映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年02月08日

ラヴァーズ&ドラゴン

ニキビを治すために誕生した正義の剣士!

ラヴァーズ&ドラゴン2004年(LOVERS & DRAGON:小白龍情海翻波)
製作国:香港
監督:ウィルソン・イップ
製作:ジョー・マ
脚本:ウィルソン・イップ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
中国、平凡…とはいいがたいのですが、ハクフォンは貴族の学校で学んでいた女子大生でした。
ある夜のこと、学校の女性に不埒なことをしていた校長に、天罰を与えるために現れた盲目の殺し屋「トリの羽根」は目的を達したものの、正義の剣士パクロンと壮絶な戦いを余儀なくされました。
パクロンは「トリの羽根」に重症を負わされ、屋根を破ってハクフォンの部屋へ落ちてきました。もう命がつきると思ったパクロンは、ハクフォンと出会ったのも何かの縁と、自分の力をハクフォンに「ダウンロード(ブロードバンド級)」するのでした。

次の日、おでこに特大のニキビができていることを知ったハクフォンは、狙っていた第二王子ティンヨン殿下とのデートにいけないと嘆きます。
しかも知り合いとの喧嘩のときには、思わず体が反応し相手を叩きのめしたり、宙を飛び屋根に飛び上がってしまい降りられなくなったりと…さらに鏡を覗いた彼女はほかにもニキビができているのに気付きます。
再び嘆く彼女に声をかけたのは、死んだと思われていたパクロン、彼女はちょうどその日ハクフォンからもらって食べていた、栄養たっぷりのツバメの巣のおかげで命をつなぎとめていたのです。
力を返せば元に戻るとのハクフォンの説明でしたが、あいにく「システム(?)」の不調でしばらくは戻せないと…やむなく血の巡りをよくするためにハクフォンは、シューパクロンと名を変え、義賊となって活躍を始めるのでした。

こうしてようやくニキビも消えたころ、ティンヨン殿下に招かれたハクフォンは、殿下といい仲になっていきますが、彼の部屋に大量の羽根が!これは「トリの羽根」の予告状なのです。
ハクフォンは殿下の危機に、再びシューパクロンとなり「トリの羽根」と戦うことにするのでした。しかしその戦いで彼女は不覚にも足を骨折し、いやおうなしに「トリの羽根」の家で一緒に暮らすことになっていくのです。
やがて「トリの羽根」の生き様にふれていく内に、彼女の心情に微妙な変化が起こりはじめるのでした。

映画レビュー
普通かな…いやぁ、こういうギャグモノとは思っていなかったので、ぶっとんでしました。
学校での演奏会からなんだかおかしいゾ、この映画。と思っていたのですが、力をダウンロードするシーン!Windowsのファイルコピーのように「力(ファイル)」が何度も飛んだり、下には青色の経過を示すゲージがあったりと、やってくれます。
ちなみにブロードバンドだったそうです。(^^)

ほかにも殿下とデートするときには、ローラースケートしていたりテニスをしていたり、「トリの羽根」が買ってきた食糧がマックのバリュー(オマケ付き)だったりと、どこかおかしいというか、時代設定が無茶苦茶なのですが、なぜかそれが許せてしまうような、ほほえましい演出になっています。

それでありながら、ハクフォンとティンヨン殿下、「トリの羽根」の三角関係のラブロマンスが絶妙。
後半はアクションよりも、彼らの結末がとても気になってしまいます。
Number343ベタな部分もあるのですが、最近にしてはなんだか珍しく共感できる部分もあり、面白かった作品でした。

トラックバック(コメント)
銀幕大帝α(ヒロ之さん)の「ラヴァーズ&ドラゴン


posted by 白くじら at 22:01| Comment(2) | TrackBack(1) | カンフー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは!
こちらにも失礼します。
コメント&TBありがとうございました。
読者様からのお奨めで鑑賞致しましたが、先に予告動画を観た限りでは真面目なカンフーアクションだと思っていました。
ところがいきなり「ダウンロード」の画面が出てきたので、目が点になりましたよ(笑)。
そういうのを求めていない人には向いていない作品かもしれませんが、個人的には滑らない程度の笑いと美麗なワイヤーアクションを楽しめたので満足しています。
真面目なカンフー映画も良いですが、たまにはこういうお茶目に作られたカンフー映画を観るのも良いかもしれませんね。

色んなジャンルの作品を御鑑賞されているのですね。
意外とまだ未見な作品、気になっている作品もレヴューされてらっしゃいますので、またじっくり拝見させて頂きますね。

もし、宜しければ相互リンクをお願いしても良いでしょうか?
ご検討の程よろしくお願いいたします。
Posted by ヒロ之 at 2015年12月28日 14:08
こんにちは、ヒロ之さん。
こちらにもありがとうございます。

予告だと、やっぱりアクションシーンが主になってそうですね。ワイヤーアクションは凄いので誤解を招きそう。(^^;
私も「ダウンロード」で目が点になった口ですが、ここさえ乗り越えたら面白い作品として楽しめるでしょうね。

おちゃめなカンフー映画もいいものですね。
最近はリアル指向のアクションがおおいので、こういう作品があるとホッとします。

私の鑑賞はSF(サイエンス・フィクションもスペース・ファンジーも)、アクション、ホラー、ファンタジーなどが主食ですね。でもドキュメンタリー以外なら基本なんでも観てます。

相互リンクの件、ありがとうございす。
さっそくこちらからもリンクさせていただきました。
今後ともよろしくおねがいいたします。(^^)/

トラックバックもありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2015年12月29日 09:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ラヴァーズ&ドラゴン
Excerpt: 小白龍情海翻波/THE WHITE DRAGON 2004年 香港 93分 アクション/歴史劇 劇場未公開 監督: ウィルソン・イップ 『イップ・マン 葉問』 脚本: ウィルソン・イップ 出演:..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2015-12-28 14:00
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。