映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年02月17日

サンクタム

人生は毎日が本番だ。挑戦あるのみ。
サンクタム [DVD]
2011年(Sanctum)製作国:アメリカ
監督:アリスター・グリアソン原作:
製作:アンドリュー・ワイト製作総指揮:ジェームズ・キャメロン
脚本:アンドリュー・ワイト、ジョン・ガーヴィン撮影:ジュールズ・オロフリン
音楽:デヴィッド・ハーシュフェルダーamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
パプア・ニューギニア…地球上最古の原生林にある洞窟エスペリト・エサーラ(聖なる洞窟)、冒険家フランク(リチャード・ロクスバーグ)、ジュード(アリソン・クラッチリー)たちはこの世界最大の人跡未到の洞窟に挑戦し、海へ続くと思われる水路を探していました。そしてついに細い洞窟の向こうに広大な場所を発見したとき、ボンベの事故からジュードが死んでしまいます。

一方、スポンサーである大富豪カール(ヨアン・グリフィズ)は、恋人のヴィクトリア(アリス・パーキンソン)とフランクの息子ジョシュ(リース・ウェイクフィールド)が洞窟に降下してきました。ジュードが死んだことを父フランクの身勝手さが起こしたことだと怒りをぶちまけるジョシュ…彼は家族をかえりみず、探検に明け暮れている父に怒りを覚えていたのです。

しかしそんな時、サイクロンが一帯を襲い、集中豪雨が洞窟の中に注がれてしまいます。
巨大な岩で入り口を塞がれた一行は、次第に迫る水から逃れるために、奥へ進むことになるのでしたが…。

映画レビュー
まぁまぁ洞窟探検とはいうものの、基本的には水の脅威から逃げるのでほとんどが潜水の話になっています。
父と息子の確執が、脱出をしながら解きほぐれていくという定番ながら、なにげに父が感で動いているというのも、本当にプロフェッショナルなんだろうかと思ったり、ヴィクトリアが死人のスーツなど着たくないと駄々をこねたときもプロの父としては殴ってでも着せるべき。そして足手まといになるという…その他にも何かそこかしこに抜けている箇所がある上に、みんな自分勝手すぎて、特にヴィクトリアとカールなどその最たるものでした。これではなかなか尊敬できないと思うんですけどね。
登場人物たちが洞窟と潜水をなめまくっていて、さっさと消えてくれー!と叫びたくなるのも珍しいです。

折角面白そうな題材なのに、登場人物に思い入れが出来なく、愕然として観てしまいました。
期待が高すぎたかも知れなかったかもしれませんね。

でも各所のアクションシーンなどは結構迫力がありますし、いいとは思うんですけど…そこまでの過程がなぜか納得できないという。(^^;

Number733【ここがいい!】
・広大な地下の描写、神秘的な感じがよく出ていました。
・ラストのわずかな空気を吸いながら進むのは、観たことのないシーンでよかったと思いますが…結局フランクの感は当たっているようで、とても全員は助からなかったということですね。
・なんだかんだ言っても前人未踏の探検というのはやっぱりロマンがあるんですよね。冒険心は持ちたいものです。でも家族はかえりみましょう。

【ここは問題かな?】
・相当なハイテク装置も持ち込んでいたようですけど、サイクロン接近にはまったく気が付かず…この洪水はないんじゃない?って思ってしまいました。
・また水位が上昇してくる恐怖がほとんどありません。
・一度おぼれた人は必ずその死体が後になって出てくるという…。
・最初はくどいほど出てきた潜水病…ラストはもうどうでもいいみたい。

【一言いいたいコーナー】
・タイトルである「サンクタム」は聖域のことです。
Number733・この映画にはモンスターは出てきませんが、困った人間たちはいっぱいいます。

コメントありトラックバックです。
サラウンドに嵌った男のブログ(take51さん)の「最近、見た映画「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」「サンクタム」「トゥルーグリット」

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 23:27| Comment(4) | TrackBack(1) | アドベンチャー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕も期待が高すぎてガックリ…と言う感じでした

特にあのわがまま女のおかげで危機感が逆に削がれました
「さっさと消えてくれー!」と叫びたい気持ちに共感します

でも最後の天井這いつくばりは凄かったですね〜!
あんなこと絶対に出来ないです

劇場で余りの息苦しさに呼吸が荒くなってしまって恥ずかしかったです
Posted by |―|/‐\|\/| at 2012年02月18日 14:21
こんにちは、|―|/‐\|\/|さん。

あああ、やっぱりそうでしたか。
あのわがまま女には参りましたねぇ。ひょっとしたらジョシュとくっつくのかと思っていたので、あまりのことに驚きました。(^^;
フランクがあっさりと彼女の言葉に折れたことにも驚きです。本当にそれで潜らせていいの!?とか。

あのラストは凄かったですねぇ。
私がすると絶対に水も一緒に飲んでしまいそう。

劇場でハァハァしていると、危ないかも!!(^^;;;
でも私も持つかなぁと思って、息止めていましたけど…無理。
Posted by 白くじら at 2012年02月18日 16:48
こんばんは!!

あの我侭な女性は綺麗でしたが、ちょっと度が過ぎましたね、、
死ぬな〜、とは思ってましたがあんな惨い
死に方をするとは・・(^▽^;)

>ヴィクトリアが死人のスーツなど着たくないと駄々をこねたときも
>プロの父としては殴ってでも着せるべき。

この部分、うちのかみさんは「時間との戦いで他の人の命を
優先したのでは?」という意見に納得しちゃいました。

ロマンはあるかもしれませんが、家族を省みず危険を
犯すのは許されませんよね。僕はお金があったとしても
絶対に行きません(笑)

ラストの脱出シーンは新鮮でしたよね!(^^♪

トラックバック、ありがとうございます!!
僕もさせて頂きました!!(^^)
Posted by take51 at 2012年05月08日 21:42
こんばんは。

私はヒロインかと思っていたので死なないかなとは思っていたのですが、かなりグロい死に方でしたね。私も驚きました。

なるほど、時間との戦いで他人を優先というのは一理ありますね。(^^;
かなりクールな結論だと思いますが、あの女性なら仕方がないのかも。

ロマンのために家族を顧みず、その親を見習うのはどうかと私も思います。
そういうところも、親子間に共感できないところなのかもしれません。

脱出シーンはよかったですね。
難しそうで、私にはとてもできそうにありません。絶対水飲みそう。(@@)

トラックバックありがとうございました!
Posted by 白くじら at 2012年05月08日 22:18
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

最近、見た映画「ミッション:インポッシブル/ゴーストプロトコル」「サンクタム」「トゥルーグリット」
Excerpt: ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル ブルーレイ+DVDセット(デジタル・コピー付) [Blu-ray](2012/04/27)トム・クルーズ、ジェレミー・レナー 他商品詳細を見る サン..
Weblog: サラウンドに嵌った男のブログ
Tracked: 2012-05-08 21:36
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。