映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年10月10日

アザーズ

必ずドアを閉めてから、次のドアを開けること。

アザーズ2001年(THE OTHERS)
製作国:アメリカ、スペイン、フランス
監督:アレハンドロ・アメナバール
製作:フェルナンド・ボヴァイラ、ホセ・ルイス・クエルダ、サンミン・パーク
製作総指揮:トム・クルーズ、ポーラ・ワグナー、ボブ・ワインスタイン、ハーヴィー・ワインスタイン、リック・シュワルツ
脚本:アレハンドロ・アメナバール
撮影:ハヴィエル・アギレサロベ
音楽:アレハンドロ・アメナバール

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1945年、チャネル諸島、シャージー島、霧に包まれカモメもなかない広い古屋敷で物語は始まります。
屋敷に住んでいたのは女主人のグレース(ニコール・キッドマン)と光アレルギーでランプ程度の明かり以上の光を浴びることのできない2人の子供、姉のアン(アラキナ・マン)と弟のニコラス(ジェームズ・ベントレー)でした。父親は戦争に行き未だ戻っていませんでした。おそらくは…。

そんなある日、使用人として3人の人物ミセス・ミルズ(フィオヌラ・フラナガン)、庭師のE・タトル(エリック・サイクス)、そして喋ることのできない娘リディア(エレーン・キャシディ)が訪れました。
前の使用人がいなくなり、新たに雇うために新聞に募集を載せようとしていたグレースは、この3人に少々驚きながらも雇うことにしました。
屋敷には50枚のドアと15個の鍵がありました。
グレースは彼女たちに光を呼びこまないようにドアは必ず閉め、カーテンもしめるように教えます。

やがて子供たちの部屋から泣き声や、上の階で物音や話し声が聞こえるようになります。アンはビクターという男の子と出会ったといい、それは次第に回数が増えて行くのでした。
グレースは何者も見ることはできませんでしたが、屋敷の中には明らかに誰かがいると怯え始めます。
そして屋敷の古い書物を見ていた彼女は、使用人3人が半世紀以上も前に死んだ人間であることに気づきます。しかしその3人は逆に屋敷の中にいる「彼ら」との共存を考えるべきだと伝えます。
わけが判らなくなりつつも、子供たちの悲鳴に階上に上がるグレースの見たものは…。

映画レビュー
オススメここでは書きませんが、この映画はある映画や漫画などでも見ることのあるオチと同じなのです。しかしこのあまりの悲惨さ(別にホラーでグロいというわけではありません)は、ほかの作品を圧倒しかわいそうでした。
またこのオチが作品全体にもかかっているために、一度観たあと、もう一度観ることによって新たな発見があるでしょう。

Number233子供たちが話していた4つ冥界のいずれにも属さないことが、この作品に重さをもたらしていました。
全編のほとんどが屋敷の中で、しかも光アレルギーということでカーテンが閉められ、ランプの明かりだけというシーンが多いためかなり映像的にも暗くなっています。
でもそれよりも怖かったのはカーテンが開かれたときです。明るくなる屋敷でしたが、逆に明るくなることによって恐怖を演出してきたのは、特筆すべき点ではないでしょうか。

トラックバック(コメント)
七月のうさぎ(小夏さん)の「アザーズ (2001年、米)
晴れたらいいね〜(ちゃぴちゃぴさん)の「アザーズ(ネタバレ!!)
子育て 時々 映画(マミイさん)の「設定が怖い

コメントなしトラックバック
ホラー映画って呪怨が怖いの?さんの「アザーズって怖いの?
映画、言いたい放題!さんの「アザーズ
 


ラベル:映画 DVD オカルト
posted by 白くじら at 23:20| Comment(8) | TrackBack(3) | オカルト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは〜。
これ映画館で観たんですが、子どもを抱えて、不安な時代なので、切なくて、泣いてしまいました。(約1名)
この手のオチを使った中では、必然性があって、良かったと思いますけど、「オープン・ユア・アイズ」の方が、やっぱり面白かったです。
Posted by curious mama at 2006年10月11日 08:30
こんばんは、curious mamaさん。

確かに子供にとってはかなりの悲劇的内容でしたからねぇ。
この場所は終戦までナチスに占領されていたはずなので、かなりつらいことがあったことでしょう。
女性一人でやりくりしなければならなかったことは、当時大変なことだったでしょう、こういう部分ももう少しあればもっと重みがあったかも知れませんね。

同じオチの作品はほかにもあるのですが、やっぱりそこが判るまでは、いろいろと考えさせられてしまいます。
Posted by 白くじら at 2006年10月11日 22:05
白くじらさん、こんばんは♪

アメナバール監督のヒッチコックに対する心酔っぷりはかなり有名だそうで、そういう点でヒッチコックへのオマージュがたくさんちりばめられた作品でしたよね。
なんせ、主人公の名が「グレース」!
ヒッチコックはグレース・ケリーをそりゃもう寵愛してたらしいですし(笑)、この映画のニコールがこれまた当時のケリーにそっくりなんですよ。これはちょっとした感動でした。

ちなみに、必ず作品のどこかに出演しちゃうヒッチコックを真似てアメナバール監督ご自身も劇中登場してるらしいですよ。私には見つけられませんでしたが・・・。(^^;
Posted by 小夏 at 2006年10月26日 00:35
こんばんは、小夏さん。

なんとそうでしたか。それは知りませんでした。
ヒッチコックがレース・ケリーを寵愛していたことは有名ですね。それで名前がグレースでしたか。

しかも監督も出ていたとは。
ヒッチコックが出ている作品でもなかなか発見できない私に、この作品で見つけることができるかな。(^^;
これはもう一度観なおさなければなりませんね!
Posted by 白くじら at 2006年10月26日 23:51
白くじらさん、おはようございます。

ニコール・キッドマンはとっても美しいし、
映画全体から漂ってくる雰囲気が好きで
怖いんだけれども、好きな映画であります。

↑のやりとりでグレースという名前の由来を知りました。
へ〜、そうだったんですね。
ということで、監督がどんなお顔なのか調べてみたら、結構若くて男前でした!
(といっても、私より年上ですが。)
これはもう、私は血まなこになって探しますよ。笑
ぜひとも再見してみようと思います。
Posted by マミイ at 2012年01月17日 08:02
こんばんは、マミイさん。

私もこれは変わり種の怖さで好きな映画の一つです。
もっとも実際中身は、かわいそうな話ではあるんですけど。

あはは、監督は若くて男前でしたか。(^^)
発見できたらぜひ教えてくださいね!!

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2012年01月17日 23:05
母親が子供達に絵本を読んであげてて絵本の挿絵がオープニング映像ですね。そこだけ何度も繰り返し観てたら胸がキュンとしますね。ダークで怖い印象なんですけど何故かふんわりとしたムードが好きですね。神様が7日間で地上を創造した物語ですね。アザーズの内容と関係無いんだけど発想がセンスいいですね。たまに全然違う事をしちゃう映画があるけどアザーズは、よくできてたと想います!(^^)! 母親と子供達が幽霊だったんですね。ヴィクターがとりついている幽霊かと想いました。母親や子供達がポルターガイスト的な事に本気で脅えてたりしたので 3人目の子供がいたとかなのかなぁって... 違いました(笑) メイドの3人も幽霊ですね。グループが違うみたいな感じですね。母親と子供が此処は私達の家って固執するので心配してる感じでしたね。要求するならリディアを生かしてほしかったかも知れません。グレースばっかり生かしてましたね。監督もそうしたかったかも知れませんが是が限度なのでしょう(+_+)
Posted by エア at 2012年03月25日 03:57
こんにちは、エアさん。

この作品の発想には驚きました。
光と闇が別の意味だったと思えば、存在そのものも逆でしたし…あとでもう一度観て発見できることも多かったです。
やっぱり好きな場所って固執してしまうのでしょうかねぇ。

メイドの3人はまた別なんでしょうね。
ひょっとしたら外に出ると他にもいろいろといたのかもしれませんけど。(^^;
逆に人間のほうが怖かったというすべてが逆の発想というところで面白かったです。
Posted by 白くじら at 2012年03月25日 16:28
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

アザーズって怖いの?
Excerpt: <strong>ホラー映画洋画</strong> ホラー映画初心者のすけきよです。ランキングの終わったのでみなさんのオススメや気になったものを見ていきたいと思います。 最初はこれアザーズ <table border="0" cellpadding="5"><tr><td valign="top">
Weblog: ホラー映画って呪怨が怖いの?
Tracked: 2006-10-16 20:50

アザーズ
Excerpt: ニコール・キッドマンて 今までトム・クルーズの奥さん(離婚したけど)という 印象しかなくてあまり好きではなかったのだけど この映画を見て、 ちゃんとした人だったってわかりました。( ^..
Weblog: 映画、言いたい放題!
Tracked: 2006-10-17 01:24

設定が怖い
Excerpt: アザーズ 原題:THE OTHERS 製作2001年 アメリカ・スペイン・フランス 監督:アレハンドロ・アメナーバル 脚本:アレハンドロ・アメナーバル 出演:ニコール・キッドマン、フィオヌラ・フラガ..
Weblog: 子育て 時々 映画
Tracked: 2012-01-17 08:03
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。