また相手が使った方法で倒すというパターンも、ミノタウロス戦、ハイベリオン戦などで継承していたようです。

ちなみにインモータルズというのは「不死の存在」のことですが…実はこの作品では「不死」と呼ばれる者はいなかったりします。神もタイタン族も神話の時代に相手を殺すことが判ったらしいですし、実際に作中でも死にます。
もしかしたら「光」と「闇」と呼ばれるものこそが「不死」、もしくは未来永劫続くものして存在し続けるのかもしれません。
あのラストシーンのように。

Number675【ここがいい!】
・「ザ・フォール」でも衣装を手がけていた石岡瑛子さんの魅力が展開されています。天界の神々、そして4人の巫女の衣装などは唸らされますね。ちなみに…ハイペリオン王の蟹の鋏頭もそうなんでしょうか。最初見たときには、やられキャラが出てきたのかと思って、吹き出しそうになりました。(^^;
・なにやらテセウスのことを最初から増悪していた人がいましたけど、裏切り者は信用できないというパイペリオンの言葉で顔を傷付けられ、不能者にされるくだりは、いままでの宿敵役のパターンを覆していてよかったですね。死ぬこともなくその後も出てきましたが、役立たずは役立たずでした。それにしてもあの不能にするハンマー…男性なら大恐怖でしょう。っていうか、死ぬんじゃない?あああ、痛い、痛い、痛い。

【ここは問題かな?】
・≪エピロスの弓≫の扱いがちょっと。失われていたにもかかわらずあんなところに。あっさり奪われても取り戻しに行かなかったり。封印といたらもういりませんか?神の武器なのにー。(T T) しかも誰でも使えるんですねコレ。(^^;
・初めて≪エピロスの弓≫を使うシーン。3本まで順次射出、4本目はかなり間を貯めてから射出。なのに到達は同じ、これはいいのか、それともそのように到達するように撃ったテセウスが凄いのか。
・みなさん人間の中でも体格が立派なのですが、「300」のイメージが強くって、どうしても貧弱に見えてしまうのが私の問題なところです。「300」を観直すのではなかったです。(- -)
・ダム要塞の中ですが、脇道があったことにびっくり。これでは防衛隊もなんの役にも…。
・今回観たのは3D吹き替え版でした。声優陣はそこそこよかったのですが、唯一アテナ役の優木まおみさん…折角のシーンなのにアテナが喋るとどうしても気が抜けたように感じられました。抑揚がやっぱり付けられていないんですね。残念です。鑑賞するときには字幕版をオススメします。

【一言いいたいコーナー】
・アクションは凄く映像美に優れているところも多いですが、拷問シーンは凄く戦いは基本
グロです。注意して観ましょう。
・この話ではオリンポスの神々は非常に若い。これは監督が神ならば老いている必要はない。と、今伸び盛りの若者を起用したのこと。確かにその通りですが、若者だと血気盛んとか思慮に欠けるといった雰囲気があったりするのもまた事実ですねぇ。
・ゼウスが何度も言っている人間界への介入の禁止、果ては守らないアレスを一撃の下に殺してしまう怒りぶり。しかし、10年もの長きにわたってテセウスを指導していたのはいいのかな。(- -;
・ゼウス役のルーク・エヴァンスは2010年「タイタンの戦い」でアポロ役をしていた人です。本編ではあまりセリフもありませんが、未公開フィルムではかなり出番がありました。中でもゼウスの玉座に座るところがあったりするのは、今回の配役を考えると面白いところです。
Number675・最後の戦いの場で字幕による説明のあったアポロ(ン)でも次の瞬間死んでしまうなんて…なんともはや残念。(>_<)

コメントありトラックバックです。
晴れたらいいね〜(ちゃぴちゃぴさん)の「インモータルズ -神々の戦い- 3D・字幕
陽面着陸計画(なるはさん)の「『インモータルズ -神々の戦い-』
sailor's tale(starlessさん)の「インモータルズ -神々の戦い-
いやいやえん(makiさん)の「インモータルズ -神々の戦い-
RockingChairで映画鑑賞(YANさん)の「インモータルズ −神々の戦いー

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 19:10| Comment(18) | TrackBack(3) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お帰りなさ〜い、お元気でしたか?
神話というと、わたしはゲーム関係でよく設定や名前を使われているというイメージしかないんですが、最近は映画の題材としてもよく使われてますよね。まだ観た事はありませんが。
もともと、大衆の娯楽みたいな内容ですし、映画にはしやすいのかな。

にしても、不能にするハンマーですか・・・ひぇ〜!!
神様を怒らせると怖いですね(笑)
Posted by 宵乃 at 2011年11月13日 07:15
こんにちは、宵乃さん。
本来ならもっと早かったのですが、トラブル続きで時間がかかってしまいました。
私は元気ですが、休んでするうちに随分寒くなりましたので気をつけましょう。

神話は昔から小説を読んだりして大好きなので、映画もいろいろと観ています。なにげにわがままというか傍若無人な神様が多いのも面白いですね。
最近あった「タイタンの戦い」は勇者ペルセウスとして有名ですし、「マイティ・ソー」は北欧神話ですね。

不能(去勢)ハンマーは恐ろしいですねぇ。(T T)
せめて切って欲しい…っていう問題?(^^;
Posted by 白くじら at 2011年11月13日 12:51
こんばんは〜♪
観てきました、しかも3Dで(笑)
2Dは時間が合わなかったです。でも、字幕の方を選択してよかったようですねぇ。悩んだんだけどね。ふふ
戦闘シーンは、堪能させていただきました。「300」を観たのが、ずいぶん前でよかったわ。私は、すんなり楽しませて貰いました。
最近、一週間に1本くらいしか映画(DVD含む)を観てなかったりしたので、楽しみも倍増かな。グロも美しく(?)みえてしまったもの。
あのハンマーについて書くのを忘れてました!相当痛いんでしょうねぇ??
そうそう弓の扱いも!あの後、神々が使えばよいものを、どうしちゃったんでしょう。????(-"-)????
牛の使い方は、この前TVでやっていたんですよ、観なきゃよかったなぁ。しかし、残酷です。
石岡さんの衣装は、いいですね。色彩は前のよりは、少なかったけれど、効いてました。
Posted by ちゃぴちゃぴ at 2011年11月17日 01:03
こんにちは、ちゃぴちゃぴさん。

3Dでも字幕があったんですね。うらやましい。(^^)
私も戦闘シーンは満足しているんですけど、「300」観たところだったので筋肉がね。(^^; あっちは作られすぎでしたから。

一週間に1本ですか!
お忙しそうですね。私…今は観まくっているかも。1日1.5本くらいです。

弓は…かわいそうなくらい見捨てられてましたねぇ。なんとも。

牛は…日本の馬の拷問かと思っていつ乗せられるんだろうとハラハラしてましたが、蒸し焼きにするとは…恐ろしい話です。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきます。
Posted by 白くじら at 2011年11月17日 17:53
こんばんは!
記事にリンクありがとうございます!!Σ(゜Д゜*)

白くじらさんのレビューも
共感度高くて、そうそう!!と納得です(笑)

>3本まで順次射出、4本目はかなり間を貯めてから射出。
>なのに到達は同じ、これはいいのか、
>それともそのように到達するように撃ったテセウスが凄いのか。

これとか見落としていたので、
そういえば!!と笑いました(笑)
テセウスが凄いってことですよね?
ゼウスがスカウトするくらいの人なんだから。。。

>ダム要塞の中ですが、脇道があったことにびっくり。

これも本当に・・・
映画観ながら「はァ!?」って落胆でした・・・。

私、自分の映画レポで石岡さんのことすっかり書き逸れていたのですが、
>初見たときには、やられキャラが出てきたのかと思って、
>吹き出しそうになりました。

ですよねですよね(*´3`)プププ


白くじらさんのレビュー、
相変わらずまとまっていて、それでいて的を射ていて、
とても参考になりました・・・!!!
そしてたくさん笑わせて頂きました(笑)
また足を運ばせて頂きます♪♪
Posted by なるは at 2011年11月28日 22:46
こんばんは、なるはさん。

