映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2016年02月16日

ピクセル

ピコピコと壊しちゃうよ♪
ピクセル(初回限定版) [Blu-ray]
2015年(PIXELS)製作国:アメリカ
監督:クリス・コロンバス原作:パトリック・ジャン:「ピクセル」
製作:アダム・サンドラー、クリス・コロンバス、アレン・コヴァート、マーク・ラドクリフ製作総指揮:パトリック・ジャン、ベンジャミン・ダラス、ジョニー・アルヴェス
脚本:ティム・ハーリヒー、ティモシー・ダウリング撮影:アミール・モクリ
音楽:ヘンリー・ジャックマン、ワカ・フロッカ・フレイムamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1982年、サム・ブレナーはゲームのパターンを読むことに関しては天才、彼は友人のウィル・クーパーと第1回ビデオゲーム大会へ出かけ参加することにします。
そこで同じゲームオタクでゲームキャラのレディ・リサに恋するワンダーキッドことラドロー・レイモンソフとも知り合いになります。サムは順調に勝ち進み、ついにギャラガとセンチピードの世界チャンピオンとなります。決勝戦は、同じくパックマンの世界チャンピオンに輝いた火炎噴射男(ファイアブラスター)ことエディ・プラント。2人の対戦ゲームはドンキーコングとなりましたが、残念ながらサムは負けてしまうのでした。
この大会の記録は、NASAが他の映像などと一緒にロケットに積み込み打ち上げられました。もちろん友好の証としてだったのですが…。

時は流れ2015年…サム(アダム・サンドラー)はあれ以来すっかり自信を無くし、家電の取り付けサービスをこなしていました。逆にウィル(ケヴィン・ジェームズ)は、なんとアメリカ大統領となっていましたが、友達を気遣う気持ちは変わってはいません。ただ、イマイチ大統領としての人気に怪しいところが。

そんな時、宇宙から飛来した謎の宇宙船が、グアムのアンダーセン空軍基地を襲い、建物をピクセル化し、兵士の1人が(ギャラガの)トラクタービームによって連れ去られてしまうのでした。
飛来した宇宙船や戦闘機、そして音楽がギャラガである事を知ったウィルは、サムをゲームアドバイザーとしてホワイトハウスに呼び寄せました。
丁度、あるお宅でTVのセッティングを終わったところだったサムはすぐさまホワイト・ハウスに向かったのですが、なんとその家の(いい雰囲気になりそうだったが駄目だった一児の)奥さんがヴァイオレット・ヴァン・パッテン中佐(ミシェル・モナハン)であったことが分かりますが、彼女とはどんどん険悪な中に…。
結局サムがいう今のダウンロードできるギャラガではなく、当時のプログラムだということは、さっぱり理解されず追い出されてしまうのでした。
しかし、サムに会いに来ていたラドロー・レイモンソフ(ジョシュ・ギャッド)がもたらした情報は、1982年にNASAが宇宙に贈ったロケットは、エイリアンからすると果たし状と解釈されたというものでした。そしてヴォルーラ星人からはビデオの情報から作ったゲームでの「3本勝負」が付きつけられてしまったのです。ライフは3つ。つまり3度負けると地球は侵略されてしまいます。

すぐさまウィルに教えますが、ゲーマーオタクの不確かな情報で軍は動かせず…走行している内にインドのタージ・マハルがアルカノイドによって壊滅してしまいます。これで地球のライフは1つのみ。ゲームに関しての知識がない軍は役に立たず、サムたちの知識と行動でなんとか次のセンチピート戦を勝ち取った地球では、彼らの力をようやく認め始めました。
残りの勝負をかけ、ついにサム、ラドロー…そして刑務所に入っていたエディ・プラント(ピーター・ディンクレイジ)たち「アーケーダー」は、次の地ニューヨークでパックマン戦を繰り広げるのでしたが…。

ブログ DE ロードショー

映画レビュー
ちょっとオススメ映画鑑賞の記録のmiriさん発祥、現、忘却エンドロールの宵乃さん主催の「ブログ DE ロードショー」に参加です。この企画は映画を決めて、その期間中にみんなで観ようというもので、通常は1本決めてから観るのですが、今回は同じテーマということで特別企画です。
企画名は「第4回真冬のファンタジー企画」です。
SFもファンタジーに含まれていますが、広すぎるので個人的には純粋なサイエンス・フィクションは除外して、不思議要素の入っているSFのみ含もうと思っています。(^^)
企画2回目に観たのは「ピクセル」。SFでありコメディですが、ゲーマーにとってはまさにファンタジーに世界観だと思いますので、よしとしました。(^^;;

映画レビュー

ピクセル(画素)というのは、色情報を持つ最小単位のことです。
よく昔はドットと言っていましたが、それは単に点という意味になるでしょうね。またそのドットを1つずつ打って(描いて)絵を作ったりする人の事をドッターと呼んでいました。実は私もドッターの1人で、今までにも数多くのキャラを作成してきました。アーケードには関わっていなくてパソコンだけですけど、検索するとネットにはその欠片が散らばってます。(^^; このブログに使われているアイコンなどもその一部です。

