映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年06月04日

座頭市

朱色の仕込み杖に近づく者は…。

座頭市 <北野武監督作品>2003年
製作国:日本
監督:北野武
プロデューサー:森昌行、齋藤恒久
企画:齋藤智恵子
原作:子母沢寛

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
宿場町への道で休んでいたあんま…近づいてきたヤクザの集団は子供をつかい、あんまの杖を奪います。しかしヤクザたちは目にも止まらないあんまの動きに、あっと言う間に2人を殺されるのでした。
あんまは盲目でありながら、居合いの達人座頭市(ビートたけし)だったのです。

その日、宿場町は座頭市のほかに、用心棒を生業としている浪人の服部と妻、旅芸者の姉妹を迎い入れました。
服部は妻の重い病気の費用を稼ぐために、この町の親分である銀蔵に雇われることに。一方姉妹は、自分たちが子供の頃に一家惨殺された犯人を追いかけていました。

賭場で稼いだお金で姉妹たちを買い、彼女たちが暗殺の技を持っていることと、悲惨な過去があることを知る座頭市。
賭場でイカサマを暴いた座頭市の大暴れから、用心棒服部との出会い、そして親分銀蔵を裏から操る真の大親分…姉妹の言葉から、その男こそが彼女たちの犯人であることを知り、ついに壮絶なる死闘が開始されることに!

映画レビュー
普通かな…北野たけし主演、金髪の座頭市の登場です。
ストーリー的にはヤクザ抗争中の宿場町に一匹狼の座頭市がやってきて…というタイプの映画でしたが、殺陣がなかなかよかったです。ただ血がCGだそうで、時々空中に飛んだ血がふっと消えるようなシーンがあってここだけはなんだか変かなって思ってしまいました。

それにしても何かといえば、白刃がきらめく映画だったので少し怖かったですね。
向かい合ったら殺されるのでは!と思ってしまいました。座頭市、ちょっと殺しすぎ。(- -;;
でも緊迫感のある中にもどこかほっとする場面も挿入されていて、ただの殺伐とした作品になっていないところがよかったです。

【一言いいたいコーナー】
・冒頭で2人のヤクザが斬られ、残った集団の中で1人のヤクザが刀を抜くところがあるのですが、その抜く行行為で隣のヤクザの腕を斬ってしまうシーンがあります。こういう何気ないところに刀の恐ろしさがあるのはいいですね。集団のときにはありそうな描写だと思いました。
Number430・最後のタップダンスはかなり違和感が…直前まで普通の時代劇だったのが…うーん。この感覚にはついていけなかったです。
 


posted by 白くじら at 00:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 時代劇 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おはようございます♪

確かに血の吹き出しっぷりがあまりに威勢が良くて
まるでコミックを読んでいる感じでしたね♪

座頭市がプラチナの髪、下駄のタップ。

勝版との差異をかなり気にして作ったらしいので
どこかB級テイストが漂っていて、好きな映画の一つですw
Posted by らんまる at 2007年06月06日 10:31
こんばんは、らんまるさん。

血の吹き出しに関しては、CGではなく、昔の血のりでしたほうがよかったような気がします。CGだとちょっと拍子抜け?技術の問題なのでしょうけど。

髪の毛はあまり違和感がなかっのですが、タップは。(^^;古い人間の私には難しいです。
でも、結構気に入っている作品ですね。(^^)
Posted by 白くじら at 2007年06月06日 23:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。