映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2014年06月19日

パニック・マーケット

悪事を働けば、天罰がくだる!
パニック・マーケット DVD公開年2012年
BATI
制作国オーストラリア、シンガポール
監督キンブル・レンドール
原案
制作ゲイリー・ハミルトン
制作総指揮ラッセル・マルケイ
脚本ラッセル・マルケイ、ジョン・キム
撮影ロス・エメリー
音楽ロバート・マッケンジー
amazon.co.jpでの評価を見る。

ストーリー
とあるリゾート地、ライフガードをしていたジョシュ(ゼイビア・サミュエル)は、友人ローリーの妹ティナ(シャーニ・ビンソン)と愛し合っていました。しかし自分の代わりにブイのチェックをしていたローリーが、ホオジロザメに襲われてしまいます。
ティナはシンガポールへ引っ越しし、ジョシュはローリーが死んだのは自分のせいだと感じ、心身共に疲れ切った様子でスーパーマーケットの店員としての日々を送るようになるのでした。

そんなある日の事、若干の予兆があったものの地震が発生、津波がビーチを襲いました。
スーパーマーケットも例外ではなく膨大な海水は多くの人を飲み込み、マーケットを修羅場へと変えてしまうのでした。
ジョシュを含め、辛うじて生き延びた人々の中には、丁度強盗の真っ最中だった男、刑事…そしていつの間にか故郷へ帰っていたティナと男の影…彼らはマーケットの中から脱出しようとするのでしたが、そこには巨大なホウジロザメも入り込んでいるのでした。

映画レビュー
ちょっとオススメサメパニックものの一本です。
CGも結構頑張っている感じですし、主人公の見せ場も格好いいです。
そのあたりのB級の中では群を抜いていると思います。

主人公が友人を失ってからのやる気のなさが、この事件を通して解消されていくのもいいですが、彼女がいつの間にか戻ってきていたり新らしい彼氏(実際はどうだったのかは…)がいたり、いろいろとご都合的な展開も多いです。
ただ、それなりにいろいろな人たちのドラマも描かれているのに、サメやその他の事件のおかげで退屈するようなこともなく物語が進むテンポの良さはよかったですね。

【ここがいい!】
・まずテンポがよく、ダレることはほとんどなかったです。
・水中に潜るために作った即席アクアラング…マーケットのいろいろなものを使っているのですが面白い。ただその結果は…なんということだ。
・嫌っていた父親を行かせまいと自ら水中にダイブするジェイミー…ちょっとグッ!ときました。
・1カットですが、何かが脳天直撃!!ひー。
・津波に果敢に向かっていくサーファー!!バカですが…彼はいったいどうなったのでしょうか。
・バカップルの会話全般。(^^; 本当にこいつらときたら…いいぞ!

【ここは問題かな?】
・いっぱい人が死んでいのに…なぜ食べない?(後半は生きている人間の味を覚えているという説明があります)
・最初の事件からいったいどのくらいの日々が経過しているのか不明。
・最初のサメとマーケットのサメが同じであるという傷か印のようなものがあれば、もっと過去との決別ができたのにと思います。単にまったく関係のないサメかもしれませんけど。
・何気に助かる数が…いいのか悪いのか。(^^;

【一言いいたいコーナー】
Number800・CMでは殺人ガニが!というくだりもありますけど…ただのカニでしょ。しかも1シーンですし…こういうところが誇大広告なんですよねぇ。(- -;

コメントとトラックバックをさせていただきました。
今夜も酔いどれ映画感!(shimanemanさん)の「パニックマーケット

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
ラベル:サメ パニック
posted by 白くじら at 13:55| Comment(0) | TrackBack(0) | モンスターパニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム