映画レビュー一覧(あいう順)映画レビュー一覧(年代順)待機・予定作品B級映画を創ろう!準備中

2009年10月22日

ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀

『ダックの星に連絡を♪彼は○○○○!』
ハワード・ザ・ダック 暗黒魔王の陰謀 [DVD]
1986年(Howard the Duck)製作国:アメリカ
監督:ウィラード・ハイク原作:スティーヴ・ガーバー
製作:グロリア・カッツ製作総指揮:ジョージ・ルーカス
脚本:撮影:
音楽:amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

地球とちょっぴり違うダック星に住んでいたハワードは、謎の引力により叫びを上げながら宇宙を横断し、そして地球へとやってきました。
体の無事を確かめる暇もなくパンクに追い回され、やっと逃げ込んだドラムカン…疲れて眠るハワードは女性の叫びで目を覚まします。近くのバーでバンドをしているビバリー(リー・トンプソン)が男たちに追い回されていたのでした。
ダック・フーであっという間にチンピラを倒すハワード…ビバリーはダックの姿の彼に一旦は引いたものの、雨の中行くあてもなく立ちすくむハワードに、お礼もかねて自宅へとつれて帰るのでした。

翌朝知り合いの科学者(助手)フィル(ティム・ロビンス)に、ハワードを助けてもらおうと会いに行ったビバリーとハワードでしたが、あまりにも失礼なフィルの言動(鉄棒を曲げるのだー、目から殺人光線を発射するのだー)にハワードが呆れをとおり越し怒り、ビバリーとも喧嘩別れしてしまいます。
その後人間社会で生活をすることになったハワードでしたが、世間の風は冷たく…いつしか足は地球に落ちてきたときの場所に…。

不当な扱いをしていたビバリーたちのマネジャーを倒し、ビバリーに謝るハワード。
…その夜、2人の寝室に現れたのはフィルと彼の友人のカーターとジェニング博士(ジェフリー・ジョーンズ)です。彼らは自分たちの開発したレーザースペクトラムスコープの実験で「たまたま」ハワードをここに連れてきてしまったことを説明します。すぐさま帰る用意をするというジェニング博士の言葉に喜ぶハワード。
しかし…荷造りをしてクリーブランドの研究所に行ったハワードたちは、緊急事態が起こっているのに気付きます。なんとレーザースコープがまたしても爆発をしてしまったのです。
この騒動で正体不明の犯人にされたハワードとビバリーは警察に追われることに、研究室の地下にいた様子のおかしいジェニング博士と一緒に研究所を逃げ出しました。ところがハワードの時と同じく今回の事故も何者かが…そしてそれはジェニング博士の体内に…博士の身体を乗っ取った暗黒魔王の目的は、再びレーザースコープを使い魔王の住む空間ソナミスから、ほかの魔王たちを地球に呼び寄せることでした!

感想はコチラから ▼



posted by 白くじら at 22:11| Comment(12) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

トロン

申し訳ないが、人間は計算間違いをするんだ。
トロン [DVD]
1982年(TRON)製作国:アメリカ、台湾
監督:スティーブン・リズバーガー原作:
製作:ドナルド・クシュナー製作総指揮:ロン・ミラー
脚本:スティーブン・リズバーガー撮影:
音楽:ウェンディ・カルロスamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

元エンコム社のエリート社員であったフリン(ジェフ・ブリッジス)は、自分の作ったゲーム「スペース・パラノイア」「ライトサイクル」をデリンジャー(デビッド・ワーナー)に奪われ、社をクビになりゲームセンターを営みつつ、エンコム社にアクセスし盗作に関するデータがないか調べていました。しかし彼が使ったプログラム・クルー(ジェフ・ブリッジス)は、デリンジャーの開発したMCP(マスター・コントロール・プログラム)によって捕らわれ、削除されてしまうのでした。

一方、社長となったデリンジャーは、MCPから連絡を受け「アクセス7」を閉鎖させてしまいます。
折りしもMCPをも監視できるプログラム・トロンの開発をしていたアラン(ブルース・ボックスレイトナー)、そして同様に物質転送機を開発していたギブス博士(バーナード・ヒューズ)とローラ(シンディー・モーガン)も開発が中断してしまいます。
アランとローラは、フリンがハッキングをしているに違いないと彼の店に訪れ、そこで初めてデリンジャーの悪事を知ります。
3人は閉鎖されたアクセス7の代わりに、社に潜り込みアクセス6から侵入しようと試みますが、フリンは物質転送機によってMCPの支配する電脳世界へと送り込まれてしまうのでした。あらゆるゲームでユーザーであるフリンを削除しようとするMCP、そしてその配下のサーク(デビッド・ワーナー)。その中、フリンは同じように捕まっているプログラムのラムとトロンに出会うのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:12| Comment(6) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

アンドロメダ・ストレイン

全てを分析し、あり得ない説明が残ったらそれが答えだ!
アンドロメダ・ストレイン [DVD]
2008年(THE ANDROMEDA STRAIN)製作国:アメリカ
監督:ミカエル・サロモン原作:マイケル・クライトン「アンドロメダ病原体」
製作:製作総指揮:リドリー・スコット
脚本:撮影:
音楽:amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ユタ州炭鉱の町で知られるピードモントの町外れに、NASAのスコープ衛星が落下。その場に居合わせたカップルが(きっととんでもない熱さだと思うが)町に持ち帰ってしまいました。
陸軍が回収に向かったとき、町はすでに無数の死体が…そして軍のトラックに乗っていた兵たちもまた…。

