映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2007年07月19日

ウィラード(2003年版)

仕事はネズミの競争だ!私がほかのネズミに負けることは許せん!

ウィラード2003年(WILLARD)
製作国:アメリカ
監督:グレン・モーガン
製作:グレン・モーガン
製作総指揮:リチャード・ブレナー
原作:スティーヴン・ギルバート
脚本:グレン・モーガン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
病弱な母の指示で、地下室のネズミを退治しようとした、神経質な青年ウィラード(クリスピン・グローヴァー)でしたが、くっつきシートで動けなくなった白ネズミを救ってしまいます。友達のいない彼は白ネズミにソクラテスという名をつけ、唯一の友人としたのです。
増えていくネズミの中には巨大なネズミがいました。ウィラードはそのネズミをビッグ・ベン(通称ベン)と名付けましたが、ベンはウィラードの言うことを無視する事がたびたびあり、日増しにウィラードはベンを疎ましく感じ始めていました。

一方会社では…母親の看病のために毎日遅刻を繰り返すウィラードは、社長のマーティンに目の敵にされる日々を送っていました。新人のキャスリンが心配してくれますが、ウィラードの力にはなれません。
そしてついにウィラードはネズミたちを使って、マーティンに仕返しをすることを思いつくのでした。

関連リンク
1971年「ウィラード
1972年「ベン
2003年「ウィラード

映画レビュー
とほっ…1971年の「ウィラード」のリメイク作品です。
大筋においてほぼ同じストーリーに見えますが、実は、ウィラードとベンの関係が大きく違っており、今作ではベンが登場したときから、あまりの大きさに毛嫌いしているように感じられ、それは日増しに大きくなっていったようです。それなのにマーティンに復讐するまではほぼ同じで、かなり無理があったような気がします。
もういつベンがウィラードに牙を剥いてもおかしくない状況ですね。

ただクリスピン・グローヴァーが演じるウィラードの気弱で神経質なところは、随所でよく現されていました(ちょっとやりすぎ感も)。特に死んだ母の前で弁護士と言い争っているシーンは凄いですね。
それにネズミたちのシーンは旧作以上の迫力で、エレベーターから降りるところはまるで水があふれるかのよう…っていうか、どうやってそこに溜まったんだー。
音楽に関して「ベンの詩」が挿入歌として使われていたのはうれしかったのですが、歌詞と全然合わない箇所で使われていたり、ネズミも動きなどはいいのですが、なぜか序盤からウィラードの指示通りに動いたりと、どうもちぐはぐな寄せ集めで、これなら怖いだろう!的作り方のような感じに思えてしまいました。

初めてこの作品を観た人はまだいいのかもしれませんが、旧作ファンにはどうでしょう。少なくとも私はやっぱり旧作の方が上だったですねぇ。

【一言いいたいコーナー】
・ソクラテスが彼?メスじゃないの?
Number453・ラスト訳わかんない。(- -;; 十得ナイフに何の意味が?ベン死んだの?
コメントなしトラックバック
DVDレンタルサービス ぽすれんの「ウィラード(2005)
 


posted by 白くじら at 22:10| Comment(2) | TrackBack(0) | パニック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白くじらさん、こんにちは。

この映画・・・実はDVDパッケージがとっても気になって、見てみようかどうしようか迷っていた作品なのです。
なんだかクリスピン・グローヴァーの病的な表情がとってもそそるじゃありませんか〜〜!
でも白くじらさんとしては、オリジナルがオススメなのですね。
メモメモ・・・。
では今度TSUTAYA半額レンタルの時、探して借りてみます。ホラーはちょっと苦手なのがあるのですが、こーゆーの好きです。
教えてくださってありがとうございます。
Posted by dim at 2007年07月24日 16:26
こんばんは、dimさん。

「チャーリーズ・エンジェル」でもそうでしたけど、クリスピン・グローヴァーはこうしう神経質的な役柄があっているようですね。
この映画ではちょっと演技過剰なようなきがしましたが、ウィラード役が結構あっているような気はしました。
どっちが好きといわれれば、旧作に手を上げてしまいますが、映画は感じるところが人それぞれですし、一度ご覧ください。
Posted by 白くじら at 2007年07月24日 23:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。