映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年10月18日

スクール・オブ・ロック

ロックは反抗、規則を破り大物を怒らせるのがロック!

スクール・オブ・ロック スペシャル・コレクターズ・エディション2003年(THE SCHOOL OF ROCK)
製作国:アメリカ
監督:リチャード・リンクレイター
製作:スコット・ルーディン
製作総指揮:スコット・アヴァーサノ
脚本:マイク・ホワイト
撮影:ロジェ・ストファーズ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
売れないロックギタリストのデューイ(ジャック・ブラック)は、気のいい友人ネッドとパティの家に寄生虫のように暮らしていました。しかしもう何ヵ月も家賃(2200ドルも)を払わないデューイが嫌いなパティは、ついに週末までに払わなければ追い出すと宣言します。
デューイはバンドバトルで優勝すれば2万ドルが手に入ると、バンド仲間に提案をしますが、あまりにも破天荒な彼の言動からデューイはバンドを首になってしまいます。
やむなくギターを売ろうにも買ってくれる人はおらず…とそんなときネッドにホレス・グリーン学院から電話がありました。ネッドは補助教師でその仕事の依頼でした。週650ドル手に入ると知ったデューイは、ネッドの振りをして仕事を請けてしまいます。

教師になったものの、とにかくお金が手に入ればいいデューイはその日から授業を休憩とし、教室でのんびり過ごすことに。名門校で有名なホレス・グリーン学院は秀才ぞろい、そんなデューイを不信がりながらも彼の口のうまさにだまされて休憩を続けていましたが、ある日のこと、別室で音楽授業を覗いた彼は、生徒たちが音楽に才能があることに気付きます。
さっそくエレキ・ギターやドラムを運び込んで、彼らにロックを教え始めるデューイ、目を輝かせる彼の目的は、新たなるバンドを作ってバンドバトルに出場することだったのです。

映画レビュー
オススメしばらく殺伐としていた作品が続いたので、しばらくは真面目(?)に行くことにします。どうせすぐ脱線すると思いますが。(^^;

実はロックというものがよく判っていない私は、BEST10に並んでいるこの作品を手にとっては元に戻す行為をずーと続けていたのですが、ついに観てしまいました。でもって久しぶりに笑える作品に出会えました。

主人公のデューイ役のジャック・ブラックはかなり強烈な個性を持つ人で、ロックを教えているときの彼はホントに楽しそう。
Number249のーんと教師をしている時には考えられないほどパワフルに活動しています。さらに音楽だけでなく、服装、バンド名、ロックの歴史もきちんと教える徹底振り。宿題にはそれぞれの担当に役立つCDを渡したりと、そんな彼に触れ、次第にロックの楽しさに目覚めていくところ、ほかの教室や先生にバレないような工作などは面白かったですね。

ジャック・ブラックは実際にバンド「テネイシャスD」を結成しており、MTVムービー・アワードという賞を受賞している実力の持ち主なのだそうです。
やっぱり音楽にマッチしている作品は、心に残ってしまいますねぇ。
スクール・オブ・ロックにアンコール!
トラックバック(コメント)
肉球シネマブログ(アニーさん)の「【 スクール・オブ・ロック 】
子育て 時々 映画(マミイさん)の「ロックの戦士に敬礼!
ラジオ・ヒッチコック(ロッカリアさん)の「『スクール・オブ・ロック』 ハイビジョン版



posted by 白くじら at 22:16| Comment(12) | TrackBack(2) | ドラマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これ、面白かったですね〜。ジャック・ブラックが好きになった作品です。
この人、てっきり「エアー」だと思っていたんですが、演奏できるんですよね(笑)来日して、ライブやってくれたら、絶対行きたいです!
Posted by curious mama at 2006年10月19日 08:54
こんにちは♪白くじらさん♪
私、この映画大好きなんです^^!!♪DVD購入してます〜♪
コメディは苦手な方なのですが、これは特別♪
ギャグで笑わせるんじゃなくてキャラで笑わせるのっていいですよね!
ジャック・ブラックの暑苦しいほどウザイところが最高に笑えます^^♪子供たちも可愛いし♪♪

時々観たくなる映画です。これ観ると元気になれるの^^☆!
Posted by なっちっち at 2006年10月19日 09:57
こんばんは、curious mamaさん。

私もジャック・ブラックが好きになったのはこれが最初でした。といってもあと観ているのは「キング・コング」くらいなんですけどね。(^^;

あはは、最近流行のエアーですか。
ちゃんと演奏出来るどころか、自分のバンドを持っていたとはびっくりです。(^^)/
ライブするとなると観たいですねぇ。
Posted by 白くじら at 2006年10月19日 22:14
こんばんは、なっちっちさん。
お久しぶりでございます。時々お邪魔はさせていただいているのですが、なかなか子育てやパッチワークには口を挟めなくって。(^^;

これは私ももう何度か観ていて…こんなことならDVD買っておけばよかった!と思っております。って今からでも遅くはない!

うんうん、確かにこの作品ではギャグではなく笑っているわけではありませんね!おお、なんだか新鮮な言い回しだ!!

子供たちが出ているのも面白さの大きな要因ですね。
どうも私は子供が出ていると得点が甘くなっちゃって。(^^;
Posted by 白くじら at 2006年10月19日 22:18
ロックの歴史の授業は、あ〜そうなんだって、子供たちと一緒に勉強させてもらったわぁ。懐かしのフレーズが、鳴ると嬉しかった。
最後のバンドバトルも、かっこよかったな。
でも、彼は暑苦しかった。かなり笑った。

彼の次回作も、笑えそうよ。修道士が覆面レスラーに…。格好だけで、笑える。
Posted by ちゃぴちゃぴ at 2006年10月20日 20:44
おはようございます。ちゃぴちゃぴさん。

あはは、私もロックのことはよく知らないので、一緒に勉強させてもらった口です。あの系図のようなものはプリントアウトしたかったです。(^^;
う、確かに暑苦しいところはあったかも、でもスタローンの汗とはまた別ものでした。

次の「ナチョ・リブレ 覆面の神様」はぶっ飛んでいますねぇ。あのポスターだけみると思いっきりB級ぽいのですが…これは大笑い出来そう。
Posted by 白くじら at 2006年10月21日 08:52
ロック大の苦手な私も、見てみました(-^□^-)

ロックの話は分からないのですが、内容で楽しめました。
ただ、もちょっとロックを知ってたら、より一層楽しめたのは事実かもしれません。

が、程良い感動&笑いで、充分楽しめたので、それで
満足です(^_^)v

トラバさせてくださいね
Posted by アニー at 2007年03月23日 22:50
こんばんは、アニーさん。

ホント、この作品はロックを知らない人でも十分楽しめる内容でしたし、逆に知らなかったらロックが好きになりそうな感じでしたね。
やっぱり子供が出てくる映画って好きなのに、さらに輪をかけてジャック・ブラックが面白いので、最初から最後まで楽しめました。
面白いですね。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせていただきます。(^^)/
Posted by 白くじら at 2007年03月23日 23:16
トラックバックありがとうございました。

これは本当にオススメ、観ると元気が出ますよね。
ジャックはロックが大好きなのだという事が
観ればハッキリとわかります。


テネイシャスD、私CD持ってます。
曲名がとんでもないことになってます。(笑)

テネイシャスDはジョン・キューザックもファンで
『ハイ・フィデリティ』に出演する時に
ジャック・ブラックを推薦したのだそうです。
『ハイ・フィデリティ』のジャック・ブラックも
キャラが濃ゆくておもしろいです。

こちらからもトラックバックお願いいたします。
Posted by マミイ at 2007年08月05日 23:17
こんばんは、マミイさん。

ホントですね。この作品ではジャック・ブラックがロックを好きでたまらないことがよく表されていましたね。
子供は当然感化され、そして観ている私たちも感化されてしまったようです。(^^;

マミイさんはCDもお持ちなのですか!
曲名、どんなのだろう。(^^)

『ハイ・フィデリティ』も面白そうですね。
やっぱり彼はどこに出ても濃いのでしょうか。(!_!)

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2007年08月06日 22:37
こんにちは。
私も、この映画は、素直に笑えて楽しかったな〜っていうのを覚えてます。
なんといっても、ジャック・ブラックのキャラクターですよね^−^
この方、普段から、こんな感じのオーラをもってるんじゃないかなって思います。

これがよかったのでナチョ・リブレもみました。やっぱり、面白かった。
素直に笑えるコメディ映画って、やっぱりいいですよね^^
Posted by エイガ at 2010年02月07日 08:24
こんにちは、はじめまして、エイガさん。

面白かったですね。
私の好きな学校モノだったということもありますが、やっぱりジャックブラックのオーラは序盤から最後まで凄いものがありました。
この作品でいっぺんで好きになってしまいましたよ。(^^)

「ナチョ・リブレ」もやっぱり面白かったのですね。
これは、タイミングが悪くって結局まだ観ていなかったのですが、観るようにします。(^^;
Posted by 白くじら at 2010年02月07日 14:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

【 スクール・オブ・ロック 】
Excerpt: ■2004/9/17日DVD発売 ■アメリカ制作 ■110分 ■監督 ・リチャード・リンクレイダー ■出演 ・ジャック・ブラック(デューイ) ・マイク・ホワイト(ネッド)(脚本) ..
Weblog: 肉球シネマブログ
Tracked: 2007-03-23 22:50

ロックの戦士に敬礼!
Excerpt: by Seesaaショッピングスクール・オブ・ロック スペシャル・コレ..¥スクール・オブ・ロック 原題:THE SCHOOL OF ROCK 製作2003年 アメリカ 監督:リチャード・リンクレイタ..
Weblog: 子育て 時々 映画
Tracked: 2007-08-05 23:18
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。