映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年03月09日

アトランティス 七つの海底都市

黄金の像は人の欲望を引き出し、争いを生むのだ。

1978年(SEVEN CITY OF ATLANTIS)
製作国:イギリス
監督:ケヴィン・コナー
製作:ジョン・ダーク
脚本:ブライアン・ヘイルス
撮影:アラン・ヒューム
音楽:マイク・ヴィッカース
特撮:ジョン・リチャードソン

ストーリー
1896年ごろ…テキサス・ローズ号はバミューダに迫っていました。
チャールズ・アトキン(ピーター・ギルモア)親子の海洋調査に付き合っているのは、友人であり深海観測艇ベルの操縦士であるグレッグ(ダグ・マクルアー)でした。しかしバミューダ接近に、ダニエルズ船長(シェーン・ライマー)以下3人の乗組員グローガン、ジャッコ、フェンは、気の乗らない様子で作業をしていました。

目的地でベルに乗り込んだチャールズとグレッグは深海に降りて行きますが、推進40尋(ひろ…両手を広げたくらいの長さ(1.83mくらいです))ほど降りたところで、突然ベルの下部から巨大な口が!
ここで説明しておかなければなりません。ベルはコップを逆にして沈めれば中に空気がある、という理論を元に作られた潜水艇でなんと下には穴が開きっぱなしなのです!
チャールズによるとこれは胴甲亜網の首長竜であるとか…グレッグはそんなことはどうでもよく、また突っ込んできた時にそいつの口に電気を流して追い払うのでした。

やがて深海に近付いたとき、洞窟らしき横に黄金の柱像を発見して引き上げます。
驚いたのは海上の乗組員たちです。
喜ぶチャールズの父親である博士をしり目に像を奪う算段をし、ベルの命綱を切ってしまうのでした。しかし、ちょうどグレッグたちは上昇する巨大なタコの影を目撃しており、それが切ってしまったのだと思ってしまいます。その大タコは船を襲い、船員と船長たちを海の中に引きずり込んでしまいます。

こうして海底の奥に連れ込まれた船員たちと潜水艇のグレッグたちが気付いたとき、彼らはどことも知れない地に流れ着いていました。
そこに現れたアトミア(マイエル・ゴダード)と名乗る男性、そして海から現れた銀色の仮面をつけた戦士風の人間たちに連れられ、彼らは第3都市トロイと呼ばれる地に足を踏み入れます。
アトミアの話によるとここは海の底で第1、2の都市はすでに水の中でやがてここも沈んでしまうといいます。ここでの恐怖は水だけではなく、モグダンと呼ばれる怪物などもいました。
やがて彼らは第4都市バールでデルフィン(リー・ブロディー)という女性を助けたことから、彼らといさかいを起こし閉じ込められられることに…しかしなぜかチャールズだけはそのまま第5都市ゼフトに…そこで待つと言う最高審問官アトラクソンは彼にいったいなにをさせようというのでしょうか。そして今、第4都市にザークと呼ばれる怪物の襲撃が!!

映画レビュー
とほっ…海底、アンランティスとくればわくわくしない方がおかしい、と昔は喜んで観ていたものですが、今観ると設定の凄さにもちょっと驚いてしまいます。(^^;
特撮は昔にしてはよく頑張っているようですが、モグダンやザークとの戦いは、あまり人間と接しないのが残念です。
しかし大タコ、首長竜、モグダン、ザーグ、スナップ・フィッシュ、改造エラ人間など飽きさせない作りは評価してもいいと思います。

一番のびっくりは潜水艇ベル。
下が出入り口になっているのですがハッチというものがありません。(^^; かなりもみくちゃにされるのですが、ひっくり返るということがなかったのは驚きです。ひっくり返った瞬間、ぼこんと空気が流れ出て、大変なことになりそうです。なかなか斬新でした。(- -; っていうか、空気もつの?

そのほかにもアトランティス人が火星から脱出後に彗星の影響で地球に来たとか、脱出したはずの火星に戻ろうとしているとか、自分たちより遥かに劣る人間に助けを受けようとしたり、うーん、謎です。
というわけで、あまり考えないで楽しみましょう。

【一言いいたいコーナー】
・結局あの黄金の柱像はいったい何のためにあそこに建っていたのでしょう、でもっていったい何?大タコ用のハンマー?
・マリーセレスト号のブリックス船長が登場していました。なんと20年もここにいたとか。
Number368・アトミアさん…水攻撃あまりにも命中率が悪すぎですよアナタ。
 


posted by 白くじら at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めましてU・Mと申します。
映画自体は残念ながら見た事はありませんが、子供の頃に買ってもらった
怪獣図鑑で見た「モグダン」(最近までモグタンだと思ってました笑)
やモンスター大ダコにワクワクしたものです。又当時他の映画を観に行った
時、この映画の予告編をやってたの覚えていますが、タートルスネークが
潜水艇ベル号を襲うシーンは結構トラウマとして残っています。

昔の、同じくアトランティス映画「謎の大陸アトランティス」と一緒に
カップリングとしてDVD化してほしいですね。
Posted by U・M at 2014年05月25日 09:10
こんにちは、U・Mさん。
初めまして、今後ともよろしくお願いいたします。

怪獣図鑑にモグダンが載っていたのですか!
上映当時は相当有名だったのでしょうか…大ダコが暴れるシーンもいいですしねぇ…確か私も亀が城壁を登って行くのを岩を落として阻止するというゲームを作りました。(^^;;PC-8001の時代ですから緩い過去ですねぇ。

「謎の大陸アトランティス」は観たことがありませんが、ストーリーを見ると波乱万丈で面白そうですね。
今でもアトランティスやムーなどを単語を見るとわくわくしますよ。(^^)
Posted by 白くじら at 2014年06月01日 22:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。