映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2013年09月13日

ライジング・ドラゴン

ごろごろごろごろごろごろごろごろ…止まらない!
ライジング・ドラゴン [DVD]公開年2012年
Chinese Zodiac
制作国香港、中国
監督ジャッキー・チェン
原案
制作
制作総指揮ジャッキー・チェン、スタンリー・トン、バービー・タン
脚本ジャッキー・チェン、スタンリー・トン、エドワード・タン、フランキー・チャン
撮影ン・マンチン
音楽ネイザン・ウォン
amazon.co.jpでの評価を見る。

ストーリー
1860年10月…英仏連合軍は清に攻め込み、各地の国宝が略奪されました。円明園の噴水時計の十二支首像も例外ではありませんでした。

2000年…十二支首像の1つ牛首像がオークションに出品されました。
以来、首は次々とオークションにかけられていきました。

そして現代…アンティーク・ディーラーのマックス・プロフィット社は、残された首を探すために≪アジアの鷹≫と呼ばれるJC(ジャッキー・チェン)を雇いました。
JCたちはさっそく仲間たちと首を探し出す計画を練るのでしたが…。

映画レビュー
とほっ…「サンダーアーム・龍兄虎弟」「プロジェクト・イーグル」の≪アジアの鷹≫シリーズ、第3作目に当たりますが、前作をそんなに気にすることはありません。同じキャラですが、話が続いているわけでありません。おなじみのタブレットを食べるシーンなどはありますけどね。(^^)

ジャッキー・チェンは本格アクションからは今作で引退と言っており話題になりましたが、本格アクションにしては笑えないギャグがふんだんに入っており、残念ながらとても凄い…とはいいがたい作品だったように思えます。
これはひょっとしてコメディなんでしょうか。
ジャッキーの昔からの戦いの中での笑いは健在でしたが、体を張ったカンフーアクションは本当に少ない…もちろんカンフーモノではないのですが、なんだか残念でした。

【ここがいい!】
・序盤の体中に着けたローラーでのアクションシーンはよかったですね。これはTVでも紹介していて観たかったシーンでした…が、まさか序盤だけであとは出てこないなんて…ちょっとショックです。
・ラストのスカイアクションから着地までも手に汗握りました。これは凄いです。

【ここは問題かな?】
・笑えないコメディシーンが多いです。特に南海でのパイレーツのパロディ(?)には参りました。この当りの出来はかなり酷いです。(T T)
・おそらく詰め込みすぎだと思います。2家族の問題など無理やりまとめてますけど、中途半端ですね。

【一言いいたいコーナー】
・NGシーンは健在でした。だも前にも書きましたけど、笑えるNGはいいんですけど、怪我などは正直見たくないんですよね。特典映像としてならいいんですけどねぇ。
Number791・カメオ出演として、スー・チーダニエル・ウージョアン・リンなどが出演しています。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
miaのmovie★DIARY(mia☆miaさん)の「ライジング・ドラゴン
忘却エンドロール(宵乃さん)の「一言映画感想(11/14〜11/23)

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ


posted by 白くじら at 23:21| Comment(4) | TrackBack(2) | アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。ご無沙汰しております。

私も白くじら様と同じく「とほほ」でありますよこの作品は。
ジャッキー最後のアクション作品と聞いて、凄く楽しみにしていたのに、これはいったい。。。
話が頭に入ってこないくらい荒削りでしたもんね。ラストの夫婦円満のくだりは驚愕でした。ギャグも従来、笑えないのが多かったですが、それはアクションが補ってましたよね。今回はギャグの踏み外しだけ、延々見せられているようでした。

唯一、よかったと思うのは、ラストのジャッキーらしいアクションと、ホンワカした格闘でしょうか(笑)。
特にキャットファイトは、双方が格闘家らしい身体能力で戦って、途中で意気投合して助け合うところがよかったです。
もう全体的に平和チックで、ジャッキーが一番最後に望んだストーリーだったんでしょうね。
本人は満足してそうですが、世界のファンらは消化不足でストレス溜まってるんだろうな(笑;)。

ちょっとジェット・リーと共演したハリウッド作品を再見しようか考え中です。

ガッツリ応援いきますよ♪凸
Posted by umetraman at 2013年09月15日 01:21
こんにちは、umetramanさん。

やっぱり「とほほ」でしたか。(^^;
かなり凄いアクションを期待してしまっていたのはこちらの勝手なんですけど、期待していただけに落胆度が大きかったですね。
昔の酔拳や蛇拳もたしかにギャグが多かったのですが、カンフーとの抱き合わせで違和感なく笑っていたものですが…何かが違うんですよね。単なるギャグだけだとこんなに低レベルになるんだ…と驚きました。(^^)

後半のライバルとの戦い(女性同士も含む)やスカイダイビング中のアクションはよかったですね。こういうシーンもあるのにもったいなぁと思います。
私もファンはストレス貯まっていると思います。(- -;;

応援ありがとうございました!
Posted by 白くじら at 2013年09月16日 15:45
どうもです!
そうそう、パイレーツ〜のパロディ部分は無様でしたね…。あまりに酷すぎたので記憶から消してました(笑)
フラッシュ撮影しながらバトルとかはよかったのになあ。
あと、上のコメントで書かれているキャットファイトもよかったです。殴り合って友情が芽生えるところとか。
ラストも強引にハッピーエンドに持っていったという感じで、B級映画度アップです。
これが最後のアクション作品だなんて哀しい!
Posted by 宵乃 at 2015年11月25日 10:58
こんにちは、宵乃さん。

おお、レビューしていたことに今になって気づきました。(- -;
どれだけ記憶にないんだ!←私
あとで、トラックバックしておきますね。

パイレーツパロはどうもねぇ。安易に笑いをとろうとしすぎでしょうか。

キャットファイトはよかったですね。
主人公ではないところでの頑張りが。(^^;

まぁ、詰め過ぎで、まとめるのが大変だったのでしょうけど、ちょっと大味すぎましたね。
もっと頑張ってほしい!
Posted by 白くじら at 2015年11月25日 11:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

ライジング・ドラゴン
Excerpt: ライジング・ドラゴン [DVD](2013/08/23)ジャッキー・チェン、クォン・サンウ 他商品詳細を見る 【CHINESE ZODIAC】 制作国:香港 制作年:2012年 19世紀、欧..
Weblog: miaのmovie★DIARY
Tracked: 2014-07-15 17:10

一言映画感想(11/14〜11/23)
Excerpt: 21日に、本州では珍しいというサツマイモの花が一つだけ咲いてました。あったかい日がちょっと続いてたからかな。11/23「キャピタリズム マネーは踊る」資本主義は怖いね。社員に生命保険をかける(受取..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2015-11-26 07:00
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。