映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年10月20日

ブレインストーム

この研究は情報伝達の概念を覆す快挙になるだろう。

ブレインストーム1983年(BRAINSTORM)
製作国:アメリカ
監督:ダグラス・トランブル
製作:ダグラス・トランブル
製作総指揮:ジョエル・L・フリードマン
原案:ブルース・ジョエル・ルービン
脚本:ロバート・スティッツェル、フィリップ・フランク・メッシーナ
撮影:デイヴィッド・スチュアート、リチャード・ユーリシッチ
音楽:ジェームズ・ホーナー

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
10年もの年月をかけ画像、音声に加えて味覚、嗅覚などを感じることのできる装置が完成しました。
ここはノースカロライナのゼネラル電気の研究所です。
リーダーであるリリアン・レイノルズ(ルイーズ・フレッチャー)、共同開発者のマイケル(クリストファー・ウォーケン)、ハル、ゴーディたちは乾杯をし喜びあうのでした。
しかしこの成果は手柄をあせるハルの進言によって、会社のオーナーであるアレックス(クリフ・ロバートソン)の知るところとなります。
まだ不恰好なヘルメットであることと、冷却しなければ使いモノにならないことを問題にするリリアンに、彼は極秘の冷却不要の素子を渡し、マイケルの妻であるカレン(ナタリー・ウッド)に小型化のデザインをするように指示します。
カレンはマイケルの言動に耐えられなくなり別れるところでしたが、仕事は仕事と割りきり共同で開発を進めることになりました。
研究の完成を聞いた政府は、同じ開発をしていたマークス博士を筆頭として、開発に協力を申し出てきますが、リリアンはきっぱりとそれを拒否するのでした。

研究は次の段階に入り、人間の考えていることを記録することができるようになってきました。しかしその実験中、カレンの本心を知ってしまったマイケルは悩んだ末、ある夜、自分の今までの思い出を記録したテープをカレンに手渡すのでした。
そんな中、夜遅く研究をしていたリリアンが発作で倒れます。
その後に残されたテープ、それはリリアンがマイケルに残したメーセージでもある死の記録。

これをきっかけとしてマーマス博士は、研究を我がものにしようとマイケルを研究所から追い出してしまいます。
なんとかリリアンの死の記録を体験したいマイケルは、カレン、ハルたちと協力して外部からコンピューターに侵入を図りますが、そこにあったのはなんと軍の極秘の計画「ブレイントスーム」だったのです。

映画レビュー
オススメサイレント・ランニング」のダグラス・トランブル監督作品第2弾です。
カレン役のナタリー・ウッドは撮影中になくなっており、この作品が遺作となっております。エンドロールの最後に「TO NATALIE」と一文が入れらています。合掌。

序盤から使われているのですが新開発の機械を使っての画像が多く、これが魚眼レンズのような映像となっています。タイトルもこれを通しているらしく一風変わったデザインとなっています。ただジェットコースターや開発中の回転する部屋など、映画館なら眼が回ってしまったかも知れませんねぇ。(- -;

まだバーチャルリアリティという言葉がなかったころだと思いますが、それに近いことがハットと呼ばれる装置をかけることによって目の前に起こります。なので何もない空間を見ながら笑ったり、うつむいたりするのはおかしくもあり不気味でもあります。会議室で全員が同じような行動をとるところなど怖いですねぇ。

実際にはどれほどの効果があるのかは観ていても難しく、触感もあるようなので体感できるようです。ハルなどはセックスシーンだけを切り取ってエンドレスにして、危うく死にかけたりしましたし、うーん、なんともはや。当然死の体験などだと死ぬのです。
これほどの力を持った装置なので政府が動き出すのも無理はないですが、これがまたオオボケ連中だったのがちょっと残念。マイケルが外からハッキングしても「やらしてみろ」…でその挙句あの様ですから、セキュリティーも何も合ったものではありません。
外からのハッキングで工場がアレほどのダメージを受けるのは困りものですが、オオボケのせいなのでそこは眼をつぶって楽しみましょう。

Number251中盤のマイケルがカレンに自分の記憶を渡すところは、なんとも言えない感動がありました。こういうことができると、私も今までの記憶を取っておきたかったです。
そしてリリアンの死の体験、いろいろな記憶が水晶珠のように分けられて存在しているイメージはよかったですね。そして…このカレンとマイケルの体験もまた1つの水晶珠に納められていくのでしょう。

【一言いいたいコーナー】
・通信に音響カプラが使われていたのが当時のコンビュータレベルを現していますねぇ。
 


ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。