映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年03月27日

激突!

車を運転している人にとって…。
激突!スペシャル・エディション [DVD]公開年1971年(Duel)
制作国アメリカ
監督スティーヴン・スピルバーグ
原作リチャード・マシスン
制作ジョージ・エクスタイン
制作総指揮
脚本リチャード・マシスン
撮影ジャック・A・マータ
音楽ビリー・ゴールデンバーグ
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
仕事でカリフォルニアに急ぐデイヴィッド・マン(デニス・ウィーバー)は、ハイウェイでなにげない気持ちでひょいと抜いた大型トレーラータンクローリーを抜きます。
しかしそれが悪夢の始まりでした。
抜かれたトラックのドライバーは、主人公の車を執拗に追いまわし始めたのです。踏み切りで押したり、抜かせても待ち構えていたり、ドライブインで助けを呼ぼうとした主人公をひき殺そうとしたり…おかしくなりそうになる主人公はついに対決することに!

映画レビュー
オススメ25歳のスティーヴン・スピルバーグ監督のテレビ映画ですが、日本では劇場公開されています。
この映画の怖い所は、なんといっても主人公からの視点で物事を見、そして考えているところ。そして相手のドライバーの姿が見えないところでしょうか。足、手などは時々見えるのですが最後の瞬間まで相手の姿は見えないのです。多分なまじ見えてしまった方が怖くはならなかったのでしょうね。
表情からも判らないためいったい何を考えているのかも判らず、それは同時に主人公と同じ境遇になってしまい感情移入してしまうのだと思います。
恐るべき演出だと思います。

最初から最後までトレーラーに追いまわされるだけのものですが、この身近な恐怖を煽るのはさすがでしょう。
でもこれ観るとトラックなど大きな車を追い越そうとはしないかも。(^^;

【ここがいい!】
・レストラン・バーでの犯人探しのシーンや、バスでのシーンなどが好きです。
・相手が見えないため、トレーラーがまるで意思を持って襲ってくるかのような錯覚を覚えます。
・ラストのトレーラーの扇風機や、夕日を浴びる主人公が物悲しい…気がついたら虚しさだけが込み上げられているのでしょうか。

【ここは問題かな?】
・これも特に困ったところはないかなぁ…TV版の吹き替えはあまり好きじゃないですけど。主人公がおどおどし過ぎで。

【一言いいたいコーナー】
・錦糸町の映画館で上映された時は併映作品が「トラック野郎」だったとか。
Number759同じトラックとはいえ路線がずいぶん違いますが…なんとも。(^^;

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 23:07| Comment(2) | TrackBack(0) | サスペンス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この手の作品も結構でてますが、運よくこの作品を一番に観ることができました。トレーラーが本当に意志を持つモンスターのように見えますよね。現実にも起こり得そうな展開で、主人公に感情移入しまくって手に汗握って観られました。
最後まで姿を見せないのがまた怖いんだけど、たぶん乗ってるのは神経質で臆病な貧相オヤジだろうなぁと思ってます。
Posted by 宵乃 at 2012年03月28日 08:51
こんばんは、宵乃さん。

その後の作品にもかなり影響を与えたようですね。
ジョジョの中でも運命の車輪のときに、同じようなシチュエーションがあったりしました。
その時の正体は腕だけがごっつくて、あとは貧弱なオヤジでした。(^^;

まさにトレーラーは意思を持ったモンスターでしたね。
追いかけられるところは怖かったですねぇ。
Posted by 白くじら at 2012年03月28日 22:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。