映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2017年08月29日

ゾンビ

ゾンビは生前の動きを真似ようとする。
ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE [DVD]
1978年(DAWN OF THE DEAD)製作国:イタリア、アメリカ
監督:ジョージ・A・ロメロ原作:
製作:クラウディオ・アルジェント、アルフレッド・クオモ、リチャード・P・ルビンスタイン製作総指揮:
脚本:ジョージ・A・ロメロ撮影:マイケル・ゴーニック
音楽:ゴブリン、ダリオ・アルジェントamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
突如として死者が生き返り、生者を襲い食べるという事件か全米で起こってから3週間。未だに原因や対策は不明のままでした。
しかし襲われた人間までもが生き返るために、生ける死者(ゾンビ)は爆発的に増えていました。
TV局に勤めていたスティーヴン(デヴィッド・エムゲ)は町に見切りをつけ、同じ局に勤めていた恋人のフランシーン(ゲイラン・ロス)と友人であるSWAT隊員のロジャー(スコット・H・ライニガー)を脱出行に誘うのでした。丁度、ロジャーとゾンビ掃討をしていたピーター(ケン・フォリー)も加わり、4人はヘリで郊外へと飛びました。

やがてヘリはとあるショッビングモールに着陸。
物資が残されていることを知った4人は、そこに徘徊するゾングたちを退治しモールを閉鎖しようとするのですが…。

ブログ DE ロードショー

映画レビュー
オススメ映画鑑賞の記録のmiriさん発祥、現、忘却エンドロールの宵乃さん主催の「ブログ DE ロードショー」に参加です。この企画は映画を決めて、その期間中にみんなで観ようというもので、通常は1本決めてから観るのですが、今回は同じテーマということで特別企画です。
企画名は「第6回夏のきもだめし企画」です。

今回は巨匠ジョージ・A・ロメロを一躍有名にした「ゾンビ」を鑑賞しました。
この作品にはいろいろなバーションが存在しているのですが、今回は米国劇場公開バーションです(コレしか置いてなかったともいう)。
本作ではゾンビ化の原因は語られないのですが、日本バージョンでは序盤に隕石爆発のシーンなどがあったりするようです。(^^; また、以前観た時は、グロいシーンなどはストップ画面になったり、色が変わったりていましたが、このバーションではそういうこともなく、ストレスも感じません。いや、そういうシーンが観たいという訳ではないんですけど、画像が止まったりすると、ちょっとしらけたりするんですよね。

ゾンビ 米国劇場公開版 GEORGE A ROMERO’S DAWN OF THE DEAD ZOMBIE [DVD]

それまでにもゾンビ映画は作られ来ましたが、ショッキングなシーンも多く話題となり、本作が代表的な1本となりました。以後に作られる多くのゾンビモノのお手本となったと思います。
噛まれて死ぬと感染(ただ本作では原因不明で死人が生き返るので、単に死んでも生き返るようです)、頭が弱点、ふらふら歩く…と言った定番要素がてんこ盛りです。
この「ゾンビ」を含めて以下の3本を「ロメロのゾンビ映画三部作」と呼んでいます。

1968年「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」Night of the Living Dead
1978年「ゾンビ」 Dawn of the Dead
1985年「死霊のえじき」 Day of the Dead

この頃から、「なんたらof the Dead」という作品が物凄く多く作られました。大抵のものはしょうもない作品なんですけどね。(^^;

チェックポイント
【ここがいい!】
・最近では高速ゾンビが多いのですが、この頃のは低速でふらふらと歩いていますが、一度捕まえられると力はあるようで、大勢で来られると怖いですね。ゆっくりと噛んだりするのも怖いです。
・閉鎖空間での戦いもいいですね。
・ロジャーとピーターといったSWAT隊員が兵器全般に詳しかったのもいいですね。
・TVでこの状況に関して、人間をエサにするといった場面も…恐ろしい事を淡々と語る人間そのものが怖い。

【ここは問題かな?】
・血があまりにも真っ赤過ぎです。今となっては違和感です。
・そこいったら死ぬでしょ!とか、もっと機敏に動けーっていうのはありますね。
・暴走族軍団が馬鹿としか思えない。
・エスカレーターを動かすんじゃないよ!

【一言いいたいコーナー】
・後半で暴走族の内臓がでるところだけ妙に長かったりして、あれはいったいなんだったのでしょう?
・ふらふらゾンビたちでしたが、エレベーターが開いた時だけは速かったですね。
Number892・もっと速く逃げろー!(^^;

コメントとトラックバックをさせていただきました。
忘却のエンドロール(宵乃さん)の「映画「ゾンビ/ディレクターズカット完全版(1978)」観ました
或る日の出来事(ボー・BJ・ジングルズさん)の「「ゾンビ ディレクターズカット完全版」

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
ラベル:ホラー
posted by 白くじら at 21:35| Comment(5) | ゾンビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
米国公開版をご覧になったんですね。私はどちらも観る機会があったのにディレクターズカット版だけでいいやと思ってしまって、後で米国〜の方が出来が良いと知って後悔したんですよ〜。バージョン違いがある作品って、こういうことがあるから困ります。

高速ゾンビはぱっと見で脅威だけど、気付いたらどうしようもなくなってたというスローゾンビの方が怖かったりしますよね。モンスターものが見たいわけじゃないので、ゾンビモノはゾンビらしいゆっくりな動きの方がどちらかというと好きです。

暴走族軍団はおバカでしたね(笑)
現実逃避の一種かな?
Posted by 宵乃 at 2017年08月30日 07:17
こんにちは、宵乃さん。

日本公開バージョンは当時結構見ていたのですが、あの序盤の隕石シーンやら原因はコレ!とか観ていたはずなのに今回全くなくって驚きました。
ラストも割と能天気なところもあったりして、吹き替えとしてもかなり変わっていたようです。
あまり変えられるとバージョンによって作品の評価が変わっちゃいますよね。(^^;

スローモーゾンビの場合、余裕かましていると後の祭りになってしまいますね。
最近は高速でなおかつパワフルですから、バイオのアリスくらいでないと太刀打ちできなっているような気がします。
スローモーは独特な味わいがありますね。

暴走族軍団はおバカですわ。(@@;
Posted by 白くじら at 2017年08月31日 12:37
オリジナル的な本作は、一度は見ておきたいなと思って観賞しました。
1978年、まー、古き良き、という感じで、いいんじゃないでしょうか。
わが家の記事は、普通グリーン文字なのですが、これはゾンビ色にしました。(ゾンビ色って)

いよいよseesaaも、TBはなくなったんでしょうかねー。
コメントのホームページアドレスは記事アドレスにしておきました。
Posted by ボー at 2017年09月03日 10:01
そういえばTBがなくなったという記事があったのでした。鳥頭会員にふさわしいボケだ…。
Posted by ボー at 2017年09月04日 23:04
こんばんは、ボーさん。

ゾンビ色って、なんだか怖いですね。
腐っている色かな?(^^;

1978年ですが、その後のゾンビシリーズのお手本のような作品になりましたね。
今観ても、なかなか面白いですし、怖いところも多いです。

トラックバックはどんどんなくなっているようですね。
実際に記事を書き続けていると、やっぱりあった方が便利です。
小鳥頭なので、私も一瞬記事上げたかどうか…って。(@@;;;
Posted by 白くじら at 2017年09月09日 19:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム