映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2006年06月28日

モンスターズ・インク

モンスターズ・インク2001年(MONSTERS,INC.)
製作国:アメリカ
監督:ピート・ドクター、共同(リー・アンクリッチ、デヴィッド・シルバーマン)
製作総指揮:ジョン・ラセター、アンドリュー・スタントン
製作:ダーラ・K・アンダーソン
原案:ピート・ドクター、ジル・カルトン、ジェフ・ピジョン、ラルフ・エッグルストン
脚本:アンドリュー・スタントン、ダニエル・ガーソン
音楽:ランディ・ニューマン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
子供部屋のクローゼットのドアの向こうには…。

モンスターワールド、モンスターシティは深刻な電力不足に悩まされていました。モンスターたちの希望はモンスターズ・インクから供給される電力に…。

明るい未来は私たちが作ります。
M・I…我々モンスターズ・インクは真心を込めて脅かします。

子供の悲鳴は電力に転換されモンスターシティの生活の一部となっていました。そのためにモンスターたちは人間の世界に入り込み子供たちを驚かせていたのです。
モンスターズ・インクでは全世界のクローゼットに繋がるドアがあり、このドアを通って人間世界へと出入りします。人間世界のものは病原菌が付いていると思われこちらの世界に入り込もうものなら大問題、たちまちCDA(Child Detection Agency)子供検疫局が消毒のために現れるのです。

この会社に務める青い巨人のモンスターサリー(声:ジョン・グッドマン/石塚英彦)と、緑のぎょろ目モンスターマイク(声:ビリー・クリスタル/田中裕二)は、あと2日で新記録を達成するほどの名コンビ、社長もサリーに新人教育を頼むほどの、脅かし名モンスターなのです。
しかし最近の子供たちはゲームなどに夢中になっており、少々のことでは驚いてくれません。

ある時、マイクが出し忘れた報告書を取りに戻ったサリーは、白い花柄のドアがしまわれずに残っていることに気付きます。誰かが仕事をしているのかと中に入ってみますが誰もいません、と尻尾を引っ張るものが!見ると小さな女の子(ブー:声:メアリー・ギブス/井上愛理)が、サリーの尻尾を持っているではありませんか!
大慌てで汚いものでも掴むようにベッドに戻すサリー、しかし女の子は執拗に彼から離れませんでした。
彼とはライバルのトカゲ型のモンスターランドール(声:スティーブ・ブシェーミ/青山穣)の出現に慌てて隠れるサリーは、このドアを持ち出したのが彼であることに気づきますが、今はそれどころではありませんでした。
彼は女の子をバッグに入れると、受付のセリア(声:ジェニファー・ティリー/高乃麗)と、高級レストラン「ハリーハウゼン」でデート中のマイクの元に駆けつけるのでした。
しかし女の子がバッグから現れ、レストランは大騒動!
たちまちやってくるCDA!
サリーとマイクはセリアをほったらかしにして女の子をマンションにつれ帰ります。
子供を連れ込んだことが判ると会社は首、サリーとマイクはなんとか女の子を元の世界に返そうと考えますが…。

その夜、無邪気に遊ぶ女の子を恐れていたサリーは、彼女が描いていた絵を見ます。
そこには青いモンスターとその手を握る女の子が描かれていました。その青いモンスターは笑っていました。それを見た時からサリーには何か今まで感じたことのない感情が芽生え始めたのです。
翌朝サリーとマイクはモンスターに変装させた女の子を連れて会社に戻りました。しかし会社はCDAたちでいっぱい、サリーがレストランに忘れてたバッグから、モンスターズ・インクに調査が入ったのでした。
サリーとマイクはドアを探し出し、女の子ブーを送り返そうとしますが…。

関連リンク
1995年「トイ・ストーリー
1999年「トイ・ストーリー2
2001年「モンスターズ・インク
2003年「ファインディング・ニモ
2004年「Mr.インクレディブル

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 19:05| Comment(0) | TrackBack(0) | CGアニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月27日

トイ・ストーリー2

トイ・ストーリー21999年(TOY STORY2)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ラセター
製作総指揮:サラ・マッカーサー
製作:ヘレン・プロトキン、カレン・ロバート・ジャクソン
原案:ジョン・ラセター、ピート・ドクター、アッシュ・ブラノン、アンドリュー・スタントン
脚本:アンドリュー・スタントン、リタ・シャオ、ダグ・チャンバリン&クリス・ウェッブ
音楽:ランディ・ニューマン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
おもちゃは子供に愛されてこそ、生きる喜びがある。

大騒動の末ようやく愛用の帽子を発見したウッディ(声:トム・ハンクス/唐沢寿明)は上機嫌でした。それもそのはず、今日からアンディと一緒に、カウボーイ・キャンプにいくことになっていたからです。
出発5分前、その5分であっても遊ぶのがアンディが子供があるがゆえんでしょうか、彼はおもちゃを出して遊び始めます。
そしてちょっとしたことから、ウッディの右腕が付け根の所からとれかかってしまいました。これではキャンプにつれて行くことはできないと、アンディはウッディを置いて出かけてしまうのでした。

あまりのことに落胆するウッディ…しかもそれに輪をかけるように、アンディのママがガラクタ市を始めたのです。
びっくり仰天のおもちゃたち、ガラクタ市…それは不要になったおもちゃが売られる市…びくびくしながらママの行動を見守るウッディたちは、本棚の上でほこりを被っていたペンギンのウィージー(声:ジョー・ランフト/佐古正人)が25セントの箱に入れられるのを黙って見守るだけでした。
ママがいなくなると、ウッディはすぐさま犬のバスターと一緒に庭先へと急ぎます。そして首尾よくウィージーを助けるのですが、逆にウッディがおもちゃ屋のアル(声:ウェイン・ナイト/樋浦勉)に目をつけられてしまいます。
間違ってここにおいてしまったというママに、一度は50$もの値をつけつつも引き下がろうとするアルでしたが、なんと隙を見て盗んでしまいます。

彼のマンションに着いたウッディは、そこで活発な女の子のジェシー(声:ジョーン・キューザック/日下由美)、馬のブルズアイ、新品で箱入りのプロスペクター(声:ケルシー・グラマー/小林修)に出会います。
彼らはかつて自分がTVに出演していた、人形劇ラウンドアップの仲間たちだったのです。実はウッディはマニアにとってはビンテージ品になっていたのです。彼らは日本の博物館へ行きそこで暮らすのだといいます。
ウッディはアンディのもの、頑として帰ると言いますが、彼が帰ればジェシーたちは価値がなくなり、再び倉庫から出られなくなります。
さらにジェシーの昔の持ち主であるエミリーが、大人になるにつれ遊ばなくなり、ついには彼女を捨ててしまった過去を知り、彼らのために日本へ行く決心をしてしまうのでした。

一方、アンディの部屋でウッディがアルにさらわれたことを見ていたバズは、救援隊を組織してアルのおもちゃ屋トイ・バーンへと急ぎます。メンバーはバズ、ミスター・ポテトヘッド、レックスたち。
しかしおもちゃである彼らにとってはトイ・バーンまでの道のりは危険がいっぱいだったのです。
それでもバズは付き進みます。

「無限の彼方へ、さあ、いくぞー」

関連リンク
1995年「トイ・ストーリー
1999年「トイ・ストーリー2
2001年「モンスターズ・インク
2003年「ファインディング・ニモ
2004年「Mr.インクレディブル

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | CGアニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

トイ・ストーリー

トイ・ストーリー1995年(TOY STORY)
製作国:アメリカ
監督:ジョン・ラセター
製作総指揮:エドウィン・キャットマル、スティーブン・ジョブス
製作:ラルフ・グッジェンハイム、ボニー・アーノルド
脚本:ジェス・ホエッド、アンドリュー・スタントン、ジョエル・コーエン、アレック・ソコロウ
音楽:ランディ・ニューマン

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
飛んでいるじゃない!落ちているんだ。格好つけてな。

アンディは今日もカウボーイ人形のウッディ(声:トム・ハンクス/唐沢寿明)や恐竜のレックス(声:ウォーレス・ショーン/三ツ矢雄二)、ミスター・ポテトヘッド(声:ドン・リックルズ/名古屋章)たちを使って遊んでいます。
彼の部屋はほかにもおもちゃでいっぱいでした。そして今日は彼の誕生日、部屋の外まで連れ出されて遊ばれていたウッディはそのことを知りびっくりしてしまいます。
そう…誕生日はおもちゃたちにとって一大事件だったのです。
彼らは新しいおもちゃが来ると自分たちが捨てられてしまうのではと恐れていたのです。
アンディにとってNo.1のお気に入りのウッディは誰も捨てられやしない!と叫びますがみんなの騒ぎは収まりません。やむなくウッディは戦争フィギュアの軍曹(声:R・リー・エーミィー/谷口節)たちに偵察を頼むのでした。
てきぱきと2階の子供部屋から1階に降りた軍曹たちは、ツリーに隠れてプレゼントの中を見てはウッディたちに報告します。彼らを脅かすものがないままプレゼントは終わり、いや、まだありました。それを開けるアンディは凄く興奮していました。

大勢の子供たちが部屋の中になだれ込んで来ました。
ベッドの上に置かれていたウッディが、何か大きな箱を置かれた拍子に下に落とされるほど…やがて子供たちが出て行った後でおもちゃたちはそっと出てきました。
ベッドの下に落とされたウッディも、そっとベッドに這い上がりました。そこにいたのは輝くように美しい宇宙スーツに身を包んだ最新型のおもちゃバズ・ライトイヤー(声:ディム・アレン/所ジョージ)でした。
バズは自分がスペースレンジャーであり、事故でこの未知の惑星にいると思っているおもちゃでした。
その噛みあわない会話にイライラを隠せないウッディ、しかもアンディはその日を境にバズに夢中、ポスターも布団もそして寝る場所までも、さらに仲間までもがバズと仲良くなるにつれウッディはNo.1の座を奪われてしまったことに気付きます。
その嫉妬はラジコンカーを彼にぶつけるほど…しかしそれが元でバズは2階の窓から落ちてしまいます。

激しく後悔をするウッディ、仲間からも責められどうしていいのか判らなくなりかけた彼でしたが、ちょうどアンディ一家が外出することになりウッディを連れて車で出かけてしまいます。まだ壊れずにいたバズはその車を目撃すると追いかけ乗り込んでしまいます。
しかしガソリンスタンドで止まっていたときに彼らは言い争いをし、気がついたときにはアンディたちは彼らを置いて出発してしまいました。

四苦八苦の末、ゲームセンターでアンディを見つけた2人でしたが、出会うことなくシドという子供に捕まってしまいます。
シドはアンディの家の横に住む、おもちゃを傷付けて遊ぶ悪魔のような少年でした。
このままここにいたらバラバラにされてしまう、なんとか逃げようとする2人でしたが、その途中、バズはTVのCMで自分がおもちゃであることを知ります。
それは彼が今まで生きてきたこと、その全てを否定する事実でした。
バズは2階の手すりに登りました。
彼の目の前には自由へ続く窓、そして青空が広がっています。そして彼は自分の信じるものに向かって飛ぶのでした。

関連リンク
1995年「トイ・ストーリー
1999年「トイ・ストーリー2
2001年「モンスターズ・インク
2003年「ファインディング・ニモ
2004年「Mr.インクレディブル

感想はコチラから ▼
posted by 白くじら at 21:59| Comment(0) | TrackBack(0) | CGアニメーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム