映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2011年11月18日

シルバラード

4人の怒りが、今、爆発する!
シルバラード [DVD]
1985年(Silverado)製作国:アメリカ
監督:ローレンス・カスダン原作:
製作:ローレンス・カスダン、マーク・カスダン製作総指揮:
脚本:ローレンス・カスダン撮影:ジョン・ベイリー
音楽:ブルース・ブロートンamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある事件の罪で投獄されていたエメット(スコット・グレン)は、謎の襲撃にあいながらもターリーの町へと向かっていました。そこにいる弟のジェイク(ケヴィン・コスナー)と共に姉一家の住むシルバラードへと向かうためでした。
途中、追剥にあって下着姿のペイドン(ケヴィン・クライン)助け、2人はようやくターリーの町へ。
その町でペイドンは、かつて仲間だったコッブ(ブライアン・デネヒー)と出会いますがそれを断ります。2人は酒場に向かい、丁度そこで黒人客とのトラブルを目撃します。黒人を目の敵にしている男たちと酒場の主人でしたが、エメットたちの証言で黒人は助かります。しかしその場に来た保安官にジェイクが明日の朝絞首刑になると告げられます。彼は酒場で女に手をだし正当防衛でありながらもつかまっていたのです。
2人は牢屋破りを敢行、ジェイクを連れ逃げ出します。当然のごとく彼らを追ってきた保安官。しかし追手は酒場で救った黒人マル(ダニー・グローヴァー)のライフルに助けられます。

こうして4人は意気投合し、シルバラードへと向ったのですが、その町は牧場主マッケンドリック(レイ・ベイカー)に牛耳られており、彼らは数奇に運命に翻弄されていくのでした。

映画レビュー
ちょっとオススメ西部劇のお手本のような作品です。
追剥、酒場での乱闘、脱獄、追撃、牛追い、復讐、キャラバン、銃撃戦、一騎打ちとあらゆるシチュエーションが詰めこまれていて、それがまたうまく昇華されていると思います。
悪人はあくまでも悪く、因縁の相手はきちんとその対象の主人公側がケリをつけてくれるので、観ていてストレスが貯まることはありません。ただ、ラストに向けて悲惨な事件がいろいろと起ってくるのは仕方がありませんが、本当によくここまで悪いことをするものだと思います。その分ラストは4人が帳尻を合わせてくれます。
4人が主人公というところでも、4人の個性がはっきり分かれていて、お互い意見が合わないところもあれば、逆にお互いがカバーするといった、いいチームだったように思えます。

全編を通して、友情そして信頼を描いた作品でしょう。
おかしな話ですが、悪人にも信頼はあるんですよね。もちろんそれは悪に染まったとしても人間だれしも友人はほしいということでしょうか。コップとペイドンは奇妙な信頼関係が感じさせつつも悪と善に分かれ、決着をつけなければならなくなります。

Number680【ここがいい!】
・ペイドンが1つずつ自分の物を取り戻す経緯がいいです。
・4人とも凄腕ですが、必ずしも無敵ではないところがいいですね。銃の腕はよくとも、馬の上ではやはり銃の腕は狂いますし、複数相手では危険にもなります。
・怪我はしても生き残った人がまだ多かったのはよかったです。ただ、マルの父はあまりにも悲惨。

【ここは問題かな?】
・そこは当ててよ。と思える箇所でよくミスしてました。(^^;
・盗賊のくだりがあの1シーンだけで、まだ生きていたのに引っ張らないのはちょっともったいなかったような。
・二挺拳銃のジェイクの出番が残念ながら少ないです。(>_<) ただ2挺使うのは相当難しく若いジェイクがあまり出ると変かな。とにかく若いケビン・コスナーでした。(^^)

【一言いいたいコーナー】
Number680・ジェイクがつかまった時に、姉夫婦の息子がジェイクは「崖から落ちて死んだ」と言いますが、襲撃をされた姉の家は町の近くで崖などどこにもなかったはずなのですが…子供が嘘をつくはずはありませんしねぇ。

コメントありトラックバックです。
忘却エンドロール(宵乃さん)の「映画「シルバラード」観ました

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 23:55| Comment(2) | TrackBack(1) | 西部劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
これ面白かったです。顔が覚えられなくてわかってないところも多いですが、隅々まで西部劇って感じでしたよね!
男の友情、サイコーです。

>そこは当ててよ。と思える箇所でよくミスしてました。(^^;

そうでしたっけ!
いいところしか見てなかったかも(笑)
Posted by 宵乃 at 2011年11月19日 10:48
こんにちは、宵乃さん。

盛りだくさんの内容でしたが、うまくまとめられていたように感じました。
西部劇を観る上において、いいリハビリ作品かも知れません。(^^;

練習しているときには百発百中なんですけど、銃撃戦になるとちょっと…実際でも本番だと難しいですし、ある意味リアルなのかも。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきます。
Posted by 白くじら at 2011年11月19日 12:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

映画「シルバラード」観ました
Excerpt: 製作:アメリカ’85 原題:SILVERADO 監督:ローレンス・カスダン ジャンル:★西部劇故郷シルバラードへ帰ろうとしていたエメット。その道すがら、砂漠で身包み剥がされたペイドンや、縛り..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2011-11-19 10:38
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。