映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年01月12日

ミステリアス・アイランド1 巨大生物の島

地図に載っていないが、なぜか何度も訪れることができる島。
ミステリアス・アイランド [DVD]
2005年(Mysterious Island)製作国:アメリカ
監督:ラッセル・マルケイ原作:ジュール・ヴェルヌ『神秘の島』
製作:ラッセル・D・マーコウィッツ 製作総指揮:ロバート・ハルミ・Jr、ラリー・レヴィンソン
脚本:撮影:
音楽:ロジャー・ベロンamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1863年、南北戦争最中…ヴァージニア州の捕虜収容所で捕虜となっていた北軍のサイラス大尉(カイル・マクラクラン)、ネブ、ペンクロフ、看護師のジェーン、その娘ヘレンらは偵察用の気球を奪って脱出します。しかし気球の損傷から降下し、どこともわからない島が見えたときに落下してしまいます。
サイラスを除く全員は海岸に打ち上げられましたが彼だけは見当たりません。やむなく辺りの捜索をする一行でしたが、巨大なカマキリやネズミに襲われ、メンバーの一人が喰われてしまいます。

一方、サイラスはある屋敷で目覚めていました。
屋敷にいたのはネモ船長(パトリック・スチュワート)と執事のジョセフでした。サイラスは仲間を助けてくれるようネモに申し出るのでしたが…。

映画レビュー
とほっ…ジュール・ヴェルヌの『神秘の島』の映画化としては「SF巨大生物の島」が有名でしょう。しかし今回のリメイクはTVとして作られ、しかも2部構成…はい、しっかりラストで「続く」になってしまって、気が付かなかった私は「えっ?」となったのでした。
かなりレベルの低い作品ではありましたけど、続きも気になるので借りてきました。

1961年版では特撮をレイ・ハリーハウゼンが手がけていて、今観てもその特撮はやっぱり面白い。2005年版では特撮はCG…しかしレベルが低すぎて情けなくなってしまいます。
チープであってもせめて複数出すとか…どれもこれも1体だもんねぇ。
カイル・マクラクランパトリック・スチュワートもよくこういう作品に出演しましたねぇ、と思います。
ストーリーの矛盾点、CGの酷さに、改めて「SF巨大生物の島」が好きになりました。(^^)

Number720【ここがいい!】
・単体ですが、まだいろいろと巨大生物が出てくるのは楽しめるかもしれません。基本的にこういう遭難や不思議島は好きですしね。
・ペンクロフも前作の特徴のない人間に比べるとお金に汚くいいかも。

【ここは問題かな?】
・この島には巨大生物のほかに「イザベラの黄金」という財宝が隠されていて、それを狙って海賊たちが何度も島に上陸していましたが、しっかり巨大生物に殺されていました。それにしても、冒頭で地図に載っていない島…と紹介されているというのに、海賊来まくりです。(^^;
・巨大化はトリウムという鉱物の仕業で、特にネモ館長の仕業ではなさそうです。これは植物などにも影響を与えるので島中の動植物が大きくなりそうですけど、そういうのはないんですよね。ネズミよりカマキリの方が格段に成長しているのもなぜなんだろう。ちなみに1961年版は食糧難のために食材として巨大化させていたので、巨大化するものはある程度選択されていたようです。しかも美味しい。今回の船長は実に好戦的です。

【一言いいたいコーナー】
Number720・ネモ船長役のパトリック・スチュワートはTV版「モビー・ディック」でも船長役です。(^^)

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


ラベル:映画 DVD SF 巨大生物
posted by 白くじら at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。