これはツッコミどころ満載の作品でしたねぇ。
私もなるはさんの記事では大いに共感するところばかりで楽しませていただきました。こういう風に笑いあえるのも面白いですねぇ、大変真面目な作品だというのに。(^^;

テセウスはきっと凄い人なんですよ。なんたって全農の…って違うって。(- -;

ですねぇ、あの蟹鋏というかバルタンというか…あのデザインはなんともぶっ飛んでいました。あれで一度は挟んでほしかったり。

なるはさんの記事も非常にまとまりがあって読みやすいと思います。
また別の記事でお会いしましょう。
Posted by 白くじら at 2011年11月28日 23:11
こんばんは。

このクラス(失礼!)の映画だと最近は3Dは吹替のみになってしまうことが多いので、今回は2D字幕での鑑賞でした。

3Dはどうしても原理的に画質が落ちる(同じ情報量で左右の絵を入れるわけですから仕方ないですが)ので、このところはIMAXという高解像度仕様の上映以外では、3Dはほとんど観なくなりましたねぇ。
まだIMAXは数が少ないですが、最近どんどん増えているようですから機会があったらぜひ観てみてください。

この映画の最大の欠点は、タイタン族の魅力が乏しかったことでしょうか。
神様同士の壮絶バトルというよりも、なんだかモンスターを退治しているようでした…

Posted by starless at 2011年12月08日 23:00
こんばんは、starlessさん。

私は基本2D鑑賞なんですけど、今回は時間が合わなくって3D吹き替えになりました。3Dはやっぱり疲れます。
なるほど、確かに左右の情報を入れて同じだと荒くなりそうですね。IMAXというのは、どこかに書いてあったりするんですかね。
ちょっと気を付けて見てみます。

タイタン族は大抵モンスター扱いされてましたが、今回は同じ人間タイプでしたね。結局人間相手にタイタン族が暴れる前に神と戦ってしまったために、強さがよくわからなかったのが敗因だったのかもしれませんねぇ。
人体破壊は凄かったですけど。(^^;

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2011年12月09日 01:25
こんばんは。
ちょっとコメントが中途半端でしたね。
IMAXって劇場の規格なのです。IMAXの設備を備えた劇場で、IMAX仕様の映画を観たときだけ、その威力が発揮されるのです。
高解像度のデジタル上映で映写機は常時2台使用しているらしく、画面が非常に明るくかつ高画質なので、画面の近くや3Dで観てもあまり疲れないのです。
音響も部屋に合わせてチューニングされているらしく、普通の部屋にはない巨大なサラウンドスピーカーも設置されていて、とてもクリアな大音響です。

欠点は、劇場の数が少ないことと、IMAX仕様の映画が限られていることでしょうか。料金も高いです。2Dでも2千円。レイトショーなどの割引は一切なしです。

最近はだいぶ数が増えてきているようですが、それでも無い県の方が多いと思います。もしチャンスがあったらぜひ一度いってみてください。
次世代の映画館だなぁ、という感動があると思います。

Posted by starless at 2011年12月09日 19:42
こんばんは、starlessさん。

おお、詳しい説明をありがとうございました。
なるほど、映像だけでなく、劇場そのものも変えないといけないんですね。両方そろって初めてIMAX仕様となるわけでしたか。(^^;

2Dで2000円…むむ。
それはこちらの劇場ではありませんから、残念ながらまだ未導入みたいです。やっぱり大阪とか都会でないとまだ駄目なのかなぁ。
一度は観てみたいですねぇ。
Posted by 白くじら at 2011年12月10日 00:01
こんにちは♪

感嘆の出来の映像美でしたね〜
神々の圧倒的な力のアクションも素晴らしかったです
そのぶんストーリーが弱いのは仕方ないのかもしれませんが、
脚本もきちんと練られていたらもっと面白くなっていたでしょう

てっきり私、神々の戦いに人間が関わるという作品かと
思っていたのですが、違いましたね〜
ギリシャ神話だし、そういった話でも面白いかと思ったのですが
それだとマイティ・ソーの二番煎じになってしまいますね^;

それにしても分断・粉砕、血飛沫とストップ&モーションが
素晴らしく効果的でした!
Posted by maki at 2012年04月14日 10:41
こんにちは、makiさん。