米陸軍バイオ防衛部ジョージ・W・マンチェック大将は、町を隔離し、ワイルド・ファイアーを発令。そしてワイルド・ファイアー計画の立案者であるジェレミー・ストーン博士(ベンジャミン・ブラット)を筆頭に、チュウ博士(ダニエル・デイ・キム)(微生物学者)、バートン博士(ヴィオラ・デイヴィス)(病理学者)、アンジェラ博士(元生物学者)(クリスタ・ミラー)、そして軍でウィルス研究をしているキーン少佐が召集されるのでした。
彼らは町で生き残った老人と赤ん坊、そして病原菌の関係、対策を求めて研究を始めます。
そして、軍では感染を恐れ、小型核の使用が検討がはじめられていました。

一方、ニュースレポーターのナッシュは、知り合いの情報から衛星の落下、そしてなぜかバイオ防衛部が動いていることを知り、スクープを求めて動き出すのですが…。

関連リンクです。
1971年「アンドロメダ…

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF 病原菌
posted by 白くじら at 19:00| Comment(10) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

センター・オブ・ジ・アース

ようこそ、ここが地球の中心だ。
センター・オブ・ジ・アース 3Dプレミアム・エディション (初回限定生産) [DVD]
2008年(Journey to the Center of the Earth)製作国:アメリカ
監督:エリック・ブレヴィグ原作:ジュール・ヴェルヌ『地底旅行』
製作:シャーロット・ハギンズ、ボー・フリン製作総指揮:トビー・エメリッヒ、ブレンダン・フレイザー、マーク・マクネア、トリップ・ビンソン
脚本:マイケル・ウェイス、ジェニファー・フラケット、マーク・レヴィン撮影:チャック・シューマン
音楽:アンドリュー・ロッキングトンamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
2007年、大陸移動説の講座を行っていたトレバー教授(ブレンダン・フレイザー:沢村一樹)は、生徒数の少なさから研究室を取り上げられ意気消沈して家に帰ってきました。
10年前に行方不明となった兄マックスの妻エリザベスが、カナダ移住準備のために息子ショーン(ジョシュ・ハッチャーソン:入江甚儀)を預けに…慌てて片づけをするトレバーにショーンとマックスの遺品を預けるエリザベス。
遺品の中から兄の愛読書であったジュール・ヴェルヌの『地底旅行』をめくっていたトレバーは、兄の書いたメモ書きを発見します。
2人は暗号を解き、兄が失踪したときと同じ条件は今しかない!とアイスランドのシグビョル・アスゲリン火山学研究所へと向かうのでした。

所長の娘であるハンナ(アニタ・ブリエム:矢口真里)を山岳ガイドとして雇い、一行はスネフェル山へ向かうのでしたが、突然の悪天候に落雷が地震センサーを直撃、3人の逃げ込んだ洞窟も崩れてしまい、一行は出口を求めて地下の坑道へ降りて行く以外に方法がなくなるのでした。
しかしそこには…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:46| Comment(12) | TrackBack(5) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月25日

センター・オブ・ジ・アース ワールド・エンド

この鉱石があるのは地底600キロですよ、きっぱり!
センター・オブ・ジ・アース ワールド・エンド [DVD]
2008年(JOURNEY TO THE CENTER OF THE EARTH)製作国:アメリカ
監督:デヴィッド・ジョーンズ、スコット・ホイーラー原作:ジュール・ベルヌ
製作:デヴィッド・マイケル・ラット製作総指揮:デヴィッド・リマゥイー
脚本:スティーヴ・ベビラックァ、スコット・ホイーラー撮影:マーク・アトキンス
音楽:クリス・ライデンハウアamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
近未来、物質を瞬時に移動させることができる転送装置を開発した軍は、クリスティンをリーダーとした女性部隊『ワールド・トラベラー566LW』をドイツへ送り込もうとします。しかし装置が「完全に動作している」のも関わらず、目的地シュトゥットガルトには到着することはありませんでした。

部隊はどこかの草原に到着…クリスティンはバウロズとエイブラハムを偵察に出し、部隊の天才グレッチェンになんかす管制室との連絡をとれるように命じるのでした。しかし緊急周波数を使用し管制室へ連絡が付いたのも束の間、丘の向こうから現代に生息するはずのないティラノサウルスに追いかけられてきたバロウズたちに驚き、彼女たちは一目散に逃げ出すのでした。無線機を放り出して…。そうそこは、太古の恐竜が棲む世界だったのです。

一方、管制室では受け取った信号から、彼女たちが地底600キロ地点にいることを知ります。
企画責任者であるジョセフは、すぐさま元妻であるエミリーの下へ走ります。エミリーはちょうど掘削機ディープ・ディッガーを開発したところだったのです。通称ディディと呼ばれるこの掘削機は氷結レーザーと音波パルスを強化し、らくらくと地盤を掘り進むことができるのです。
こうしてディディは彼女たちを救い出すために地中へと突き進むのでしたが…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 SF 転送機 恐竜
posted by 白くじら at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月15日

ドラゴンボール エボリューション

伝説は、現実のものとなる!
ストーリーブック ドラゴンボール エボリューション 1巻 四星球(スーシンチュウ)編(B6版) (ShoPro Books ストーリーブック)
2009年(DRAGONBALL EVOLUTION)製作国:アメリカ
監督:ジェームズ・ウォン原作:鳥山 明(週刊少年ジャンプ)
製作:チャウ・シンチー製作総指揮:鳥山 明、ティム・ヴァン・レリム
脚本:ベン・ラムジー撮影:ロバート・マクラクラン
音楽:ブライアン・テイラー、
全世界テーマソング『Bule』浜崎あゆみ
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
遥かなる昔、地球は宇宙からやってきたピッコロ大魔王と大猿によってかつてない破壊と殺戮に見舞われました。しかし時の勇者7人が協力して使った魔封波によって大魔王は封印されるのでした。

そして2000年後、封印が解けたピッコロ大魔王(ジェームズ・マースターズ)は、再び地球を我が物にしようと7つ集めるとどんな願いも叶うというドラゴンボールを捜し始めていました。

一方、そんなこととには無関係に…ある町に住む孫悟空(ジャスティン・チャットウィン)は、今日も祖父悟飯(ランダル・ダグ・キム)と修行に励んでいました。武道の心得を教えようとする祖父、しかしまだ若い悟空は、学校生活での武術を禁じられており、言動からもクラスメイトにいじめられる日々に爆発寸前でした。そして18歳の誕生日(の前の日)、同じクラスのチチ(ジェイミー・チャン)の誕生日パーティで、ついにいじめっ子たちを倒してしまうのでした。

そのころ、ピッコロ大魔王のその配下のマイ(田村英理子)は、しドラゴンボールの一つ『四星球』を狙って、悟飯の家を襲撃していました。恐るべきパワーに家は倒壊し、異変を察知した悟空が戻ってきたときには祖父は虫の息でした。
『四星球』は前の日悟空に託されて助かったものの、祖父は「自分自身を信じよ。そして亀仙人を…」と探し出すように伝えて息を引き取るのでした。
次の日、瓦礫から亀の紋の入った道着を発見、時を同じくしてレーダーでドラゴンボールを探していたブルマ(エミー・ロッサム)と名乗る女性と知り合うと、悟空はたちは亀仙人(チョウ・ユンファ)を探すためにパオズの町へ向かうことになるのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:06| Comment(10) | TrackBack(3) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

地球爆破作戦

独立独歩で一人歩きをして人間には頼らず決して破壊されない。
地球爆破作戦 (リクエスト・ムービー 第1弾) [DVD]
1970年(COLOSSUS,THE FORBIN PROJECT)製作国:アメリカ
監督:ジョセフ・サージェント原作:D・F・ジョーンズ
製作:スタンリー・チェイス製作総指揮:
脚色:ジェームズ・ブリッジス撮影:ジーン・ポリト
音楽:ミシェル・コロンビエamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー

全世界に向けてアメリカ大統領(ゴードン・ピンセント)の演説が始まりました。
東部標準時間午前3時から防衛組織はコンピュータの管理下に入ると言うのです。この『コロッサス』システムは感情を持っておらず、極めて論理的に行動を考えます。その記憶回路と中枢はロッキー山中の奥深くに設置され、カリフォルニア州の太平洋を見下ろす場所にプログラムオフィスを設けていました。

『コロッサス』を作り上げたのはフォービン博士(エリック・ブリーデン)とその仲間たち、ホワイトハウスにいるフォービンを外してカリフォルニアにいる仲間たちは祝杯を上げて大騒ぎ。
その時『コロッサス』からメッセージが入りました。

それは「ほかにも同じシステムあり」!

時を同じくしてソビエトからのホットインが…それによるとソビエトもモスクワ時間で明日の23時からコロッサスと同じシステム、『ガーディアン』を作動させるという連絡でした。

ソビエトを出し抜いていたと思っていた大統領は、CIAのグローバー(ウィリアム・シャラート)を責めますが、フォービンは遠く離れたシステムを感知して報告してきた『コロッサス』の性能に驚いていました。
続いて送り出されたメッセージは「『ガーディアン』との交信を準備せよ」。一時はそれを拒否したフォービンたちでしたが、大統領との検討の結果、フィルターをかけての交信を実行させてみることにしました。ところが『コロッサス』と『ガーディアン』は通信のために共通の言語基盤を開発、その上で交信を開始したのです。
慌てたのは両陣営の大統領たち…このままでどんな極秘情報が流れてしまうのか判らないため、交信をストップさせることにしたのです。
フォービンとソビエトの科学者クプリン(アレックス・ローディン)は互いにそれは辞めるように進言しますが、人間が支配者であることを判らせるのだと、大統領は通信をストップさせてしまいました。すると『コロッサス』たちは回復させなければ行動に移るとメッセージを出してきたのです。
呆れて相手にしなかった大統領の顔が青ざめました。
なんと『コロッサス』はソビエトの石油コンビナートに向けて、核ミサイルを発射したのです。しかも『ガーディアン』の方も報復としてこちら側にミサイルを!交信を再開することでかろうじて迎撃の間に合ったアメリカ…そして間に合わなかったソビエトでは多くの人命が奪われました。

対策を練ろうとフォービンはクプリンと出会い相談することにしますが、そのことを察知した両コンビュータはミサイル発射を武器にクプリンを殺害してしまいます。さらにフォービンを見張るために彼を監視するカメラをあらゆるところに設置させるのでした。
プライバシーのなくなったフォービンでしたが、人間にはセックス・ライフが必要なことを説明し、僅かな時間だけのプライバシーを得ることに成功、研究所員のクレア(スーザン・クラーク)を愛人として外部との連絡を取ろうとします。
一方グローバーたちは監視の目を盗んで核弾頭をダミーに交換し武器を奪う作戦を開始し始めます。人間は『コロッサス』の支配から逃れることができるのでしょうか…そして今『コロッサス』の演説が始まりました。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:03| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

デスレース2000年

世界平和の象徴たるレースがこれである!
デスレース2000 [DVD]
1975年(DEATH RACE 2000)製作国:アメリカ
監督:ボール・バーテル原作:
製作:ロジャー・コーマン製作総指揮:
脚本:ロバート・ソム、チャールズ・グリフィス撮影:
音楽:ポール・チハラamazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
西暦1989年、第4次世界大戦が勃発。その結果、世界はアメリカ連邦国という1つの国家に統一され、ここに始めて平和が訪れました。

2000年、第10回大陸横断ロードレースが開幕されようとしていました。
出場者はジェーン、マチルダ、暴君ネロ、マシンガン・ジョー(シルベスター・スタローン)、そして世界が誇る1998年、1999年と連続優勝のミスター・フランケンシュタイン(デイヴィッド・キャラダイン)です。彼らはそれぞれナビと共にレースに出場します。
フランケンシュタインは義手の手術をしたばかりだというのに、そのまま出場。前大会で亡くなった代わりのナビにはアニー(シモーヌ・グリフィス)が付きました。
コースはニューヨークから各チェックポイントを通りつつ、ゴールであるニューロサンゼルスまで3日間の行程です。
その間に多くのポイントをあげた選手が優勝となります。
そのポイント獲得方法は、レース中にいかに人を殺すか!!今、5台の凶悪な車が唸りを上げて爆走する!
そんな中、独裁政治に終止符を打たんとレジスタンスたちの暗躍も…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 23:18| Comment(4) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月17日

地球が静止する日

人類が滅亡すれば、地球は生き残れる!
地球が静止する日2008年(THE DAY THE EARTH STOOD STILL)
製作国:アメリカ
監督:スコット・デリクソン
製作:アーウィン・ストフ、グレゴリー・グッドマン、ポール・ハリス・ボードマン
脚本:デヴィッド・スカルパ
音楽:タイラー・ベイツ
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
地球外生物学者ヘレン(ジェニファー・コネリー)を始めとする、核物理学、天文学などの権威ある学者たちが急遽招集されました。
政府によると小惑星と思われる物体が凄まじい速度で飛来、このままではマンハッタンへ直撃するといいます。その打開策のために集められたのですが、残された時間はわずかに1時間強程度。何の対策もとれないまま、物体はマンハッタンへ激突!と思われたとき、物体は速度を緩め、轟音と光、煙と共にセントラルパークへ降りるのでした。
輝く球体の中から何者かの影を認めたヘレンは、知らず知らずのうちにその人型に近寄って行きます。
轟音が轟いたのはその瞬間、防護服に鮮血を浴びつつも人型を介抱しようとするヘレン。そして危険を察知したのか続いて姿を現した巨大な影は、頭部と思しき場所から閃光を発し、周囲の武装軍を殲滅しようとするのでした。しかしその行為は人型から発せられた言葉によって停止。
人型はすぐさま軍の医療施設へと運ばれ治療が行われるのでした。

驚いたことに有機物質の中から現れたのは人間そっくりの体で、回復するにつれ「彼」はクラトゥ(キアヌ・リーブス)と名乗り、地球外文明の代表者として、地球の代表者と話し合いと申し出ました。
しかしクラトゥのオーバーテクノロジーを恐れた大統領代理レジーナ・ジャクソン(キャシー・ベイツ)は、彼を徹底的に調べるよう配下に命じるのでした。それを嫌ったヘレンの力とクラトゥの能力で彼は施設を逃げ出すのでした。しかし、そこで見た人間たちのおろかな争いの数々…下される決断をなんとか回避しようと、ヘレンと夫の息子のジェイコブ(ジェイデン・スミス)は、地球の代表者ともいえるノーベル賞学者のバーンハート教授(ジョン・クリーズ)の元にクラトゥを連れて行くのでしたが…。

関連リンクです。
1951年「地球の静止する日

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:30| Comment(16) | TrackBack(6) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

ランゴリアーズ

僕は9時にボストンで会議がある。時間ピッタリ、それが重要なことなのだ!
スティーブン・キングのランゴリアーズ [DVD]1995年(The Langoliers)
製作国:イギリス
監督:トム・ホランド
製作総指揮:リチャード・P・ルビンスタイン
脚本:トム・ホランド
原作:スティーヴン・キング
音楽:ウラジミール・ホルンツィ
撮影:ポール・マイバウム
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ロサンゼルスを飛び立った旅客機…順調に飛行を続けるその中で目覚めた10人は、機内に自分たちしかいないことに気付きます。
直前までその場にいた形跡はおろか、装飾品、カツラ、ペースメーカーの類まで残されているのに一体どこへ。
幸いにも生き残りの1人にはブライアン機長が、しかし通信もできず旅客機は灰色の雲海を飛び続けます。

やがて見えてきた空港、人1人いない空港は匂いがなく、音も響かず、食べ物、飲み物も普通ではありませんでした。
旅客の1人ビジネスマンであるトゥーミーは、子供のころから聞かされていた時間を守れないと襲いかかってくる「ランゴリアーズ」を恐れ、次第に狂気に走り始めます。そして彼らがこの謎を解こうとするとき、この世界に終わりを告げるために「ランゴリアーズ」たちがその姿を現したのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 00:30| Comment(12) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

ヒドゥン

潜むものを追い詰め、抹殺するための年月は…。
ヒドゥン ENTERTAINMENT COLLECTION SILVER1987年(THE HIDDEN)
製作国:アメリカ
監督:ジャック・ショルダー
製作総指揮:スティーヴン・ダイナー、リー・ミュール、デニス・ハリス、ジェフリー・クライン
製作:ロバート・シェイ、マイケル・メルツァー、ジェラルド・T・オルソン
撮影:ジャック・ヘイトキン
脚本:ボブ・ハント
音楽:マイケル・コンヴェルティーノ
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ロサンゼルス…2週間に渡って12人殺害、23人傷害、フェラーリ6台窃盗、銀行8行、マーケト6店を襲った犯人デフリース(クリス・マルキー)が壮絶なカーチェイスの末捕まりました。明日までは持たないだろう、と言われたこの男性は平凡で誠実な男のはずでした。
わけが判らないロス市警のベック刑事(マイケル・ヌーリー)の元に、FBIのロイド・ギャラガー捜査官(カイル・マクラクラン)が訪ねてきます。ロイドが追っていた相手がデフリーズであったことを知ったベックは彼に病院を教え、明日まで持たないだろうと言います。

そのころ病院では、瀕死だったはずのデフリーズが目を開くや起き上がり、隣のベッドで胃を患い寝ていた重病人のミラー(ウィリアム・ボイエット)を口を開き、なんと自らの口から蠢く生物を移動させるのでした。
ロイドが病院に着いたときにはデフリーズは死に、代わりにミラーが行方不明になっているのでした。
ロイドは署に戻り、ベックにミラーを探すのを手伝うように言いますが、ミラーが善良な市民であることを知り、協力を断ります。しかし、町の中ではミラーの傍若無人が次なる殺人事件を起こしてしまいます。
ついにベックはロイドとともに犯人を追いかけることになるのでしたが…。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 18:43| Comment(12) | TrackBack(3) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

エイリアンEX

奴らは、隕石に乗ってやってくる!
2005年(DEAD RAIL)
製作国:アメリカ
監督:チューリ・メイヤー
製作:テレンス・M・オキーフ
製作総指揮:スティーブ・べズウィック
脚本:トム・アレキサンダー、ブライアン・スミス
出演: ルー・ダイアモンド・フィリップス, エイミー・ロケイン, バリー・コービン, スティーヴン・ブランドほか
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ユタ州…ソルトレイクを出発したのは、ラスベガス行きの最高200キロの列車でした。この列車は億万長者の選挙事務長が寄贈したもので、今夜大統領の遊説を行うローリングス議員が乗り込んでいました。
そのとき、列車をかすめ落下した隕石!それは踏み切りに駐車していた車に激突しました。車は炎上、慌てた機関士は列車を停止させます。
被害は車一台かと思われたのですが、隕石には謎のエイリアンが潜んでいたのです。

警官のヴィック(ルー・ダイアモンド・フィリップス)は、列車を停止させたまま事件を調査しようとしますが、議員のわがままに列車は発車してしまいます。
列車に広報担当の前妻のロージーが乗り込んでいたことを知ったヴィックは、すぐさま上司の制止を振り切りヘリで列車を追いかけますが、すでに列車では惨劇が起こり始めているのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:55| Comment(1) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

エイリアンズVS.プレデター

人類はもう、逃げられない!…えっ?

Diorama Masterpiece AVP2  プレデリアン vs. プレデター (12インチ塗装済みキット)2007年(ALIENS VS. PREDAROR2 [AVP2])
製作国:アメリカ
監督:ザ・ブラザーズ・ストラウス
製作総指揮:ポール・ディーソン
脚本:シェーン・サラーノ
撮影:ダニエル・C・パール
音楽:ブライアン・タイラー
出演:スティーヴン・パスカル、レイコ・エイルスワースほか
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
南極での儀式を終えたプレデター艦が地球を離れようとしたとき、回収されたスカープレデターの体内からハイブリッド・チェストバスターが出現!艦にいたプレデターとの戦いで、艦は被爆し再び地球へと落下するのでした。
コロラド州の田舎町クレステッド・ビュートの森に落下した艦は完全に壊れることもなく、そこから現れたエイリアンの幼体フェイスハガーが狩りに来ていた親子を襲ってしまいます。そしてスカープレデターから現れたハイブリッド・チェストバスターもまた…。そして艦に異常が発生したことを知ったプレデターの星(?)からは、1体のプレデターが地球へと向かうのでした。

街では宇宙船が落下したというのに平穏な日常を迎えていました。
保安官のモラレス(ジョン・オーティス)はムショ帰りのダラス(スティーヴン・パスカル)の世話を世話を焼いていましたが、下水道で発見された人間の腕を発端に、何かとんでもない事件が起こっていることに気づきます。

一方、地球に飛来したプレデターは、エイリアンの痕跡を消しながら彼らを追いかけ、下水道で相対します。しかし、地下は彼らの戦いには狭すぎ、ついに地を割り、地上での戦いへと発展していくのでした。

関連リンク
1979年「エイリアン
1986年「エイリアン2
1987年「プレデター
1989年 オリジナルコミック、エイリアンVS.プレデター
1990年「プレデター2」 エイリアンの頭蓋骨登場
1992年「エイリアン3
1997年「エイリアン4
2004年「AVP エイリアンVS.プレデター
2007年「AVP2 エイリアンズVS.プレデター

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 21:36| Comment(12) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

トランスフォーマー(吹替版)

未知なる侵略は≪トランスフォーム=変身≫から始まる!

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]2007年(TRANSFORMERS)
製作国:アメリカ
監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン
原案:ハズブロのトランスフォーマー アクション・フィギュアに基づく
脚本:ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
amazon.co.jpで詳細を見る。

映画レビュー
オススメ再度、吹替版を観てきました。
鑑賞席を後部にして、字幕を読む必要もなかったことで画像に専念することが出来ました。はじめて見たときにはアップ過ぎてわかりにくかったトランスフォームも、集中していると結構わかりました。やっぱり座席は大事ですねぇ。

気になっていたメガトロン発掘の場所ですが、吹替版では学校の遺品の説明時に「北極」、セクター7でメガトロンの説明をしているときにも「北極」と言っていました。本編が「北極」ということで、やっぱり「南極」は間違いだったのでしょうか。
パンフが間違っていることは多いですが、公式サイトでも「南極」と言っていますし、英語のセリフで確認しておきたいところですね。

あとはオプティマス・プライムの声優が、アニメ版コンボイと同じく玄田哲章氏であったのはアニメファンとして嬉しいところでしょうね。
セリフの言い回しの中でも「『また』失敗かスタースクリーム」という、『また』が入っていたのが笑わせてくれます。

ただ残念ながら、人間側はあちこち素人を使ったのか下手なところが見受けられましたし、本来なら字幕があるべき場所にはなかったりといったシーンもありました。子供用の吹替なのに、補助字幕がないとはなんとも不親切でしたね。

以上、吹替版として補足しておくことにしました。
本編の感想はこちらです。
 
posted by 白くじら at 14:04| Comment(2) | TrackBack(1) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月05日

トランスフォーマー

未知なる侵略は≪トランスフォーム=変身≫から始まる!

トランスフォーマー スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]2007年(TRANSFORMERS)
製作国:アメリカ
監督:マイケル・ベイ
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ、マイケル・ベイ、ブライアン・ゴールドナー、マーク・ヴァーラディアン
原案:ハズブロのトランスフォーマー アクション・フィギュアに基づく
脚本:ロベルト・オーチー、アレックス・カーツマン
音楽:スティーブ・ジャブロンスキー
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
その日、カタール空軍基地は、墜落していたはずのMH-53ペイブロウ(強襲攻撃ヘリ)の帰還を許してしまいます。しかしペイブロウは着陸するや、ロボット形状にトランスフォーム(変形)し基地を破壊し始めたのです。機密情報は危ういところでハッキングを免れますが、基地は壊滅。米国空軍大尉ウィリアム・レノックス(ジョシュ・デュアメル)は数人の仲間と共に脱出しました。

話は変わってアメリカのとある街に住む16歳のサム(シャイア・ラブーフ)は、先祖が北極で発見したというアイスマンに関わる地図や眼鏡をオークションで売り、車を購入して青春を満喫しようとしていました。眼鏡は売れませんでしたが、A(-)をとることによって、ようやく父に車を購入してもらうことになったサムは、中古車販売でなぜか気になるボロ車を手に入れるのでした。
それは彼が想いを寄せているミカエラ(ミーガン・フォックス)と仲良くなるのを手助けしているかのように、音楽を勝手に鳴らしたりする不思議な車でした。しかし、その車は夜に静かに発進し、盗まれたと思ったサムはすぐさま警察に連絡し追いかけます。そこで彼が見たものは!

一方、エアフォース・ワンでは…ラジカセからトランスフォームするロボットが再び機密情報をハッキング。その情報にはアイスマンのことも含まれており、オークションのハンドル名から、サムという一個人にたどり着かれてしまうのでした。いったい彼の持つ眼鏡にはどんな秘密が?
襲い来る機会生命体からサムを救ったのは、ボロ車がトランスフォームした同じようなロボット…そしてサムとミカエラの前に新たに出現するロボットたち。彼らのリーダー、オプティマス・プライムは自分たちをオートボッツと呼び、宿敵メガトロン率いるディセプティコンズの存在を彼に話すのでした。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 13:21| Comment(20) | TrackBack(8) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月25日

ラッツ(1983年版)

人類はネズミの食料だと覚えておいてくれ。
1983年(RATS:NIGHT OF TERROR)
製作国:イタリア
監督:ヴィンセント・ドーン
協同監督:クライド・アンダーソン
原案:ブルーノ・マッティ
脚本:クラウディオ・フラガッソ
撮影:フランコ・デリ・コリ
amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
2015年…愚かな人間が原子爆弾で5大陸を荒廃させました。
殺戮と破壊におののいた生存者たちは地下へと避難。それ以来時代は『原爆後時代(AB)』と呼ばれるようになりました。
新人類の制度に不満を持つ少数派は、かつての祖先のように地表で生活するために武装蜂起し、一方では新原始人が生まれ、長い間、双方は接触せずに地下生活を続けていました。
この物語はAB225年から始まります。

バイク、装甲車で移動していたカート率いる11人の集団は、ある町にたどり着きました。
建物の中でなぜか植物が栽培され、しかも未開封の食料を発見した11人は、文字通り小躍りして喜び合います。しかし、その建物、いや街は凶悪なネズミが無数に繁殖していたのです。

感想はコチラから ▼

posted by 白くじら at 22:18| Comment(0) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月20日

トミーノッカーズ

トミーノッカーズ、トミーノッカーズ、ドアをどんどんと叩いている…。

1993年(TOMMYKNOCKERS)
製作国:アメリカ、ニュージーランド
監督:ジョン・パワー
原作:スティーヴン・キング
脚本:ローレンス・C・コーエン
撮影:クリストファー・フランケ

ストーリー
アンダーソン農場の先にある森はインディアンの森、別名「火の森」と呼ばれ、ミクマク族が代々魔力がある森として云い伝えられていました。
愛犬ピーターと共に散歩をしていたボビー(マーグ・ヘルゲンバーガー)は、地面から覗いていた空き缶のようなものを発見します。彼女はそれを拾おうとしましたが、それは地中深く埋まっており、かなり大きいことが判りました。恋人で最近酒のせいで詩が書けなくなっていたジム(ジミー・スミッツ)と一緒に掘り始めましたが、かなり広範囲に渡った建造物のような感じでした。
この謎の物体は、時折、緑の光を発し、それを見た人は次第に増えていきました。そのころから街の中では「発明品」が増えるようになります。
郵便局長のナンシー(トレーシー・ローズ)は郵便物の仕分けの機械を、
手品好きのヒリーは何でも消したり出したりできる機械を、
ボビーはヒーター、そしてジムのために詩を作り出す機械を…。
彼らはみな一様に、ある日ひらめいたと言いますが、ヒリーはそれはトミーノッカーが教えてくれたものだと…。

やがて小さな町の住人は次第に緑色の光に染まり始め、異常な事件が発生し始めました。
ヒリーが消した弟デーヴィーは戻ってこず、ナンシーと浮気をしたジョーをベッカが発明品で感電死させ、と…歯車は少しずつ狂い始めてきたのです。
街中がおかしくなったことに気付いたジムは、保安官と街からの脱出を図りますが、保安官は自販機と共に爆死、助手たちもナンシーの手にかかり殺されてしまいます。
家に戻ってきたジムは、街中の人間が集会を開いているのを目撃…その様子を伺います。そこには身体に変調をきたしはじめ、まるで別人となった見慣れた人たちの姿が…ジムは逃げ出そうとしますがついに彼らの手に…。

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 SF
posted by 白くじら at 21:22| Comment(4) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月23日

ミクロキッズ3

禁止?でもここには政府もダイアンもいないじゃないか。
ミクロキッズ31996年(HONEY,WE SHRUNK OURSELVES)
製作国:アメリカ
監督:ディーン・カンディ
脚本:キャリー・カークパトリック
撮影:レイモンド・ステラ
音楽:マイケル・タヴェラ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
弟ゴードン(スチュアート・パンキン)とともに研究所を設立したサリンスキー(リック・モラニス)は、夜間用の蛍光ドリンクや犬の鳴き声を解析して喋る装置(まるでバウリンガル)などの開発に勤しんでいました。研究は楽しかったですが、所長として講演したりするのはやっぱり苦手のようでした。
家ではアダムが科学のサマーキャンプよりも、野球のサマーキャンプにいきたいと彼を困らせていました。

そんな時、ダイアン(イヴ・ゴードン)とゴードンの妻のハティが遊びに出かけることに。
家にある巨大なポリネシアの神像キキマンを始めとして、問題ばかり起こしているサリンスキーにストレスが溜まっていたのです。
アダムとゴードンの娘ジェニー、息子ミッチーを預かって留守番のサリンスキーとゴードン。サリンスキーは彼らにマシュマロに刺す串(元素モデルで遊ぶそうな)を買うように言い追い出すと、ゴードンにあることを頼みました。
それは階段横に置かれてある、例の神像キキマンのことでした。
こればかりは捨てることができないサリンスキーは、ゴードンに頼みそれを屋根裏へ運んだのです。
そう、そこにはあの物質縮小装置があったのです。彼はこれで神像を縮小すればいつも一緒にいられると考えたのです。
しかしエネルギーのオーバーロードで、機械はスイッチを押さなくても発射され、二人はあっという間に縮んでしまうのでした。

間が悪いことに子供に薬を渡すのを忘れていたハティとダイアン、ダイアンは神像がなくなったことに喜ぶと、ごとごとと物音がしている屋根裏に上がり…。

子供たちが戻ってきたときには、サリンスキーたちの姿はなく、朝彼がダイアンに電話をした留守電メッセージが残されていたため、ジェニーたちは父親たちがいなくなったと誤解してしまうのでした。
監視役の彼らがいなくなった彼らは、友達を呼んでパーティをすることに。
こうして助けの呼べない大人たちの、まるで山あり谷ありとなった屋根裏から子供たちのいる1階までの冒険が始まったのです。

関連リンク
1989年「ミクロキッズ
1992年「ミクロキッズ2 ジャイアント・ベビー
1996年「ミクロキッズ3

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF コメディ
posted by 白くじら at 22:49| Comment(4) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月22日

ミクロキッズ2 ジャイアント・ベビー

パパは駄目。ママの方が怖いんだから!
ジャイアントベビー / ミクロキッズ21992年(HONEY,I BLEW UP THE KID)
製作国:アメリカ
監督:ランダル・クレイザー
製作:ドーン・スティール
製作総指揮:アルバート・バンド
原案:ゲリー・グッドロウ
脚本:ゲリー・グッドロウ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ネバダ州ビスタ・デル・マー、サリンスキー家では、エミー(エミー・オニール)の寮生活のための引越しが行われていました。2歳のアダム(ダニエル&ジョシュア・シャリカー)は囲いの中に入れられていましたが、10秒とじっとしていないのが子供。たちまち逃げ出して、ニックのギターに乗って遊んだりともう大変でした。

