映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2018年09月11日

ブラッド・インフェルノ

あれ?このミートパイ、皮入ってない?
ブラッド・インフェルノ [DVD]
2017年(LOS OLVIDADOS)製作国:アルゼンチン、ニュージーランド
監督:ルチアーノ・オネッティ、ニコラス・オネッティ原作:
製作:パブロ・グイサ・キャスティンガー製作総指揮:
脚本:ルチアーノ・オネッティ、ニコラス・オネッティ撮影:ファクンド・ヌブレ
音楽:ルチアーノ・オネッティamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
アルゼンチンの観光地エペクエンは、湖の塩分が病気の治療に有効という事から人気でしたが、1985年洪水により水没。
町々は25年間後に姿を現したものの当然崩壊、その町に行く交通手段もヒッチハイクか徒歩のみという有様でした。

そんな時、ヴァスコ(ダミアン・ドレイジク)たち6人の若者がベルリン映画祭に出品するためのドキュメント映画を撮るためにバンで町に入って来ました。
彼らの内の1人カーラ(ビクトリア・モレッツ )は、子供の頃に洪水を経験して女性で、彼女の説明や感想を交えながらの撮影となりましたが、途中でバンのガソリンホースが切れている事に気付きます。丁度通りかかった男がガソリンスタンドでホースを手配しようという事になり、ヴァスコが同乗していくことになりました。
残った5人は撮影を続け、カーラ、ディエゴ(アグスティン・パデッラ)、エリカ(ポーラ・ブラスカ)の3人は墓場のシーンの撮影に。残ったナチョ(ビクトリオ・ダレッサンドロ)とヴィッキー(ポーラ・サルトア)はバンを調べることになりましたが、そこは若い彼らの事…。
そんな彼らの前に、頭に奇妙な被り物を付けた男が現れるのでした。

一方、ガソリンスタンドに向かったヴァスコ達の前にも…。

映画レビュー
とほっ…トラウマ級の恐怖映像、予告編が動画サイトで30,000,000回突破!とか、いろいろと煽りが凄かったのですが…。(^^;

25年も水が引かなかったというエペクエンの地は、廃墟と化していて町よりも木々の枯れ具合がかなり恐怖感を煽っていました。
が、プロローグはともかく、最初の殺害がまぁ、なんとも遅い。もう中盤だったのではないでしょうか。しかも、イマイチ、グロ感が無くっていつの間にか捕まったりしたり、期待(何を?)を裏切り続けてくれます。

これといって、おおっていうシーンもなく、人肉加工も「アメリカン・バーガー」の方が怖かったですね。
ようするにあまり、いっちゃってないのです。(>_<)

チェックポイント
【ここがいい!】
・背景のおどろおどろしさ。
・パッケージに出ている被り物は結構好き。でもあまり意味なし。

【ここは問題かな?】
・ミンチにする時には、ブーツや爪などは切った方がいいのでは?
・妙なところでの間が多すぎだと思います。

【一言いいたいコーナー】
・予告には騙されてはいけないという事でしょうか。
Number941・ただこれは、邦画でも多くって、下手したら予告だけで、本編観なくてもいいんじゃないの?っていうものも。(^^;

▼ よろしければ、励みになりますのでクリックをお願いいたします ▼
にほんブログ村 映画ブログへ にほんブログ村 映画ブログ 映画DVD・ビデオ鑑賞へ
posted by 白くじら at 21:36| Comment(0) | スプラッター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム