映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2017年06月16日

アフリカの女王

私達には、アフリカの女王がある!
アフリカの女王 《IVC BEST SELECTION》 [DVD]
1951年(THE AFRICAN QUEEN)製作国:アメリカ、イギリス合作
監督:ジョン・ヒューストン原作:セシル・スコット・フォレスター
製作:サム・スピーゲル製作総指揮:
脚本:ジェームズ・エイジー、ジョン・ヒューストン撮影:ジャック・カーディフ
音楽:アラン・グレイamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
1914年9月、ドイツ領アフリカ東部の小さな村にあるメソジスト教会でローズ・セイヤー(キャサリン・ヘプバーン)と兄サミュエル(ロバート・モーリー)は布教活動をしていました。
そんなある日、突然村に現れたドイツ軍が村を焼き払い、村人達も連れ去られてしまいます。騒動の中でサミュエルは殴り倒された挙句、あまりの惨状に精神異常をきたして亡くなってしまうのでした。

ただ一人残ったローズは、小型貨物船≪アフリカの女王≫で兄妹の様子を見に来たチャーリー(ハンフリー・ボガート)に助け出されます。
積荷にダイナマイトがあることを知ったローズは、チャーリーに魚雷が作れないかと提案。なんと彼女は≪アフリカの女王≫でドイツ軍の砲艦ルイザ号を沈めようと言うのです。あまりの無鉄砲さにチャーリーは、川下の砲艦までたどり着くためには、激流やドイツの砦など数々の難関がある事を言いますが、自分の案が気に入ったのかローズに諦めの様子はありませんでした。
逃げる事も考えなければならないチャーリーは、やむなく川を下って行くのでした。

やがて数々の困難を協力し合って乗り切っていく内に、互いに惹かれあっていく2人…そしてその前に砲艦ルイズ号が姿を現すのでしたが…。

映画レビュー
ちょっとオススメ映画鑑賞の記録のmiriさん発祥、忘却エンドロールの宵乃さんまとめの「ブログ DE ロードショー」に参加です。この企画は映画を決めて、その期間中にみんなで観ようというものです。
今回の作品は「アフリカの女王」、「クリスタルの断章」のポール・ブリッツさんのオススメ作品です。

映画レビュー

未観であり内容が冒険活劇ということで、アフリカで女王とそれを助ける男性が活躍するんだろうか?などと思っていたのですが、まさかオンボロ貨物船(しかもほとんどボート並みじゃん!)でドイツ海軍の砲艦を撃沈しに行くだってぇ!?とDVDを借りて裏の解説を読んで初めて知った内容にびっくり仰天(言い回し古い)!(^^)

いったいどういう過程でこんなことになったのか、本当に撃沈することができるのか?
2人の冒険、立ちはだかる難所と次第に惹かれあうところは冒険モノとしては定番ではあるのですが、アフリカならではの障害は面白いですね。特にラストは「おいおい!」で、最後まで楽しめた作品でした。

そういえば、ハンフリー・ボガートと言えは、渋く煙草を吸うイメージが強かったのですが、この作品で新たな一面が観れてよかったです。
ポール・ブリッツさん、楽しい作品の紹介をありがとうございました!

チェックポイント
【ここがいい!】
・やはり2人が次第に惹かれあうところでしょうか。目は口ほどにものを言うのことわざの通り、2人の顔の表情がとてもよかったです。
・最期の時の願いが聞き届けられるところ。ドイツ軍もそういうところは叶えるんですね。ローズの喜びが印象的でした。
・船に関しては何でもこなすチャーリーの技術力。しかし…溶接って流石に無理だと思いますけど…まぁ、いいか。(^^;

【ここは問題かな?】
・兄サミュエルが亡くなり復讐という流れですが、ローズが悲しんでいたのは最初だけで、その後は冒険や砲艦撃沈を楽しんでいたように感じられたのはどうなんでしょうか。お陰で暗くならずに楽しめたのも確かですが。(^^; やはりイギリスの女性は『鉄の女』なのかも知れませんねー。
・アフリカの動物たちがいろいろと出てきていたりしたのですが、実際に接触することが無かったのは残念です。

【一言いいたいコーナー】
・特撮は当時としては良かったと思います。やっばり激流とかは危ないですからミニチュアだったようですが、すぐに2人のアップに切り替わるのでうまいと思います。まぁ、アップはアップで特撮のところもあるんですけどね。(^^)
・ヒルを取るときに使った白い粉はなんでしょ?
・1978年「料理長(シェフ)殿、ご用心」に出ていたロバート・モーリーがローズの兄役で出ていたのがうれしかったですが…。
Number888呆気なくもお亡くなりになるとは…結構好きな人なので悲しい。

コメントとトラックバックをさせていただきました。
忘却のエンドロール(宵乃さん)の「映画「アフリカの女王」観た
映画鑑賞の記録(miriさん)の「☆ 再見  アフリカの女王 ☆
クリスタルの断章(ポール・ブリッツさん)の「「アフリカの女王」見る

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 23:18| Comment(8) | TrackBack(1) | 戦争 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あらすじだけ読むととんでもない作品ですよね。そして、誰もが予想できないタイトルの由来(笑)
でも、そんな荒唐無稽な展開なのに楽しませてくれて、私もお気に入りの作品です。
ハンフリー・ボガートはどちらかというと苦手だったんですが、この泥臭い彼は好き!
ふたりが惹かれあう過程や、特撮が良かったですね。
Posted by 宵乃 at 2017年06月17日 12:37
白くじらさん、こんばんは☆

映画を見て下さり、記事を書いてくださり、本当に有難うございました!!!