当時1982年のゲームが数多く登場します。
もちろんこの年にビデオゲームが初めて登場したわけではなく、全盛期って感じでしょうか。ギャラガ(シリーズ的には2期、1期はギャラクシアン、私は3期のギャプラスが好き)、センチピート、パックマン、テトリス、ドンキーコング、アルカノイド(ブロック崩しの超進化版)、ディフェンダー、フロッガー、バーガータイム(これは好き)など懐かしいゲームが3Dになって戻ってきた感じでした。3Dでも今どきのCGではなく、あくまでもドット絵風なのがとても嬉しいです。

ああ、実際にこんなゲームをしてみたい!!

と、ゲーマー狂喜乱舞(まではいかないか)、本当にこの時代のゲームに燃えた人向けですね。でも…今の時代の人には「なんのこっちゃ」かもしれません。(@o@)
ストーリーは残念ながら至ってシンプルな決闘な軸です。それぞれの人たちが今の生き方からは成長するといった感じでラストはちょっと感動しますが、どうしてもゲームに重きを置いているので、それほど深刻に悩んだり感動することはなさそう。どちらかというと、笑って楽しく観るのが一番いいと思います…ただ問題は、ゲーマーでなければ分からないことが多くて笑えるシーンも笑えないかもしれません。(^^;

おお、あそこに、チェリー出てるやん!
スコアー出てる!
テトリスでビルが!
ドラム缶ちゃんと燃えたー!
車のナンバープレートにキャラ名が!!

なんてね。

でもラストのオチにはびっくり。(^^; いいのかー、ラドロー!

チェックポイント
【ここがいい!】
・ピクセル化して崩れるところがなんだかいい!こういうところは現代のCGによる視覚効果が大きいですね。しかし、人間までもがピクセル化してしまうとは。
・オープニングの文字が昔のドット風の文字だったり、ラストが今までの一連の流れをレトロ感たっぷりに再現していたりするのが嬉しい。
・敵のビデオの中にマドンナや「ファンタジー・アイランド」の2人がいたり、祝賀会でラドローが歌った歌とか、そういうところでも昔を偲ばせてかれます。
・ウィルのクレーンゲームのうまさも出てました。でも、クレーン、ピクセル化しないのかな?
・トロフィーのQバートがなにげにカワイイ。

【ここは問題かな?】
・リディ・リサはあくまでピクセル化していてほしかったです。しかし…あのラストの何とも言えない赤ちゃんは面白いんですけど…ちょっと悪趣味かな。
・地球側の対ピクセル兵器があまりにも簡単に制作され、しかも携帯用として大量生産されていたこと。

【一言いいたいコーナー】
・実際にアーケードでコマンド入力による技ってあったのかどうかは知りませんが、SFCやPSに移植された時には、いろいろと隠しコマンドはありましたね。私がアーケードで知っていたのはファイナルラップの自車の透明化くらいかな。まぁ、もちろんバグはいろいろとありましたけど。
・レディ・リサのゲームはこの作品のためのオリジナルゲームです。
・ビデオゲーム大会の司会者がダン・エイクロイドです。なんだか懐かしいですね。
・パックマンの生みの親である岩谷氏は、本作ではデニス・アキヤマが演じていましたが、実は本人も1982年のゲームセンターにナムコのエンジニアとして登場してます。
・テトリスも登場していますが、本当は1984年ですね。でも、基本パズルとしてはあったのかな?それとも、異星人たちは、その後も地球を調べていたのかな。(^^;
Number838・噂では吹き替え版はあまりの下手さに悶絶するそうです。恐ろしいですねー、聞きたくありません。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
忘却エンドロール(宵乃さん)の「第4回真冬のファンタジー企画
いやいやえん(makiさん)の「ピクセル
銀幕大帝α(ヒロ之さん)の「ピクセル

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
タグ:SF コメディ
posted by 白くじら at 20:01| Comment(8) | TrackBack(4) | ファンタジー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>実は私もドッターの1人で、今までにも数多くのキャラを作成してきました。

お〜!ドッターだったんですか!?
一度ドット絵のアニメgifを作ったけど、目がしょぼしょぼして二度と作るか!とか思いました(汗)
今でもネット上には白くじらさんの作品がたくさんあるんですね〜。尊敬します!

チケットもいい感じですね。
題材になっているゲームは半分もわかりませんが、このドットっぽさにワクワクします♪

>ラストが今までの一連の流れをレトロ感たっぷりに再現していたりするのが嬉しい。

あ〜、こういうの大好きです!
いつか字幕版で堪能したいと思います。
2作品目もご参加ありがとうございました♪
Posted by 宵乃 at 2016年02月17日 07:48
こんにちは♪

ドットに8bit音源、最高です
背景でビルがテトリス崩れしてるシーンとか、
私もみっけてニヤリとしてましたよ〜
細かい部分をあげればツッコミどころはたくさんあるし
見つけて嬉しい部分もたくさんあるんでしょうが
話は薄くとも、懐かしいという胸熱な部分で
その薄さは軽減されてたかな?と。
Posted by maki at 2016年02月17日 13:49
こんばんは、宵乃さん。

あはは、GIFアニメも好きですよー。
実は私は「白くじら」以外にもその活躍した期によってハンドルネームが違うので、この今の「白くじら」ではなかなか引っかからないかと思いますけどね。(^^;

チケットはできるだけジャケ写と同じにならないようにしているのですが、今回は結構うまくいったと思います。ありがとうございました。

レトロ感あふれる作品は、ノルタルジアに浸ってしまいますね。
思い出が多ければ多いほど、作品が神格化されていきそうです。(^^;

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2016年02月17日 21:41
こんばんは、makiさん。

まさかテトリスがビル崩壊に一躍かうとは思ってもいませんでした。(^^;
ツッコミ所はあれど、確かにゲーマにはそういう部分よりも懐かしさが勝っていたと思います。
やっぱりかなり鑑賞者を選んでしまう作品でしたね。

トラックバックありがとうございました。
Posted by 白くじら at 2016年02月17日 21:45
こんばんは!
エイリアンが攻撃した後にキューブが散らばるのは華やかさがあって良いですよね。
私が実際にゲームにハマッたのは二十歳になってからなので、その前のファミコンとかアーケードゲームとかにはそんなに触れた事がないんですよねぇ。
なので流石にパックマンとかドンキーとかは知ってますが、遊びまくった程の思い入れがないもので、ワイワイとした映像を1番に楽しんだような感じになりました。
映像の賑やかさが際立っている作品でした。
Posted by ヒロ之 at 2016年02月24日 17:36
こんばんは、ヒロ之さん。

うんうん、あのキューブの飛び散りは私も好きでした。
あのせいか、なんだか人間がキューブ化していくのも、それほどグロくもなく観れました。本当は凄い状態なのでは?と思いました。(^^;

そうですねぇ。
これは当時のゲームを知っているのと知らないのではまったく感想が違うでしょうね。ということは、知らない人にとっては和解の要素も普段の言い回しすら分からず駄作になってしまう事でしょう。(T T)
なんだか、残念ですけど、なまじ万人に受けるように作るより、マニア受けしかしない作品もたまにはいいものです。あはは。

トラックバックありがとうございました。
こちらからもさせて頂きますね。(^^)/
Posted by 白くじら at 2016年02月25日 21:19
これいいのですか?
見たけど、カウントしていない。
パックマンが分かりにくい
全面に居なきゃOKなんですね。

内容は面白かったですよ。
3Dで見たかったです。
パックマンなどのキャラが飛び出てくると面白そう。
Posted by レーザー at 2016年02月28日 19:53
こんばんは、レーザーさん。

うーん、これは本当にゲーマー向けの作品だと思いますよ。
ゲームルールは簡単に説明があるものの、詳しい説明があるわけでもありませんから、既にみんな知っているものとしての行動が壁になっていると思います。

そういえば、3Dもあったのですね。
もともと2次元ですが、ピクセル化して立体になってますから、何気に楽しそうですね。
劇場へ行っておけばよかったなー。(^^)
Posted by 白くじら at 2016年02月29日 20:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/433894354
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

第4回 真冬のファンタジー企画
Excerpt: <みなさんの記事>鬚禿観察日記ヒゲハゲカンサツニッキ 映画「オールウェイズ」感想 映画鑑賞の記録 素敵な相棒 〜フランクじいさんとロボットヘルパー〜/オデッセイ/幽霊と未亡人 MOVIE-DIC ..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2016-02-17 07:02

ピクセル
Excerpt: 【概略】 1982年、NASAが宇宙に向けて「友好」のメッセージを発信した。2015年、しかし宇宙人はそのメッセージを人類からの宣戦布告と勘違い。ゲームキャラに姿を変え、地球を侵略しはじめたのだ! ..
Weblog: いやいやえん
Tracked: 2016-02-17 13:43

ピクセル
Excerpt: PIXELS 2015年 アメリカ 105分 コメディ/アクション/SF 劇場公開(2015/09/12) 監督: クリス・コロンバス 『パーシー・ジャクソンとオリンポスの神々』 製作: アダ..
Weblog: 銀幕大帝α
Tracked: 2016-02-24 17:29

ピクセル
Excerpt: JUGEMテーマ:SF映画 一般     「ピクセル」 原題:Pixels 監督:クリス・コロンバス 2015年..
Weblog: マープルのつぶやき
Tracked: 2016-09-25 15:21
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム