映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年03月25日

ブラック・ナイト

伝説の黒騎士、ここにあり!
ブラック・ナイト〈特別編〉 [DVD]公開年2001年(The Black Knight)
制作国アメリカ
監督ジル・ジュンガー
原作
制作アーノン・ミルチャン、ダリル・J・クォールズ、マイケル・グリーン、ポール・シフ
制作総指揮マーティン・ローレンス、ジェフリー・クワッティネッツ
脚本ダリル・J・クォールズ、ピーター・ゴールク、ゲリー・スワロウ
撮影
音楽ランディ・エルフマン
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ファミリー・パーク≪中世の世界≫で働くジャマール(マーティン・ローレンス)は無気力で、2週間後にOPENするキャッスルワールドへ鞍替えしようと考えていましたが、堀の中に落ちていたペンダントを取ろうとしたとき、そのまま引っ張りこまれ気づいたときには毛むくじゃらな男の足元にいました。彼はノルティ卿(トム・ウィルキンソン)という「浮浪者」でした。
ジャマールは挨拶もそこそこにその場を離れ森を抜けました。するとそこに立っていたのは立派な城壁に囲まれた城でした。ノルマンディの特使として中に入れられた彼は、その中で美しい女性「俳優」ヴィクトリア(マーシャ・トマソン)に一目ぼれ、さっそくナンパしますがつれない返事。しかも騎士パーシヴァル(ヴィンセント・リーガン)と一発触発の事態に…と特使として城内に連れて行かれます。これまでのことを全てお芝居だと思い適当に返事をしていましたが、謀反人の処刑を見てやっとここが紀元1328年のイングランドであることに気が付きます。

慌てる彼に先ほどのヴィクトリアがネックレスは同士の証と、暗殺計画を話し始めます。
どうやら先ほど面会したレオ王は、かつてのジョン王を殺害して王座を奪った男であり、ヴィクトリアたちは王女に王座を奪い返すつもりだったのです。そんなことには巻き込まれたくないジャマールは断った挙句、偶然にも王を暗殺から救ってしまい、警備隊長の位までもらってしまうのでした。
しかし、そんな時、本物のノルマンディからの特使が城に着くのでした…。

映画レビュー
普通かなアメリカでは大ウケしているマーティン・ローレンス主演のタイムスリップコメディです…が、今まで観てきたタイムスリップモノと違って、かなり長い間気が付きませんし、中世の人たちがジャマールの姿をあまり不思議がらないのも珍しいですね。ちなみに未来から持ってきたものの中にライターがあるんですけど、火を付けても「火はある」ですから。逆に苦笑してしまいます。
正直、前半はかなりぐだぐだでどうなることかと思いましたけど、城を出てからがボクシングやアメフトなどを使った修行や、野球などの球技で剣をふるうところなどはかなり面白かったりします。黒騎士出現のシーンなんていいですねぇ。
ラストの2重のオチもいい感じですが…さすがにジャマール死んじゃうんじゃないの?(^^;

【ここがいい!】
・未来と過去とのギャップが空振りしているところが面白い。後半はお見事に役立ってましたけど。
・ジャマールの姿や顔付きが前半と後半で全然違うような…やっぱり成長しているんでしょうね。結構格好よかったりして。
・伝説のとおり口(?)から火を吹く黒騎士、格好いいんですけど、いったいどうやって吹いているんだろう(そういうふうな前振りはあったんですけど、甲冑の中でしたしねぇ)。
・きちんと未来でもオチをつけているし、さらにその後もあってGOODです。

【ここは問題かな?】
・いつの間にか首にかけているメダル…まぁ、いいですけど。ラストで引き上げられた時もしっかり首からかけていましたし、夢じゃないですよね。
・前半部分の喋りからギャグは全て滑っていたような気がしますけど…これがあるので後半盛り上がるのかも。

【一言いいたいコーナー】
Number758・タイムスリップのきっかけはひょっとしてネクレスじゃなくって、あそこ?

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | コメディ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむふむ、コメディ&SFだなんて、一粒で二度美味しい、面白そうに感じますが、白くじらさんは「まあまあ」なんですね。
映画って設定などに違和感や無理があると興ざめしてしまいますよね。
「ヒックとドラゴン」子供が勝手に見てました。ママはまだです。(;´Д`)
Posted by かえるまま21 at 2012年03月26日 08:14
こんばんは、かえるままさん。

これはねぇ、かなりゆるい作品だったと思うのですが、後半に近づくにつれいい雰囲気になってくれました。
一瞬「とほほー」かなと思うほどのギャップ。

設定に違和感があると、冷めてしまうのは同感ですね。
それがサスペンスなどだとさらにです。

「ヒックとドラゴン」は子供に取られてしまいましたか。(^^;
ママさんも観てくださいねー。
Posted by 白くじら at 2012年03月26日 21:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。