映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年11月21日

サンダーバード

それが僕たちの使命だから!

サンダーバード2004年(THUNDERBIRDS)
製作国:アメリカ
監督:ジョナサン・フレイクス
製作:ティム・ビーヴァン
製作総指揮:ライザ・チェイシン
原案:ピーター・ヒューイット
キャラクター創造:ジェリー・アンダーソン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
太平洋に浮かぶトレーシーアイランドを拠点とする国際救助隊サンダーバード(ボランティア!!)は、無敵のマシンで世界各地での災害にあった人たちを助けるために今日も出動します。
それをうらやましく思っているのは末っ子のアラン…彼はまだメンバーには認めてもらえず学校に通っていたのです。彼が兄弟たちの活躍を見るのはTVを通じてでした。

春休みが始まる日、アランの元にレディ・ペネロープが父ジェフ・トレーシーの使いとして現れました。
アランと彼の友達であり、サンダーバードを発明した天才科学者ブレインズの息子であるファーマットは、彼女のピンクのとんでもない!車で一路太平洋の基地へと「飛び立ち」ました。途中、任務を終えたばかりのサンダーバード1号、2号と出会い、そのすばらしい機体と飛行にアランは「ボクも乗りたい」と思うのでした。

父親と兄弟たちと再会を果たしたアランでしたが、兄弟たちの任務の話を聞いている内にいたたまれなくなり、ファーマットと格納庫へ行ってしまいます。そこで1号のコクピットで遊んでいた彼らはつい計器を動かし、またしても父親の信頼を失うようなことに…その時1号のコクピット近くに付着していた、ガリウム化合物のことを話すこともできず…これは先の救助活動の時に付けられたもの、その付着物によりトレーシーアイランドは、謎の男フットの潜水艦に位置を知らせてしまうのでした。

フットはトレーシーに恨みを持つ男でしたが、基地を攻撃する難しさより救助隊として出て行ってもらう方が簡単だと、ミサイルを衛星軌道上にいるサンダーバード5号に向けて発射。
突然の攻撃に5号はかわすこともできず被爆、当然のことながら基地からはジュフ以下3人の息子たちが乗るサンダーバード3号が発進…それを見送るアラン、ファーマット、そしてティンティンの3人でしたが、その時、彼らは島近くに浮上した潜水艦から何者かが上陸してくるのに気づきました。
基地には使用人数名とブレインズのみ。
あまりにあっさりと乗っ取られた基地…フットは5号、3号もコントロールを奪い、さらにフットは銀行(えっ、そんなものでいいの?)を襲うために2号を発進させようとします。
孤立してしまったアランたちは、なんとかして基地を取り戻すために行動を開始しますが…。

映画レビュー
これ、ちょっと…面白かったです。
アランがまだメンバーになっていなかったことにもびっくりしたのですが、なんとこれってTVシリーズの前の話だったのですね。
どうりでお父さんが頑張っていたはずです。(^^;

見た感じ「スパイ・キッズ」に通じるものがあるような気がします。
子供たちが活躍する映画は好きなんですよねぇ。ただサンダーバード自体の活躍が最初と最後に集約されていたのがちょっと残念。また敵のフット以下があまりにおばかさん、それにメンバーが少なすぎです。
常に全員で移動しているので、せっかく乗っ取ったトレイシーアイランド、2号とあっさりと…ああ、もったいないないない。

今大人になっている、かつてのファンには少し物足りない出来なのかもしれませんが、次回作には期待できるかなって思っています。
なんといってもこれでフルメンバーになりましたからね。

【一言いいたいコーナー】
・OPのアニメ、よく観ているとサンダーバードの出動の中でバスに乗っているアランの姿が…初めて観た時には、漠然と観ていて気づかなかったのですが、こんなところまで乗れていなかったとは…。ちなみにこのOPは救助隊の活躍を描きながらも、キャストの説明もするというなかなかの優れものです。
・1号、2号、3号の発進シーンはもう感動モノです。あそこまで再現してくれるとは!!それに本来2号に積まれているいろいろなメカの活躍もあって…うーん、いいです!
・トレーシーアイランドにいた下っぱ2人はいったいどこに?潜水艦に乗ったのかな、気づきませんでした。
・メンバーの日本語吹き替え…私にとってはとてもほめられたものではありませんでした。特にゴードンかな、アランより子供っぽい喋り方だし、お父さんもなんだか大人とは思えない口調でしたね。
Number282やっぱり、ちゃんと声優の練習をつんでから吹き替えしてほしいですねぇ。
 


ラベル:映画 DVD SF
posted by 白くじら at 21:44| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
サンダーバード、見たい映画の一つです。オリジナル、好きでしたから・・・レンタルしたいのですが、私のレンタル屋はショップなので恥ずかしくって(爆)。子供の頃、いとこの持っていた基地模型が欲しくて・・・やしの木が動いて2号とか出て来るアレです。結局買ってもらえませんでしたね〜

白くじらさんの記事を読んで、俄然見たくなってしまいました。
Posted by pointdpo at 2006年11月23日 10:00
おはようございます、pointdpoさん。

私もオリジナルが大好きです。
一応洋画ですし、「変態○○」よりは全然大丈夫かと。(^^;
その基地模型はちょっと小型のだったと思いますが持っていました。
ほかのプラモはやっぱり2号がよかったですね。あのコンテナには夢中になったものです。

観るときには吹き替え版はオススメできませんけどね。(- -;
Posted by 白くじら at 2006年11月23日 10:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。