映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2017年03月17日

モアナと伝説の海

何故、私が選ばれたの?
ジ・アート・オブ モアナと伝説の海:THE ART OF MOANA (CHRONICLE BOOKS)
2016年(MOANA)製作国:アメリカ
監督:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー原案:ロン・クレメンツ、ジョン・マスカー
製作:オスナット・シューラー製作総指揮:ジョン・ラセター
脚本:ジャレド・ブッシュ撮影:
音楽:オペタイア・フォアイ、マーク・マンシーナ、リン=マニュエル・ミランダ、日本語版ED「How Far I'll Go」加藤ミリヤamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
一つの伝説がありました。
それは…世界の始まりは海だけでした。そこに女神島テ・フィティが誕生します。女神の「心」は命を生み出すことができ、人々はその力を欲しがりました。その中の人であり、風と海の神でもあるマウイ(声:ドウェイン・ジョンソン、尾上松也)が「心」を奪ってしまいます。たちまち崩れ始まるテ・フィティ…そこからは恐ろしい闇である大地と炎の悪魔テ・カァが現れマウイとの戦いが始まりました。神からの贈り物である釣り針で変身できるマウイでしたが、その戦闘の中、釣り針、そして「心」は海底深く落ち消えてしまうのでした。
闇は広がり始めやがて世界を覆ってしまいます。しかし、やがて珊瑚礁を越え「心」をテ・フィティに返す者が現れ世界を救うと…。

モトゥヌイ島に住む村長の娘モアナ・ワイアリキ(声:アウリイ・クラヴァーリョ、屋比久知奈)は、幼いころからこの伝説を聞き珊瑚礁の向こうに広がる海に強い関心を抱いていました。しかし、村の掟により出ることはできませんでした。
しかし、ある時、村の植物が枯れ果て、魚も採れなくなってきます。
モアナは珊瑚礁の向こうになら…と考えますが父の反対にあいます。その夜、おばあちゃんのタラ(声:レイチェル・ハウス、夏木マリ)から最後の伝承を聞き、村の洞窟にある秘密を知ります。
タラはモアナが子供の頃に海に愛され、選ばれたことを知っていたのです。そしてモアナはついにおばあちゃんの力の手助けで珊瑚礁の向こうへと船を進めるのでした。
目的は天空に輝く釣り針の星の下にいるというマウイを探し出し、「心」をテ・フィティに返すため…そう、今、冒険が始まるのでした。

映画レビュー
オススメやっぱり冒険活劇はいいですよねー。大好きです。(^^)
しかも海洋モノはもっとも好きだったりします。

この冒険ではモアナ(ニワトリのヘイヘイ付)とマウイの2人が、最初はいがみ合う2人が次第に信頼しあい協力していくさまが描かれていますが、その過程において、協力しなければならない境遇になったり、モアナがそう仕向けたり、絶縁状態に落ちたりと感情の起伏が凄まじい。そんな中、モアナの頑張りには目を見張りますが、それでも襲ってくる境遇についに絶望が…そして登場する○○…そんな時に流れる「How Far I'll Go」が心に染み入ります。

チェックポイント
【ここがいい!】
・おばあちゃんのタラのタトゥーがモアナを助けて珊瑚礁を突破する場面。このことによってタラの運命も判るわけですが、映像も美しく感動しました。
・マウイのタトゥーにはミニ・マウイが存在していて動きます。喋ったりはしませんが、これこそがマウイの本心である事が面白いです。さらに今まであったいろいろな事が自然とタトゥーになるということが、このラストのオチの一つにもなっています。
・釣り針がうまく使えないマウイのサメ姿。(^^; この変身中には「アナ雪」のトナカイも出てますね。
・ココナッツ海賊、怖すぎ!
・ニワトリのヘイヘイがここまでギャグ担当するとは!
・貝殻、サメ、水温、ヘイヘイ、過去の船団など、多くの伏線の回収はさすがディズニーです。

【ここは問題かな?】
・問題という訳ではありませんし好みの問題だと思いますが、やっぱり歌はオリジナルの方が好きですね。吹き替え版も好きなんですけど、やっぱり元々が日本語向きに作られているわけではない為か違和感があります。これは他のミュージカルもそうですけど歌には違和感が。ただ、歌の部分だけをオリジナルにしている日本語版の場合、どうしても吹き替えの人の声ではないので、また別の意味で違和感が…ということで難しい問題ですけど。
つまりオリジナルの字幕版を観ればいいじゃん!ってことになりますけど…吹き替えしか上映されていないんですよね。(@o@)
・ちなみに吹き替えに関しては問題なしで、強いてあげればお父さんがちょっと下手だったかな。(^^;

【一言いいたいコーナー】
・同時上映ショートショートは「インナー・ワーキング」。こっちも面白いです。
・「リトル・マーメイド」の監督だけあって、ラスト、エンドロールの最後にも面白いオチがありますので、最後まで席を立たないようにしましょう。
・国によっては「モアナ」が商標登録されていることもあり、スペインではバイアナ、イタリアではオセアニアに変更されたとか。
Number882・2016年制作ですが、日本での公開は2017年3月10日です。

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | CGアニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/448070937
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム