映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年10月01日

スーパーマン・リターンズ

史上最強の男が地球に放つ、史上最高のエイターテイメント

スーパーマン リターンズ2006年(SUPERMAN RETURNS)
製作国:アメリカ
監督:ブライアン・シンガー
製作:ブライアン・シンガー、ジョン・ピーターズ、ギルバート・アドラー
製作総指揮:クリス・リー、トマス・タル、スコット・メドニック
脚本:マイケル・ドアティー、ダン・ハリス
撮影:ニュートン・トマス・シーゲル、ASC

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
スーパーマンが地球から姿を消してから5年…彼は惑星クリプトンの破片を元に故郷を探す旅を続けていたのです。
その旅は徒労に終わり、彼は地球に帰って来ました。

彼がいない5年…犯罪件数は飛躍的に伸び、宿敵レックス・ルーサー(ケビン・スペイシー)もまた、証言台に上がるスーパーマンがいないために刑務所から出てきていました。
しかも彼は勝手知ったるスーパーマンの家に侵入し、クリスタルの秘密とクリスタルそのものをも盗み出してしまうのでした。

一方、久しぶりにデイリー・プラネットに顔を出したスーパーマンことクラーク・ケント(ブランドン・ラウス)は、恋人ロイス・レイン(ケイト・ボスワース)に婚約者がおり、子供までいることに愕然とするのでした。
さらに彼に追い討ちをかけたのが、彼女がピュリッツァー賞を受賞したという著書のタイトルでした。

『なぜスーパーマンは必要ないのか?』

時を同じくして秘密基地でクリスタルの実験を行っていたレックスたちは、その影響でニューヨーク中の電気関係を停止させてしまいます。
ちょうどシャトルの取材に、離陸用の飛行機に乗り込んでいたロイスは、シャトルの噴射装置の異常にから飛行機と共に落下!彼女の危機を知ったクラークは、すぐさまスーパーマンに変身すると、飛行機の落下を阻止するために飛ぶのでした。
こうして再びスーパーマンは人類の前にその姿を現しました。
しかし…レックスは実験の結果から次の野望へと計画を進めていくのでした。

関連リンク
1978年「スーパーマン
1981年「スーパーマン2 冒険篇
1983年「スーパーマン3 電子の要塞
1987年「スーパーマン4 最強の敵
1984年「スーパーガール
2006年「スーパーマン・リターンズ

映画レビュー
オススメスーパーマンが最後に銀幕に登場したのは1987年の「スーパーマン4 最強の敵」…実に19年にも及ぶ月日のすえについに復活です。
まず評価すべきは、リメイク品がひしめく昨今にあって、スーパーマンの名を付けつつも、完全に続編として作られていたことでしょう。
ただ残念なことに「スーパーマン2 冒険篇」の5年後の設定です。しかも今回の展開では「スーパーマン3 電子の要塞」「スーパーマン4 最強の敵」で展開されたことは無視されたと言っても過言ではないでしょう。
でも3、4でかなり女性に対してだらしなくなっていたスーパーマンなので、そういう過去(未来?)は抹消していたほうがいいかも知れませんね。(^^;

さて実際に観ていると映像美の美しさはさすがに抜群で、現在最高の出来でした。
特に序盤の飛行機を助けるシーンなどは、途中で翼がもげて飛んでくるなどのスパイスもありつつのアクションで、手に汗握ります。やってくれますねぇ。
また感動的になるシーンとしては、序盤の育ての親マーサとの久しぶりの対面。しかも登場シーンが以前自分が落ちてきたのと同じく隕石型の宇宙船での帰還で、スーパーマンにしてもマーサ、そして観ている私たちにとっても昔のことが思い起こされるシーンでした。
いいシーンなのですが、スーパーマン、その宇宙船どうして手に入れたのって思いはチラチラしましたけど、故郷が遠かったので自分で飛ぶよりも北極で作ったのでしょうかねぇ、それとも昔のに乗れたのかな。
また、昔のようにロイスと夜空を飛ぶシーン、少しカバー(?)されていましたが、あのときの音楽もバックで流れましたし…アクションばかりでなく、こういうシーンも入っているところが好きなところです。
人間関係に関しては微妙で悪い人がいないので、クラークも大変だったことでしょう。相手の男性も恋敵がスーパーマンとなると…でその心情よく判ります。
5年間の不在ということもスーパーマンに精神的なダメージを与えていたようです。弾丸を弾き飛ばすほどの身体を持ちながらも、心は人間と同じ、いえ、たった一人のクリプトン人だからこそのナイーブさも持ち合わせていたのでしょう。この孤独感は故郷の地でマーサに会うことで癒されつつも、メトロポリスではロイスの新しい恋人に子供、そしてあの本…スーパーマンの孤独さが随所に表されていました。