>アフリカで女王とそれを助ける男性が活躍するんだろうか?などと思っていたのですが、

そうそう、勘違いしますよね〜(笑)。

>立ちはだかる難所と次第に惹かれあうところは冒険モノとしては定番ではあるのですが、アフリカならではの障害は面白いですね。特にラストは「おいおい!」で、最後まで楽しめた作品でした。

ハイ、仰る通りでした☆

>・船に関しては何でもこなすチャーリーの技術力。しかし…溶接って流石に無理だと思いますけど…まぁ、いいか。(^^;

私も初見時にはいい加減にしろと思ったのですが、
今回は何故か、フローネのお父さんのように思えて好感でした♪

>・アフリカの動物たちがいろいろと出てきていたりしたのですが、実際に接触することが無かったのは残念です。

時代的に、実際に触れ合わせておこなう演技や演出が難しかったのでは?
60年代になると、そういう映画は増えますが、さすがに戦後6年ではね???

>・1978年「料理長(シェフ)殿、ご用心」に出ていたロバート・モーリーがローズの兄役で出ていたのがうれしかったですが…。
>呆気なくもお亡くなりになるとは…結構好きな人なので悲しい。

そうでしたか・・・私も多分あれこれで見ているんでしょうけど
ちょっと記憶になくて・・・
俳優さんではなく、その役柄に惹かれ涙しました。。。

こちらの記事を、昔のように私のまとめ記事(URL)に
載せさせていただきますね〜!

もしよかったら、素晴らしいチケットもその記事に
載せさせていただけたら嬉しいのですが・・・。

今回は本当にありがとうございました♪


.
Posted by miri at 2017年06月17日 19:09
ヒルを取るために使っていた粉は塩です。浸透圧を利用した、ナメクジ退治の原理でしょうがホンマに効くんかな(^_^;)

どきどきはらはらの冒険映画でわたしは好きです。フォレスターの原作が読んでみたいけど積ん読の本が(^_^;)
Posted by ポール・ブリッツ at 2017年06月17日 23:33
こんにちは、宵乃さん。

確かに予想の出来ないタイトルでしたね。(^^;
ラストはきっちりとそのタイトルに恥じない演出でしたけど。

私もイメージの違ったハンフリー・ボガート、泥臭いというイメージがひったりでしたけど、これはこれでとても似合っててよかったです。(^^)
まさに吊橋効果的なお互いの惹かれあいもよかったですね。でも、きっとチャーリーは尻にしかれそう。(^^;;

トラックバックもありがとうございました。
こちらからも、させて頂きますね。(^^)/
Posted by 白くじら at 2017年06月18日 14:12
こんにちは、miriさん。

フローネのお父さん!
懐かしいキャラが出てきましたね。お父さんも生活のために何でもこなしていましたね。(^^)
あの時代のトム・ソーヤやルーシーとか、日本アニメーションは観直したいですね。
いろいろな事を、その場のもので工夫するのは面白いです。

動物との絡みは、ターザンとかでは行われていたので、絡んで来るかと思っていました。
実際には、調教師がいるにしても危険でしょうけど。

お兄さんは最初亡くなるとは思ってなくて…悲しみより驚きが先だったかも。
「料理長(シェフ)殿、ご用心」では太った美食家の(一番の問題な)人でした。

チケットはいつものように使ってもらって結構ですよ。(^^)/
Posted by 白くじら at 2017年06月18日 16:24
こんにちは、ポール・ブリッツさん。

自転車泥棒の時もそうでしたけど、私の知らない、かつ、観て楽しめる作品を紹介して頂いてありがとうございます。
なかなか奇想天外で面白かったです。

あの白い粉は塩でしたか!
まるでナメクジみたいですけど…本当にヒルに効くのかどうか。(^^;

原作も読んでみたいですけど、読書の時間は難しいな。(- -;
Posted by 白くじら at 2017年06月18日 16:34
>ヒルに塩

効くみたいですΣ(@o@)

http://animalkun.org/archives/794
Posted by ポール・ブリッツ at 2017年06月18日 20:05
こんばんは、ポール・ブリッツさん。

おおっ、これは、わざわざありがとうございました。(^^)
やっぱりヒルには嫌悪感が付きまといますね。40、50センチとか見たくないかも。(@o@)

にしても、酢むまで効くとは!初耳。
Posted by 白くじら at 2017年06月18日 23:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450935383
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

映画「アフリカの女王」観た
Excerpt: 製作:アメリカ/イギリス’51 原題:THE AFRICAN QUEEN 監督:ジョン・ヒューストン 原作者:C・S・フォレスター ジャンル:★アドベンチャー/ロマンス【あらすじ】1914..
Weblog: 忘却エンドロール
Tracked: 2017-06-17 12:24
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム