映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年07月16日

ベンジーの愛

肉球の秘密を追いかけて、アテネの市内をかけめぐる!
ベンジーの愛 [DVD]1977年(FOR THE LOVE OF BENJI)
製作国:アメリカ
監督:ジョー・キャンプ
製作:ベン・ホーン
脚本:ジョー・キャンプ
撮影:ドン・レディ
音楽:ユーエル・ボックス

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ベンジーとティファニーはめでたく結ばれ、ティファニーは妊娠しました。
ポール(アレン・フィザット)、シンディ(シンシア・スミス)が、そしてお手伝いのメアリー(パッシー・ギャレット)はギリシャのクレタ島へバカンスに行くことになりました。手荷物扱いされたベンジーは飛行機に運搬されるときに、ディートリッヒ(エド・ネルソン)と名乗る男に睡眠薬かがされ、肉球に符号を押し付けられてしまうのでした。
ギリシャではエネルギー科学者が行方不明になっており、この符号は密会のための重要なものだったのです。

ところが空港側の手違いで、ベンジーとティファニーの箱はアテネに着いてしまいます。
そのことを知ったディートリッヒは、アテネでベンジーを確保するべく2人の男女を送り込みますが、ベンジーは係りの人のミスに付け込んで逃げ出してしまうのでした。
はじめての街アテネ、寝る場所も食べるものさえままならずさまようベンジー…しかも彼を狙って再び2人が、そしてディートリッヒまでもが、果たしてベンジーは、シンディたちに再開することが出来るのでしょうか。

映画レビュー
普通かな…大ヒットした「ベンジー」の続編です。
シンディたち出演者が続いて出ておりますが、場所がアテネに移ってしまい新たな冒険がベンジーたちを待っていました。
諜報部員が暗躍する事件に運び屋としてベンジーが選ばれ(まさかと思うだろう…という理由)、符号を付けられてしまうわけですが、最初は首輪にでも付けるのかと思ったら肉球に押し付けていました。ってその程度のものなら自分の体のどこかに押し付けてもよかったのではないかと思います。で、結局大慌てで探すはめに。
相変わらず大人はおバカさんが多く、ベンジーも何度か捕まるもののちゃっかり脱出に成功しております。

今回は逃げ回るのと探すというパターンが主で、場所も違うところだったので、ベンジーと人間とのふれあいという動物モノには必要不可欠な要因が、ほとんど抜けていたのが残念なところです。
1作目の感動には程遠い出来でしたね。

ワン!

【一言いいたいコーナー】
Number450・広いアテネの中で出会うの簡単すぎやしない?(^^;
コメントなしトラックバック
DVDレンタルサービス ぽすれんの「ベンジーの愛
 


posted by 白くじら at 08:29| Comment(0) | TrackBack(0) | アニマル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。