これは映像美重視で人間ドラマがおざなりになったって感じの作品でしたね。
神々のアクションは凄かったですねぇ。

あの戦いは人間にはとても入れないようなレベルでした。(^^;
とはいうものの、スカウトしてましたから神側に行くと能力アップとかされたりして。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきます。
Posted by 白くじら at 2012年04月15日 16:45
こんにちは♪

この作品、やっと最近見ました。
神々の戦いものが流行ってますね〜。
アクションのすごさに圧倒されました。
主演のルーク・エヴァンスは普段の方がかっこいぃ気が・・・。
白くじらさんのレビュー、すごく分かりやすいですね(〃∇〃)
またお邪魔します!!!
Posted by mia☆mia at 2012年05月05日 20:53
こんばんは、mia☆miaさん。

そうですねぇ、「タイタンの逆襲」も始まっていますし、ギリシア神話に原作を求め始めているのかもしれませんね。
でも神話の世界は好きなので、この調子のアクションでいろいろと作ってくれると、とてもうれしいです。(^^)

超常現象が多いので、アクションも半端ないですよね。

mia☆miaさんところも、役者さんに関していろいろと書かれていて、私の苦手部門なので読んでいて勉強になります。
これからもよろしくお願いいたします。
Posted by 白くじら at 2012年05月05日 23:12
白くじらさん、こんにちは!

いろいろ期待し過ぎて、なんだか物足りなさが残った作品でした。
確かにスローモーションを使った戦闘シーンは良かったけど、
そういう面白いシーンが少なかったですよね。

「不死の存在」がタイトルなら、簡単に死んでほしくなかったなあ・・・
ラストシーンのように天空で戦い続ける者達のみがそう呼べるんでしょうか。

そうそう、ハンマーで不能にするの、恐ろしかったです(^^;
あそこでハイペリオンの非情さがよく出てましたね。
「エピロスの弓」の扱いなど、白くじらさんの記事を読んで、
そうだそうだと色々思い出しました。

ところで、白くじらさんとは楽しく映画のお話ができるので、
相互リンクをさせていただいてもいいですか?
よろしくお願い致します。
Posted by YAN at 2012年05月22日 17:40
こんばんは、YANさん。

私も期待していたシーンが少なかったことが残念でした。でも、そういうシーンはやっぱりうまく作られていましたね。

「不死の存在」という意味合いは、ひょっとして「光」と「闇」のこと自体を指しているのではないかなって思ったりもしました。
だって、死にまくってますしねぇ。(^^;

ハンマーで不能にされるのは嫌ですねぇ、痛い、痛い。(>o<)

相互リンクの件、ありがとうございます。こちらこそよろしくお願いいたします。
リンクさせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 白くじら at 2012年05月22日 20:30
白くじらさん、こんにちは!
早速 リンクの設定をしてくださって、ありがとうございます!
確認しました、バッチリOKです★
こちらも、リンク先の欄に掲載させてもらいました。

私の方は細々と更新しているブログですが、
これからもよろしくお願い致します!
Posted by YAN at 2012年05月23日 15:59
こんにちは、YANさん。

相互リンクありがとうございました。
こちらからも確認いたしました。

私も休みつつ続いているブログですけど、お互いマイペースで続けましょう。(^^)
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by 白くじら at 2012年05月23日 16:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

インモータルズ -神々の戦い- 3D・字幕
Excerpt: 映画館だけは、まぁまぁのペースで行ってるなぁ…。レディースデーを踏まえてさ、用事にかこつけて行ってきました。2Dでよかったんだけど、時間が合わなかった。なんか損?(笑) ...
Weblog: 晴れたらいいね〜
Tracked: 2011-11-17 00:10

インモータルズ -神々の戦い-
Excerpt: Bloodbath In Paradise
Weblog: sailor's tale
Tracked: 2011-12-08 23:01

インモータルズ -神々の戦い-
Excerpt: ギリシャ神話の世界観で人間を絡めて光と闇の戦いを描いた作品。 思っていたような「神々の戦い」的ストーリーではないにしろ、とにかく映像力は半端ない。素晴らしい映像美には感嘆。 巫女オラクル(..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2012-04-14 10:28
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。