問題のストーリーに関しては、2作目までを観ていないと判りにくい描写が多かったかも知れません。
こういう手の演出は最近では「パイレーツ・オブ・カリビアン2 デッドマンズ・チェスト」でもありましたが、ちょっとした言葉や仕草が前作を前提に来ているもので、観ていないとさっぱりニヤリとできません。
この作品でもそういうシーンは多く「…これで飛行機に乗るのが嫌いに…」「アディスアベバの隕石」などファンならともかく、リターンズから入ってきた人には何のことやらでしょうか。しかも隕石に関してはほとんど説明もなし!さらにレックスがスーパーマンの家を知っているくだり、また、もっとも大事な「あのときの○○だったのかー」など判ろうはずもありません。
これは2作目までをきちんと観てから臨まなければ駄目で、20年以上も前の作品からの続編とは思えないほど不親切だったのではないかと思います。
とはいえ、知っているとそこかしこでニヤリとしたり、驚いたりするシーンは多く、面白かったんですけどね。(^^;

今回の敵はレックス・ルーサー。宿敵ですが、今回の彼の行動はかなり行き当たりばったりで、クリスタルのことをいろいろと調べていたにしてはチョットお粗末。
普通は手下がドジで驚くことは多いのですが、自分の行為に対して驚くのはちょっと彼の役目ではなさそう。
でも親父さんの言いつけを守って、今回も不動産で儲けようとしているあたりは立派です(1作目と同じ理由付けですね)。
それにしてもちょっと残酷描写ありでしたね。珍しいかも。
ただ…ラストはいつものレックスだったのでホッとしました。

今までのシリーズを観てきた私としてもブランドン・ラウスのスーパーマンは、なかなかのハマリ役になったと思います。
その後ろにクリストファー・リーヴの姿は見え隠れするにしても、彼の活躍をこれから見守って行きたいと思います。

【一言いいたいコーナー】
・ロイス…あれだけ飛行機の中でシェイクされながら傷一つないとは…あそこはギャグシーンとして観ていいでしょうか。
・スーパーマンが怪力なことは有名です。4ではこともあろうに月まで動かしていました。今回も飛行機、車、果ては島(?)まで動かしていましたが、常に力いっぱい頑張っています。ちょっと変?これだと車くらい「ひょい」なはずなんですけどねぇ。
・横から見たとき、ものすごく太っているような気がしました。特に車のシーン…まるでハルク…。
Number224・スーパーマンの今後が非常に気になります。それと○○も。
・今回のスーパーマン…どの程度がCGだったのかな。どうにもほとんどCGに見えてしょうがないです。(- -;
・オープニング、そしてラストのスタッフロールも以前を踏襲しつつも豪華になっていたのがうれしい。残念な1点はラストで地球の上空を飛行するスーパーマンが、こちらに気付くことなく飛んでいってしまった点でした。やっぱりこちらに気付いてニコッとして欲しかったです。
・眼のシーン…やりすぎ?
・コミックでも能力を失い、しばらく一般人として生活したクラークもついに帰還(復活)したとか。

TRACKBACK
sailor's tale(starlessさん)の「スーパーマン リターンズ
小部屋日記(アイマックさん)の「スーパーマン リターンズ
caramelの映画日記(caramelさん)の「スーパーマン リターンズ
晴れたらいいね〜(ちゃぴちゃぴさん)の「スーパーマン リターンズ
爆走特急 MovieFreak号が行く!!(shit_headさん)の「スーパーマンが帰ってきました!「スーパーマン・リターンズ」
 


posted by 白くじら at 14:05| Comment(16) | TrackBack(5) | ヒーロー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜

>・今回のスーパーマン…どの程度がCGだったのかな。どうにもほとんどCGに見えてしょうがないです。(- -;

第一、顔が、CGにみえるんですよぉ。整いすぎですかねぇ。
映画館で、さんざん迷って、DVDスルーにした作品でした。観た方が、よかったかな?3と4は観てないし。
Posted by ちゃぴちゃぴ at 2006年10月01日 15:18
こんにちは、ちゃぴちゃぴさん。

そうですよね。
CM観ていたときからそうなんですけど、顔がどうしてもCGに…なんだか妙にきれいなんですよね。それにタイツ姿も綺麗なのでCGでもOKそうですし。(^^;

3、4は観なくてもいいですよ。
あれを観ると、今回の最大のポイントの事件(?)と全然整合性がとれなくなると思います。
Posted by 白くじら at 2006年10月01日 15:36
TBありがとうございました。

>目のシーン

もともとスーパーマンにはあまり興味がなかった(というより見たことがなかった)のですが、予告編で見た「目のシーン」で急に観に行きたくなりました。

「スーパーマンってあんなに強いんだ!」って。

ということで、やりすぎも実は効果的?
Posted by starless at 2006年10月01日 20:49
こんばんは、starlessさん。

私もやりすぎとは思いながらも、あのシーンが気になって観たかったことは事実ですね。(^^;
しかもあれって微妙に弾力があっての効果なんですよね。
恐るべし身体です。

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2006年10月01日 21:31
はじめまして。
TB&コメントありがとうございました。

完全な続編ということに、実際に観てから気づいたので観た後で「これなら前作をちゃんと観ておけば良かった」と思いました。

また遊びに来ます。
Posted by caramel at 2006年10月01日 22:26
こんばんは♪
TB、コメントありがとうございました!

パート3、4ではスーパーマンは女性にだらしなくなっていたのですか!!!
うーむ。
私の誠実なスーパーマン像が壊れていく・・・・
ほんと、最近は続編が多いのでなにかと困りますが^^;
パート1を復習していったので、わかりやすかったですね。

でもスーパーマンは5年の間、旅してたということですが
何してたんだろうね。
そうそう、ラスト、こちらに向かってニコッとしてほしかったです〜

Posted by アイマック at 2006年10月01日 22:51
こんばんは、caramelさん。

私も最初は2の時代の5年後とは聞いていたのですが、1と2の人間関係だけでなく、言い回しや、ある出来事が伏線になっていたりと、復習しておいてよかったと思いました。
最近の続編は侮れませんね。(^^;

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2006年10月01日 23:28
こんばんは、アイマックさん。

そうなんです。
2の時にロイスにキスすることで全てをないことに出来ることを知ったスーパーマンはとんでもない行動に。(- -;
まぁ3、4と続けるのにロイスだけでは、ワンパターンになると思ったのか別の女性を出したのかも知れませんね。
今回のようオチがあると、こういうことはさすがにしないでしょうから、3、4は闇に葬られてしまうのかも。(^^;

クリプトンまではかなり遠いので、宇宙船の中でもんもんとロイスのことを考えていたのでしょうか。
言っておけばよかった…とか。

そう、最後は笑って欲しかったです。
そのまま行くんだもんねぇ。(T T)
Posted by 白くじら at 2006年10月01日 23:32
ぼくも観ました、コレ。
オープニングのシャトル→スタジアムのシークエンスはオォーッと思いました。
映画的な高揚感も抜群でしたよ。
ただ後はなんかピリッとしなくて、なにしろ複雑なストーリーじゃないのに長すぎて長すぎて。

あと目のシーンは同感です。
そこまでやるかいって感じでしたよね。
Posted by 5011 at 2006年10月02日 21:54
おはようございます、5011さん。

ホント、あの序盤の盛り上げ方はよかったですね。
復活シーンとしては最高でした。
私は長さ的にはそれほど問題にはならなく楽しめたのですが、アクションシーンとしては、あそこが一番凄かったのかも知れませんねぇ。

眼は…まぁ。(^^;
びっくりしましたけどね。
Posted by 白くじら at 2006年10月03日 07:46
予想より、はるかに面白かったですね。
こりゃ、劇場で観た方が面白かったかな?
リーブのシリーズ記事も、もう一度読ませていただきました。
記憶というのは、不確かです。こういう話だっけ?って思ったり( ̄ー ̄; ヒヤリ
ラストのニコリがなかったですね。エンドロール終わるまで、賢く待ってましたよ(笑)DVDだと早送りしちゃうことも多いんですけどね。
Posted by ちゃぴちゃぴ at 2006年12月25日 11:45
こんばんは、ちゃぴちゃぴさん。

やっぱりハデでしたし、こういうタイプは劇場がいいですよね。
それにしても実際には2からなので…20年以上も前の作品の続きにもかかわらず、そのときのネタが結構あるので、復習は必須でしたね。
同じものとしてはパイレーツ、今度3を観るときには1、2を観直さなければ。

ラストのニコッは欲しかったところです。
無視するなー…とかチラリと思ったりしてしまいました。(^^;
Posted by 白くじら at 2006年12月25日 23:39
shit_headです。

視覚効果はすばらしかったですねぇ。特に、冒頭の旅客機墜落を食い止めようとするアクションシークエンスは白眉でした。

やっぱり映画館行けばよかったかなぁ。悔やまれる。

これ2時間半もあったんですねぇ。そんなに長さは感じなかったんですけど。
Posted by shit_head at 2007年01月03日 16:29
こんばんは、shit_headさん。

そう、CGによる特撮関係はよかったですねぇ。
私もあの飛行機事故の演出には驚き、手に汗を握ってしまいました。ぎゅー。

やっぱりこういうハデなアクション系は劇場向けですね。
次回作があったらやっぱり劇場へ走らないと。

時間的なものは私も気になりませんでした。(^^; 全然おっけーです。

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2007年01月04日 00:27
テレビ放映で初めて見ました。4作目は見ていないのですが、スーパーマンとロイスはいつの間にそういう仲になっていたのでしょう。まさかジュニアの登場とは、唖然としてしまいました。
スーパーマンも普通の男だったのですね。なんだか次回作も見てみたくなりました。そんな情報はありますか?
Posted by みっちゃん at 2008年11月10日 16:52
こんばんは、みっちゃんさん。

おそらくロイスとの関係は2作目だと思います。
正体がバレ、スーパーマンの隠れ家での一時のときではないでしょうか。映画だけのストーリーからだとこのときだけかと、あとは、のらりくらりとはぐらかせていますからね。(^^)
まだ次回作というのは耳にしていませんが、ヒットしましたし、出来るといいと私も思っています。
Posted by 白くじら at 2008年11月16日 18:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

スーパーマン リターンズ
Excerpt: 19年ぶりに現れたアメコミの王様、新シリーズ開幕。
Weblog: sailor's tale
Tracked: 2006-10-01 20:24

スーパーマン リターンズ
Excerpt: 【鑑賞】試写会 【日本公開】2006年8月19日 【製作年/製作国】2006/アメリカ 【監督】ブライアン・シンガー 【出演】ブランドン・ラウス/ケヴィン・スペイシー/ケイト・ボスワース/ジェ..
Weblog: caramelの映画日記
Tracked: 2006-10-01 22:24

スーパーマン リターンズ
Excerpt: Superman Returns(2006/アメリカ)【劇場公開】 ぜひ劇場で観ることをおすすめします。 同じ2時間半の「パイレーツ・・・」の時は中だるみしたけど、今回はあっというまでした。 地球..
Weblog: 小部屋日記
Tracked: 2006-10-01 22:42

スーパーマン リターンズ
Excerpt: イブの夜、みんな楽しんでるかなぁ?私は、ヒーローものでイブっさぁ。スーパーマン リターンズ キャスト: ブランドン・ラウス、ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース、ジェイムズ・マーズ..
Weblog: 晴れたらいいね〜
Tracked: 2006-12-25 11:46

スーパーマンが帰ってきました! 「スーパーマン・リターンズ」
Excerpt: いやぁ、めでたい! shit_head復帰後第一弾映画レビューです! 楽しみにしていた「スーパーマン・リターンズ」を観ましたよ。 評判も良かったので期待してました。 そして、評判どおりなかな..
Weblog: 爆走特急 MovieFreak号が行く!! 
Tracked: 2007-01-03 16:29
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。