映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年04月21日

恐竜グワンジ

禁断の谷から奪ったものを返さないと呪われる。

恐竜グワンジ 特別版1969年(THE VALLEY OF GWANGI)
製作国:アメリカ
監督:ジェームズ・オコノリ
製作:チャールズ・H・シニア
原案:ウィリス・H・オブライエン
脚本:ウィリアム・E・バスト
撮影:アーウィン・ヒリアー
特撮:レイ・ハリーハウゼン
音楽:ジェローム・モロス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
世紀の変わり目、リオ・グランデの南の町でブレッケンリッジのワイルド・ウエスト・ショーが行われていました。花形スターのブレッケンリッジの乗る名馬オマールの炎のプールへのダイブが最大のショーでした。
そんな彼女に、元彼のタック・カービーは、このままではショーは廃れるから、名馬オマールを売らないかと声をかけてきます。
きっぱり断るブレッケンリッジ。そしてほかにも見世物はあると彼女が見せたものは、世界最小の馬であるエオピプス。

自分も探し出そうと居場所を知っているというジプシーのティア・ゾリーナに、途中で知り合った考古学者のブロムリー教授とともに会いに行くことに…しかし、禁断の谷のものはグワンジに返さなければ、呪いを受けると言い、取り合ってくれません。

どうしても馬を手に入れたい教授は、ゾリーナにエオピプスがいることを言ってしまいます。その結果、ジプシーたちはブレッケンリッジの倉庫からエオピプスを奪い禁断の谷へと逃げてしまいます。責任を感じたタック、そしてタックが盗んだと思ったブレッケンリッジ、カルロスたちショー一座の面々たちも…。
やがて訪れた禁断の谷…そこは高い岩壁に閉鎖された太古の地でした。

映画レビュー
ちょっとオススメ1942年にオブライエンが「時の静止する谷」という題で進めていた作品でしたが、社の人事異動などで立ち消え…その後かなりの改変を受けた「原始怪獣ドラゴドン」も登場。しかし基本構成をようやく日にあたらしめたのは、彼の弟子であるレイ・ハリーハウゼンでした。

主に暴れる恐竜はグワンジ(アロサウルス)です。そのほかにもプテラノドン、ステゴサウルス(訳はステゴでしたが、どう見てもトリケラトプスと思うのですが)、エオピプスなどが登場するのも嬉しいところです。
プテラノドンとカウボーイ、そしてグワンジとカウボーイたち、グワンジと象との絡みは、レイ・ハリーハウゼンの面目躍如といったところです。「恐竜100万年」で1ショットで原始人トマクが投げた槍がアロサウルスに突き刺さったことに感動したものですが、今作では、カウボーイたちの投げ縄に感動できました。
完全なるCGもいいけど、こういうダイナメーション作品もいいですねぇ。

唯一ブロムリー教授だけがギャグキャラ、あと道案内にタックが雇ったロペがシリアスにいい緩和役となっていました。
Number403昔の作品ですが、「恐竜100万年」に次いでオススメしたい作品です。
コメントなしトラックバック
DVDレンタルサービス ぽすれんの「恐竜グワンジ 特別版
 


ラベル:恐竜 SF DVD 映画
posted by 白くじら at 22:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 恐竜 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。