映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年02月22日

燃えよ、マッハ拳!

一番敬服したのは、腕前より武徳だった。
燃えよ、マッハ拳! [DVD]
2011年(Choy Lee Fut)製作国:中国
監督:トミー・ロー、サム・ウォン原作:
製作:製作総指揮:
脚本:マーン・リク撮影:
音楽:リンカーン・ローamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1836年…広東の陳享は武術訓練の教本を書きました。それが蔡李佛拳の指導書でした。

時は流れ現代、イギリスのテムズ。
イギリスに渡り「違う月」を見ようとしていたキッド(サミー・ハン)は、父親であるロイ(サモ・ハン・キンポー)に諭され中国に帰る決心をします。そしてその昼にレストランを首になったケン(ケイン・コスギ)と共に。
ケンは父親が目指そうとしていた蔡李佛拳がキッドの道場で習えると知り、道場へやっかいになることにします。

ところがアメリカのファンメイ社のフェイが中国では有名な蔡李佛拳道場をカンフーブームに融合することによってビジネスになると判断、ロイに近づき合併にサインさせてしまいます。
道場に現れたフェイは、そのことをもう一人の師範代であり叔父でもあるホン(ユン・ワー)に吸収合併の話を持っていきますが、キッドはそれを拒否し、合併の話は両道場の3人対3人の勝負により決定することになるのでした。

近代科学により力を付けているファンメイ社のメンバーに対し、キッド、ケン、そして兄弟子であるホイの3人は修行を開始します。
そんな中、フェイとキッドは次第にひかれ始め、対戦相手のリーダーでありフェイの恋人でもあるコンとの確執も…そして1ヵ月後、第一回カンフー大会が開催されるのでした。

映画レビュー
とほっ…DVDを手に取った時にはケイン・コスギ主演でサモ・ハン・キンポーがお師匠さん役かな?と思ったのですが…違いました。(^^;
主人公はほかにいて、なんとその主人公であるサミー・ハンサモ・ハン・キンポーの息子でした。
親子共演なんですね。もうそんな時代なんだ…とちょっとびっくり。
そういえば、ジャッキー・チェンの息子も頑張っていますし、親子で映画に登場するのもまた楽しいでしょうね。

とはいうものの…この作品ではまだまだ主役を張るには難しかったのか、はたまたケイン・コスギがいいのか。顔も技の切れもケインの方が上で、特に最後の戦いなどは格好いいです。サミー・ハンの試合はちょっと微妙で、ラストの一撃も「えっ?」でしたので…ただ、フェイとのベタの恋愛はよかったかもしれません。そういう演技の方が合っているのかもしれません。

なんだか皆さんいい人(?)で、ファンメイ社も相手のメンバーも悪いこともせず真面目に戦っているので、実はラストの試合以外あまり盛り上がらないのです。
ちょっと珍しいですね。

Number737【ここがいい!】
・正々堂々と戦っている最後の3試合は、なかなかの迫力。一番格好いいのがケインというのも映画的にはどうかなと思いますけど…なにげにホイの戦いも素晴らしいです。
・恋愛がベタベタですねぇ、まるで韓国映画みたい。

【ここは問題かな?】
・主人公があまり立っていないのがやはり問題かと思います。
・三角関係のフェイの心情がよくわかりませんね。結ばれてもすぐに浮気しそうです。
・折角のサモ・ハン・キンポーユン・ワーとの戦いのシーン、バックが変でなんだかもったいないなぁ。
・ファンメイ社の社長(?)の言葉「どっちが勝っても」はどういう意味?サインはしているので結局合併とか騒ぐのかと思いましたけど…それっきり。
・「背が大きく見える」というのは男の背中でその人物の大きさを現す言葉ですが、まだ序盤でサミーが父の背を見て大きいというのは…確かに父は大きいんですけど、実は体格もずいぶん大きくって…ちょっとクスって笑ってしまいました。(^^; まぁ、ラスト近くの伏線にはなってましたけど。
・蔡李佛拳らしさはあまりありませんし、敵も味方も修行の成果っぽいものが出ず…結局、みなさん総合的に強くなっているだけなんですね。
・ロイのサインした理由もなんだかなぁです。

【一言いいたいコーナー】
Number737・で…マッハ拳っていったいなんなんだ!!

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


ラベル:映画 DVD カンフー
posted by 白くじら at 22:56| Comment(4) | TrackBack(0) | カンフー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんわ〜。

何ですか!?こんな映画あったんですね。
ケイン・コスギが出ているんですね(笑)
それに、サモ・ハン・キンポーなつかしい〜!

最近、こういう中国の拳法系の映画を観てないなと思いました。

あ、ファイナル・デッドブリッジのTB出来てませんでした。
もしかしたら、Fc2の調子が悪いかもです・・・。
Posted by とら at 2012年02月23日 20:19
あれれ〜
なんでだろう〜ナンデダロ〜ォ♪((乂(゚д゚ ;)≡(; ゚д゚)乂))ナンデダロ〜♪
(ちょっと古い)
何故か今朝から、MOVIE-DICにはコメントができなくなってるみたいです....

>ケインコスギって何してる人なんだろうって思ってましたが、良かったです。
仕事あるのかな?って心配してたので、ホッとしました。(←余計なお世話でしょうけど。)
Posted by かえるまま21 at 2012年02月23日 20:29
こんばんは、とらさん。

ケイン・コスギもサモ・ハン・キンポーも脇役なんですけど、二人はいるだけでも存在感がありますよね。(^^)
中国拳法モノも世代が変わってしまいましたが、時々見るとその動きにはハッとするものも多いです。

シーサー側では「失敗」が判るのでファイナル・デッドブリッジのTBは、あの後も何度もしているのですが、どうも駄目です。
ほかのFC2にはできるので、何かのワードチェックなどが働いているのかな??
Posted by 白くじら at 2012年02月23日 22:33
こんばんは、かえるままさん。

んー、どうしたんでしょうか。
何かエラーメッセージが表示されているのでしょうか?
時間がかかっているようなら、しばらく待ってみてください。
決して、何かで拒否していることはありません。(^^;

ケインコスギは時々観ますよ。
どうにもB級っぽいのが多いみたいですけど…ただ、今回の作品を見ていても、まだまだ頑張れそうです。(^^)/
Posted by 白くじら at 2012年02月23日 22:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。