サリンスキー(リック・モラニス)は、今やスターリング研究所の一員でした。
物質縮小装置のライセンスを研究所に譲り、自分はここのスタッフとして物質拡大装置の研究に没頭していたのです。しかし上司のヘンドリクソン博士(ジョン・シェア)からは嫌われ、肩身の狭いおもいをしています。
ある時、彼は自宅で閃いたことを実験するために、ニック(ロバート・オリヴェリ)とアダムを連れて研究所にやってきました。コーラーのビンの底を使ったエネルギー増幅…しかしあまりに熱中していたために、標的のウサギの人形を取りにいったアダムには気が付かず、光線はウサギとアダムを照射してしまいました。
同時に過負荷で装置から火花が飛び、慌てる2人をよそにアダムがベビーカーに戻ったことに気付かなかったのは、仕方がなかったのかもしれません。

家に戻ったサリンスキーたちでしたが、アダムが電子レンジのエネルギーを吸収して巨大化してしまいます。大人よりも大きくなってしまったアダムを見て、戻ってきたダイアン(マーシャ・ストラスマン)は目を回し、家の中で追いかけっこが始まる始末。
やっとのことで眠ったアダムに、ほっと胸をなでおろし相談した結果、研究室の倉庫に納められている初号機で縮小することに。ニックを留守番にサリンスキーとダイアンは研究所に急ぎます。ところがその留守中、目を覚ますアダム。ニックが好きなベビーシッターの少女マンディ(ケリー・ラッセル)を巻き込み、アダムはTVのエネルギーを吸ってさらに巨大化!もうニックには止めることができませんでした。こうしてついに外に出てしまったアダム。

このことを知った研究所のヘンドリクソンは、アダムを捕らえて研究所に連れて行こうとします。息子をモルモット扱いする彼に、猛烈に食って掛かるサリンスキー。
ヘンドリクソンはスターリンク所長(ロイド・ブリッジス)によってクビになりますが、彼の実験モルモットに対する執着心は止まりませんでした。

そしてそのころ、車に乗せられていたアダムは電線からのエネルギーで身長30メートルにも!車から出た彼の向かう先は不夜城ラスベガス、そこには大量のエネルギーが輝いていたのです。

関連リンク
1989年「ミクロキッズ
1992年「ミクロキッズ2 ジャイアント・ベビー
1996年「ミクロキッズ3

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF コメディ
posted by 白くじら at 20:22| Comment(2) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月21日

ミクロキッズ

隣の子といっしょに捨てた…ゴミだと思って…。
ミクロキッズ1989年(HONEY,I SHRUNK THE KIDS)
製作国:アメリカ
監督:ジョー・ジョンストン
製作:ペニー・フィンケルマン・コックス
製作総指揮:トーマス・G・スミス
原案:スチュアート・ゴードン
脚本:エド・ナーハ

amazon.co.jpで詳細を見る。

ストーリー
ある土曜日の朝、サリンスキー家ではサリンスキー(リック・モラニス)は講演へ、妻のダイアン(マーシャ・ストラスマン)は仕事にと、大慌てで飛び出していきました。残されたエミー(エミー・オニール)とニック(ロバート・オリヴェリ)は当然留守番。エミーは今晩のダンスパーティーに心は飛び、モップ相手に踊っていました。
それを窓から見ていたのは隣のトンプソン家の長男ラス(トーマス・ブラウン)、彼はフットボール部を外され、何をするのも嫌になっていましたが、エミーを見ているうちに心が癒されていることにまだ気付いてはいませんでした。父親のトンプソン(マット・フルーワー)が釣りに誘ってもラス、そして弟のロンはうわの空、まだ準備をしている時間をぬって、ロンはバットとボールで遊んでいました。と、そのボールがサリンスキー家の2階の窓ガラスを割ってしまいます。

それを見たラスは、ロンをつれて謝りに行きます。
2階のガラスを掃除しなくてはというエミーに、ラスはロンと一緒に付いて行くことに…しかしそこで彼らを待っていたのはサリンスキーが寝る暇も惜しんで創っていた物質縮小装置!失敗ばかりして対象を破壊していた装置が、ボールが当たったことで基盤が焼けオーバーロードしかけていました。そこへ来たエミーたちは、自分たちを狙っている光線銃の先端を目撃、そこからほとばしった光線は彼らを縮小してしまいました。

一方、物質縮小の理論を講演会で発表していたサリンスキーは、誰にも信じてももらえず、がっかりして家に帰ってきました。
子供たちのいないことに気付きつつも、2階に上がったサリンスキーは、窓ガラスが割れていることを知り、ほうきで掃除をしてしまいます。そしてそのゴミは裏庭にある込み捨て場に…そう、彼らがゴミと一緒に入っていることにも気付かず…。

ゴミ袋を切り裂いたエミーたち4人の前に広がる光景は、まるで別世界。
身長6mmほどになった彼らにとって、裏庭は広大なジャングル。家まではなんと5キロメートルにも相当するのでした。

関連リンク
1989年「ミクロキッズ
1992年「ミクロキッズ2 ジャイアント・ベビー
1996年「ミクロキッズ3

感想はコチラから ▼

ラベル:映画 DVD SF コメディ
posted by 白くじら at 21:25| Comment(4) | TrackBack(0) | SF | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
リンクシェア アフィリエイト紹介プログラム

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。