映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年02月13日

地球外生物の弱点とは…。

範囲広すぎるって。(^^;

なんといってもエイリアン系は生態が特殊なため、一概にこれが弱点というものは特定できません。
ただ地球に攻め込んでくる特に圧倒的な地球外生物の場合、その強力さゆえから微生物に倒される映画が多いようです。

もちろん代表作は1953年「宇宙戦争」ですね。
初めて観たときや、小説を読んだときには結構衝撃的でした。リメイク版である2005年「宇宙戦争」でラストをひた隠しにしながら同じだったので別の意味で衝撃を受けました。(^^;
オマージュ作品として知られる1996年「インデペンデンス・デイ」はウィルスはウィルスでも、現代風になっていたところが面白かったですね。

「人類SOS」の場合などは海水でしたっけ。
どうにもならないほど強い敵の場合、自然の力で倒れていく場合もあります。ただ自然の力は素晴らしいと思いますが、ちょっと拍子抜けしてしまうことも多いでしょうねぇ。

地球外生物というのは、新しいジャンルとしてはまだまだ開拓できるモンスター領域だと思いますが、その姿、特性は地球人の演出家にかかっているのです。(^^)

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 23:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
これです、これw以前予想してたのはw
確かに意外と脆いところがありますね。
人間に変身するヤツや人間の体内で成長するヤツ、
人間の脳味噌を獲るヤツ等、バリエーションが豊富ですね。
生物単体として最強なのは、『クローバー・フィールド』のモンスターではないでしょうか。
あれだけの攻撃を受けて無傷なので、弱点は無いと思います。

Posted by りとら at 2012年02月14日 22:33
こんばんは、りとらさん。

おお、こっちでしたか!
こればっかりはあまりに多くの種類がいて、種毎に弱点を書きだすと終わらないような気がします。(^^;

「ヒドゥン」は面白かったですねぇ。寄生するタイプとしては「シーバース」が結構怖かったです。いまやカルト作品の1つですね。

「クローバー・フィールド」はそう言えばまだ観たことがないんですよ。
映像が見にくいって言っていたのでスルーしてましたけど、最強生物というのを聞いて、やっぱり観なければ!と。
Posted by 白くじら at 2012年02月14日 23:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。