映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2012年06月08日

11人いる!

1人でも脱落者がいたら全員不合格…しかし11人いたら。
11人いる! [DVD]公開年1986年()
制作国日本
監督出崎哲、富永恒雄
原作萩尾望都
制作多賀英典
制作総指揮
脚本今泉俊昭、小出一巳
撮影小山信夫
音楽及川禅、主題歌「僕のオネスティ」歌:川上進一郎
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
テラ(地球)の人類はワープ航法の発見により飛躍的な宇宙進出を実現し、数世紀の間に多くの惑星国家を形成しました。
…120年前、新しい時代を担う優秀な人材を育成するためにコスモ・アカデミーが設立。宇宙最高の教育機関となりました。卒業生は全ての社会でエリートとしての地位を約束されますが、それゆえに入学試験も困難を極めていました。

そして今…3年毎に行われる入学試験、最終テストに残ったのは700名。
テストは10人1組となり、孤立した宇宙船エスペランサ号の中で53日間過ごすという内容でした。
テラ系から来たタダ(声:神谷明)もその中の1人でした。しかしいざ宇宙船に到着した彼らを待っていたのは「11人いる!」というありえない状況でした。困惑する受験生たち、しかしその疑心暗鬼を吹き飛ばすような事件が発生。直観力に優れていたタダは艦内の指示をし事件を解決することができましたが、彼の行動はほかの受験生たちの疑惑を高めてしまいます。

赤いスクランブルボタン…それは今の状況を解決するもっと簡単な方法でした。しかしそれを押すと11人全員が不合格になるという…彼らはお互いに信じられない感情を抱きながら指定された53日という期間を過ごすことになるのでしたが…。

映画レビュー
ちょっとオススメ萩尾望都さんの同名小説を原作にキティ・フィルムが制作したアニメーションです。テストとはいえ実際の宇宙船の中で繰り広げられる11人の疑心暗鬼。なぜ11人目は名乗り出ないのか、何が目的なのか…直観力が能力だというタダはとても直観力という言葉だけでは片づけられない事が多く、それは大きな疑惑となっていくのですが、その過程などもいい感じ。
11人目という謎を軸にして、いろいろな事件の解決方法も面白いですね。普通の人間だけでなく別の星系のため肉体的に違うところもあって、そういう特徴もよく描かれていたと思います。11人目の謎が解った後で観直してみると、確かにシーンに応じてメンバーを見ていたり発言していたりするんですよね。

ダレるシーンもなく、最後まで楽しめる作品になっていたと思います。

【ここがいい!】
・人は多いと群れ、そして派閥ができていくのはこの作品でも同じ。最初に自己紹介をすることで、こういう人間であるということが分かるのはいい演出だと思いました。
・またいろいろな事件が絡み合って解決策になるのもサスペンスとしては王道ながら見ていて面白いです。
・タダのフロル関係が見ていてやきもきしたり、両者とも実はお互いのことを考えているのが分かるシーンがいいです。
・エンディングの最初で受験生たちのその後が語られますが…吹き出してしまう人もいれば、合掌な方も。こういうのって「アニマル・ハウス」でもあったんですけど、それまでの話の中であったことが昇華されるようで好きです。

【ここは問題かな?】
・どうみても11人目ではないと思われるキャラがいるのは残念ですけど、まぁ、全てのキャラを立たせるのは難しいんでしょうね。
・フロルの声優が河合美智子さんなんですけど、正直やはりこれだけのメンバーの中では下手さが際立っています。ただ、ラストに近づくにつれ、この声になじんでしまうんですけど。(^^;

【一言いいたいコーナー】
Number774・続編もアニメ化して欲しかったですねぇ。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
いやいやえん(makiさん)の「11人いる!

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 19:16| Comment(10) | TrackBack(1) | アニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
“白くじらさん”お久しぶりです!

「11人いる!」僕、多分10回や20回観てます… 大好きなんです
で、“白くじらさん”の書かれている感想があまりに的確で感激しました

あえて、生意気にも付け加えさせていただくとしたら、音楽の良さではないでしょうか…

なんとも非常にSFミステリーにバッチリな音楽が流れていると思うんです

途中、問題の“河合美智子”嬢の歌が流れるのはご愛敬としても非常に音楽の効果が高いと僕は思っています

またエンディングに流れる「僕のオネスティ」も素敵な1曲だと思います

もう何十年も前に観始めた作品ですが、このエンディングを歌っているのが男性だと知ったのは初見から数年経ってからのこと…

てっきり“やまがた すみこ”見たいな女の人が唄っていると思いこんでいました

サントラ欲しくても手に入りません…

“白くじらさん”が記事にしたおかげで今日もまた観てしまいました!
Posted by |―|/‐\|\/| at 2012年06月12日 22:24
萩尾望都の漫画は、幾つか読んだ事あるんですけど恥ずかしながら難しくて意味が解らないものが多くて(笑) イグアナの娘は、読み易かったけど... 11人いるアニメの映画であったんですね。借りたいけど近所のレンタル屋さんにありません(>_<) 11人いるは、10人だけ合格なのに、一人多く潜り込んでて、しかもそいつが邪魔してくるという物語だったんで何度も読んだら解ったです(笑) 続編も読んだんですけど『11人いる』の番外編だと解り難かったですね。銀河鉄道999よりも知的で混雑にしてある感じですが、萩尾望都の漫画の作品って短くして終っちゃうでしょ? 次々に短い新しい物語を描く漫画家なので文庫本を何冊か買って読んだんですけどチンプンカンプン多し(笑) 唯一理解できたのがイグアナの娘と半神っていう短い物語ですね。11人いるより半神のアニメが観たいけど萩尾望都の作品ってあんまりアニメにされませんよね? 舞台でよくするとかで... ちなみに絵がギリシャ彫刻のようで、思いっ切りサザエさんとかとは世界観違いますね(笑)
Posted by エア at 2012年06月12日 23:51
こんばんは、|―|/‐\|\/|さん。お久しぶりです。

ですねぇ、私もあの音楽は大好きでしたが、エンディングが男性であったことは、お恥ずかしながらこのレビューを書いていた時でした。(^^; おいおい。
やっぱり音楽は大事ですよねぇ。最近は心に残る音楽になかなか出会えません。

今回はDVDが出ていることを知って、久しぶりに観ましたが、やっぱり面白かったですね。
Posted by 白くじら at 2012年06月17日 20:01
こんばんは、エアさん。

確かに難しい解釈するものも多いですよね。
「地球へ」も好きなんですけど、アニメはちょっとダメでした。でもこちらも音楽は好きです。

そういえば書き忘れてましたけど、11人目が邪魔した時に起こる事件ですけど、これは予測外の出来事だったようですけど、受験生が死にそうになるようなことを起こしながら「すまん」で終わらせるところは、どうなんだろうって思いましたけどねぇ。

「イグアナの娘」は原作は知らないんですけど、ドラマで可哀そうな話だったような…ああ、記憶がないです。

みんな美形っぽい絵ですから…でも最近はそういう画風のアニメも多いですから、作れそうですよね。(^^)
Posted by 白くじら at 2012年06月17日 20:06
萩尾望都さんの漫画はほとんど読んでる私ですが
その中でもこの作品(原作)が一番好きです
本棚を容赦なく一斉整理(処分)したときに、
どうしても処分できなくていまだにとってあります♪

面白いですよね〜!
続編のほうはメンバーが死んでしまうので悲しい話ですが…

実は映像化作品のほうがみたことがないのですが、普通にレンタルしてるものなのでしょうか?
Posted by maki at 2012年06月23日 20:58
こんばんは、makiさん。

私はそれほど読んではいないのですが、この作品は好きです。
一斉処分…人生の中で何度かありますが、本、VHS、DVDはまず標的にされますよね。(^^;

続編では死人の出ますか。
ラストのエピローグでそういうシーンもあるのですが、ほかにもいるのかな。
悲しいですね。

レンタルはGEOというレンタル屋に置いてありましたよ。
Posted by 白くじら at 2012年06月25日 01:21
ぬぁ!懐かしい!

これ子供の頃にピックアップされてて観た作品です^^
アニメなのにすごくサスペンスな雰囲気がありますよね。
漫画でも見たのですがアニメのほうが冷たい空気感があったなぁ〜。
Posted by shimaneman at 2012年07月03日 19:33
こんにちは、shimanemanさん。
お返事が非常に遅れてしまい、申し訳ありませんでした。

私も懐かしくって、レンタル屋でDVD化されているのを見て小躍り(踊ってませんけど)したものです。(^^;

漫画よりは冷たい感じがありましたか!
確かに主人公に対する王様たちの態度は最初から冷たかったですねぇ。まぁ、疑わしい行動も多かったですけどね。
Posted by 白くじら at 2013年07月15日 17:01
今回ようやく見れました
近所のレンタル屋ではなかったので…。

しかし、もう20年前の作品だというのに作画がきれいですね
それに、やはり根底にあるストーリー・設定が素晴らしいので
若干原作と違うところはありましたがあまり気になりませんでした
ラストでみなのその後がわかるところがありますが、
タダとフロルのところだけ、そうなんだけど、そこにいきつくまでがまた色々あるんだよ〜〜と思いつつ(苦笑)
色あせず面白かったですね!
Posted by maki at 2013年07月27日 16:05
こんにちは、makiさん。

おおっ、借りることができましたか!
このころの映画版はよくできていたと思います。
「時空の旅人」も絵もきれいでしたし、大好きな作品の1本です。(^^)

原作ではいろいろとあるようですね。そういうところもまたアニメ化してほしかったですねぇ。今作ると別物になりそうですけど。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きます。
Posted by 白くじら at 2013年07月29日 18:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

11人いる!
Excerpt: 萩尾望都さんの代表作を、劇場公開用アニメーションとして制作した20年以上も前の作品。10人しかいないはずの宇宙船内になぜか11人目がいて、一体誰が11人目なのか!?という、宇宙船という特殊な密..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2013-07-27 16:00
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。