映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年01月09日

パニック・スカイ

人は自分で自分を作る。
パニック・スカイ [DVD]
2010年(ALTITUDE)製作国:カナダ
監督:カーレ・アンドリュース原作:
製作:製作総指揮:ロブ・メリリース、デイヴ・ヴァロー、ゲイリー・ハミルトン、マイク・ガブラウィ
脚本:ポール・A・バーケット撮影:
音楽:ジェフ・ティモシュクamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
…ティラー家の飛行機が着陸態勢に入った時に雲の中から現れた何かによって大破、パイロットとテイラー家の両親が死に、息子だけが奇跡的に助かりました。

10年後…飛行機事故で母を失ったサラ(ジェシカ・ロウンデス)は、母が空で亡くなったことを信じられず、自分自身がパイロットになって探そうと考えていました。
今日はコンサートへ行くため、コリーとサル、サルの恋人のメル、そしてサラの恋人であるブルースと飛行機で飛び立ちました。目的地グリーンレイクへは90分の空の旅でした。
酒におぼれるサルは、飛行機が怖いブルースをからかったり…ふざけあっていました。

しかし高度1700Kmで飛行中のYZX機は、整備不良のためエレベータが動かなくなり上昇を続け始めます。暗雲に飛び込んだYZX機は視界もなくなり機内はパニック状態。機内からエレベータの修理ができない中コリーは、外部から振動でエレベータを動かそうとするのでしたが、その時サルは暗黒の中に触手のようなものを見るのでした!

映画レビュー
まぁまぁB級には違いありませんが、意外と丁寧に作られており、登場人物たちもそう悪くありません。プロローグの事故からおおっと思わせてくれました。
ただ序盤から事件が起こるまでが結構ダラダラとしているのが残念でした。
飛行中の飛行機の外に出て修理っていうの普通ありえませんけど、ここのシーンはなにげによく、特に体に巻きつくロープからの脱出などは一瞬体が真っ二つになるかのよう…ほとんどアクションスターのように切る思い切りの良さもサルらしい。

ブルースの能力には途中気付きますが、これってタイムスリップモノでは無いようなので、ひょっとしたら全て夢オチにしたというストーリーなのでしょうか。
なかなか変わってて面白かったですけど、モンスター映画と思って観ると「かなり」拍子抜けかもしれません。

Number718【ここがいい!】
・やっぱりとんでもない修理シーンでしょうか。
・空に登場する触手が画期的かも。まるでクトゥ○フかのようですが…惜しむらくはモンスター映画ではないところか。
・美女のキスが役に立たないという…それにしてもブルースくん、あまりにもネガティブな性格です。(^^;

【ここは問題かな?】
・あれだけ大きい触手だと、中の人間をさらう、イコール、簡単に飛行機破壊されると思います。が!これはあくまでもブルースくんの問題なので、いいのかもしれません!
・免許取り立ては分かりますけど、後で「あっ」と何度もミスを暴露するのは辞めてほしい。

【一言いいたいコーナー】
Number718注:この作品ではジャケ写のように自由の女神に巻きつく触手は出てきません。

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 23:30| Comment(4) | TrackBack(0) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんていうか変わった内容の映画でしたね〜。
モンスター映画と騙されて借りた作品ですが…

恐怖が具現化する友人なんて絶対一緒に居たくないタイプです(笑)
ラストもタイムパラドックスみたいな終わり方でちょっと
すっきりしませんが雰囲気はありましたね〜。
Posted by shimaneman at 2012年01月11日 11:17
こんばんは、shimanemanさん。

私もモンスター映画かと思っていて。
ああいう設定ならば、触手のモンスターだけでなくもっといろいろなものも出してもよかったと思うのですが…やっぱり予算の問題かな。
そう、タイムパラドックスなので、ひょっとしたら壮大な妄想をあの瞬間に観ていたのではないかと。(^^;
Posted by 白くじら at 2012年01月11日 19:33
YZX機な
ラダーじゃなくエレベータが動かなくなる・・な
まぁクソつまらなすぎて、何もかもうろ覚えなのはしょうがないが・・・
Posted by つあ坊 at 2012年02月04日 20:34
こんばんは、はじめまして、つあ坊さん。

おお、申し訳ありません。
メモを見直してみたらYZXって書いてあるにも関わらず間違っていました。
ラダーとエレベータはごっちゃになってました。(_ _)
ありがとうございました。修正しておきます。

まぁ、なんというか前半のダラダラ感と、若者の考え方や、とんでも能力といろいろと問題の多い作品ではありましたねぇ。
Posted by 白くじら at 2012年02月04日 21:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム